それぞれの物語、それぞれに美しい……Bella Donna。

b0168859_1833484.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今年も早いものでもう7月……。
「第12回 国際バラとガーデニングショウ」が終わって一月以上経ちます。
好評の内に皆さんの元へ嫁いで行った僕の薔薇たち……。
色々な所で、ブログなどで記事になったりお写真を拝見したり、
その元気な姿に喜びもひとしおです。

今日はスッカリ遅くなってしまいましたけど、
(実はガーデニングショウの初日前に4品種全部の物語を書く予定でした……。)
「Benoit Magimel」「Remi Chang」に続いて、
「Bella Donna」のことについて書いてみたいと思います。



僕は常々、薔薇には育てる人それぞれの物語がある……そう言っています。
作出した僕には僕の、育てて下さる方にはそれぞれの物語が……。
現に、亡くなったお父さまの想い出として買って下さった方、
お母さまの誕生日のお祝いにと求めて下さった方、
結婚記念日に庭に植樹するためにわざわざ初日に買いに来て下さった方……。
きっとそれぞれにいい想い出となってスクスクと大きくなっていることと思います。
ブログでも素晴らしいお写真を沢山見る事が出来ました。
オールドローズをこよなく愛する歩夢ちゃんは「Bella Donna」の新しい一面を見せてくれました。
ガーデニングショウで優しく声を掛けて下さったつぐみさんは、
何と、僕もまだ撮っていない「Benoit Magimel」と「Bella Donna」のツーショットを見せて下さいました。
それから友人の aoi さんのブログでは「Balla Donna」を題材に素晴らしい詩を2編、
「ないしょの庭」「秘密の館」……素晴らしい文才を披露してくれています。
既に皆さんの所で新しい物語を紡いでいる僕の薔薇……凄く嬉しいです。
b0168859_1843596.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「お前、しっかりしなさいよ……。」

これは5年前の今日、7月5日に亡くなった僕の母の最期の言葉です。
肝機能が落ち、黄疸と浮腫みで意識が朦朧としている中、
看護婦さんに助けられながらベッドに横たわる時に言った言葉です。
病院勤務だった母は、心のどこかに入院したら最後と言う思いがあったようです。
頑なに入院を拒み、自宅で療養していましたが、
最後の最後にどうにも辛くなって自ら病院に電話し、
入院したその翌日にアッと言う間に亡くなってしまいました。
僕が最後に見た生きた母の姿。聞いた最後の声です……。

生死の境を彷徨いながらも不甲斐ない一人息子を心配する親心。
確かに僕はこの年になっても頼りないことこの上ありませんでしたからね。
まさか僕が病院を出たそのスグ後に息を引き取るとはつゆ知らず、
また明日にでもお見舞いにこようと思っていた矢先でした。
とんぼ返りで取って返した病室には誰にも看取られず冷たくなった母が一人……。
僕が自ら母の薬指から外した指輪は今、僕の小指に填められています。



薔薇に名前を付ける……僕にとっては非常に大事な儀式です。
そして、とても私的なことなんです。
これは僕に限らず、薔薇の名前を付けることはとても私的なことだと……そう思うのです。
今回のオリジナルの薔薇の発売が実現する前から、
未だ、何も形をなしていない大昔から薔薇の名前を考えて遊んでいました。
その殆どが小さい頃から好きだった俳優や小説の主人公だったりします。
憧れた女優や俳優に名前を僕の薔薇に貰えたらどんなに素敵だろうか……。

僕は物心ついた頃から映画が大好きでした。
小さな頃から映画館の暗闇に一人座り、
決して経験することのない世界を彷徨っていました。
銀幕のスターに恋をし、流麗な映画音楽のメロディーに身を委ねる……。
子供心にも驚いた破格なスケールを持ったイタリアの女優に恋をし、
北欧からやって来た偉大な女優に心ときめかせ、
今世紀最大の大女優と同じ今を生きる幸せを噛みしめ、
舞台と映画の両方で活躍した日本が世界の誇る偉大な女優の「芸」に心酔する……。
勉強が嫌いだった僕に学校では決して教えてくれない世界を教えてくれた映画。
そんな映画館のスクリーンを飾った全ての美しい人、
現実の世界で影響を受け憧れた美しい人、人、人……。
それら全ての美しい人々に捧げられた「Bella Donna」です。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

母は人込みが大嫌いでした。絶対に首を縦に振らなかっただろうけど、
もし元気だったら、是非、「国際バラとガーデニングショウ」の、
コマツさんのブースに並ぶ僕の薔薇を見て貰いたかったです。

「Bella Donna」……特に母に捧げた薔薇と言う訳ではありません。

この薔薇には何かこう、誰かを特定する名前は付けたくなかった……。
特に、何語であれ「母」と言う単語は入れたくなかったのです。
育てる人それぞれの物語……僕の薔薇で美しい物語を作って欲しいのです。
1枚目の写真を見た親友が言いました。

 「大女優みたい!」

それでいい、まさに僕が思い描く「Bella Donna」の姿なのです。


05. 07. 2010


Benoit。


※このスキン、アンダーバーもないし強調色にもなっていません。
 気になる文章の所にカーソルを持って行ってクリックしてみて下さいね!

★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented at 2010-07-04 06:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-07-04 06:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-07-04 10:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by raretaste at 2010-07-04 23:37 x
こんばんは。
ブノワ。さんのお母様、7月に亡くなられたのですね。私の夫の母も、もう少し・・・7月13日が命日です。五月連休に早めの23回忌を家族だけでしました。主人が大学生の時です。だから私は姑を知りませんが、この時期夫がソワソワしだすのです。どうしても命日前に墓参りに行かないと気が済まない、落ち着かない。今年はまだいい様です、五月に会いに行けているから。
すみません、これこそ私的な話で。
命日近くに実家に行くと、そういうものが見えているらしいうちの娘が、「ヨーコさん」と言って必ず斜め上の空間に向かって手を振ります。私には何も見えないのでなんとも言えないのですが、心配で様子を見にきてくれたのかなと思うことにしています。
きっと、お母様、いらっしゃってますよ。
どんな方を想像されて命名されたとしても、このバラは美しいです。
私、今日でこの子の印象が変わってしまいましたね。会ったこともない、写真でしか見ることのない姑に。でも、その写真に、日に日に似てくる娘がいます。
変な話、失礼しました。
Commented by にゃん at 2010-07-05 15:33 x
こんにちは。
最後の時って何を思うのでしょうね。
私の母はずいぶん前に(私が26歳の時)亡くなりました。
もう1人の母、主人の母は今年の4月にブノワ。さんのお母さんのように
入院した日の夜中に亡くなり誰も見送ることが出来ませんでした。
その母が私に言った最後の言葉。「パパが1人になっちゃうからよろしくね」残していく夫が気がかりだったみたいです。
去年の10月、レイクガーデンで一緒に薔薇を見て、おぎのやの釜めしを食べたのが元気だったころの最後の思い出になってしまいました。
親を送って思うことはもっとああすれば、こうしていれば・・と後悔ばかり。私はそんな思いをしてほしくないから生きているうちに
思いっきりわがまま言って、好きなことをして、最後には「ありがとう」って言って終われる人生目指したいと思っています。理想ですけど。
Commented by rosedeco at 2010-07-05 18:57
ブノワ。さま こんばんは。
小指のリング、とても印象に残っています。
目がそこにいくんですよ。
すごく似合っているし素敵だと思います。
昨日はきちんと最後まで記事を読めなかったので、
家に着き、じっくり読ませていただきました。

ここにメッセージを残したいなと思いました。
優しくて負けん気の強い素敵なお母様!!!
お冥福をお祈りいたします。

しつこいですけど、べラ・ドンナ大好き♪
名花だと思ってます~!
Commented by at 2010-07-05 23:09 x
Benoit。さん、こんばんは。

お母様の命日の3日後が私の師匠の命日なので、毎年、ブログで語られたお母様のことを思い出します。
もう5年になるのですね。まるで昨日のことのように、それでいて、遠いことのようにも思えたり…

そして、お気に召していただけたらよかった…「なんだありゃ」だったらどうしようと、相変わらず書いた後で、グルグル(笑)
Bella Donnaは、相変わらず誰かをお迎えする日に、ちゃんと咲きます。そして、とっても「語る」んですよ。
この記事で納得!やっぱり、作られた方のメッセージをちゃんと伝えていると思いました。
あ、おまじないもしてくれたし(笑)
見ていると、どんどん出てくるんですが、under the roseは逆。ナ~ンにも書けません。
書けないというとウソになりますが、本人が語らない。まさに、その名の通り、「秘め事」にふさわしい感じです。
Benoit Magimelはどうなりますかしら?まだ我が家では咲かないのです。

Commented by つぐみ at 2010-07-06 06:25 x
おはようございます。
開いた瞬間、Bella Donna!!と、分かりました。
息をのむような・・美しさですね。
さすが、作者さん。。。
秋になったら、私もブノワ。さんが驚くくらい
「美しい人」に撮りますよ(笑)
Bella Donna・・・私も大好きです。
うちに来てくれて、ありがとう・・・ブノワ。さん、ありがとう。

私もひとり息子に・・「しっかりね。」
と、よく言います。。
なにはともあれ「しっかりね。」・・・なのです。
Commented by Cecil at 2010-07-06 22:47 x
こんばんは。
そうだったのですか。。。。
ごめんなさい。。。泣いてしまいました。。。。心が。。。痛い。

お母様はきっといつもブノアさんの側にいますよね。。親の愛はどんな
ものにも揺るがない絶対的な大きな真実の愛だと思っています。

ブノアさんの活躍、そしてこんなに素敵な感性の持ち主に育ててくれた
お母様に感謝しないと。。素敵なバラをたくさん作って素敵な名を付けて私たちにもっと感動を送ってください。
明日は七夕。。。
会いたい人に会えるかも。。。夢でもいいから。。。

あっブログやっています。^^
少ないボキャボラリーで恥ずかしい限りですけれどこんど覗いて見てください。
「Bella Donna」素敵ですね。
現物が見れる日を楽しみにしています。


Commented by ナツ at 2010-07-08 01:13 x
すてきなバラに見とれて何度も何度もここへ見に来てしまいました。(^^;
いろいろな方のところでこの花を見せてもらっていますが、やはりこのバラをお作りになったブノワ。さんのお写真が一番見てほしい姿なのかなぁと思いました。もちろんどの方のベラドンナもそれぞれにすてきでしたけれど。
外側の少し灰色がかってくすんだ感じがとても好きです。

お母様5年前にお亡くなりになったんですね。私の母も5年前の夏に逝ってしまいました。
母の死は私にいろいろなことを気づかせてくれました。生きることをより真剣に考えるようになりました。
ブノワ。さんの指にお母様の指輪・・・すてきです。
Commented by souslarose at 2010-07-11 12:23
ホースさんへ。
こんにちは。いつもメッセージありがとうございます。
このところの異常な豪雨……お庭の様子は如何ですか?仰言る通り、夏は早起きに限ります。時間が勿体ないものね。早起きすると本当にいい事が沢山あるし。さて、このスキン、結構、気に入っているんですが、アンダーバーも強調色もないんですね。だから本文中にリンクさせても気付かれない事が多い……一長一短、帯に短し襷に長しですか……。まぁ、僕自身もあまりリンクさせる事はなくなった事も事実ですけど(笑)過去の記事も読んで下さってありがとうございます。大したこと書いていないでしょう?(笑)ソフィア・ローレンですが、何回か書いていますのでそちらにメッセージを下さったんじゃないですか?「Bella Donna」ですが、大好きな薔薇でしたが、育ててみるとその良さがもっともっと心に響くようになりました。ポイント急上昇の薔薇何ですよ。ホースさんもいつか迎えて下さいね。とてもフォトジェニックですから!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-11 12:23
2006年さんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
そうでしたか、2006年?光陰矢の如しですね(笑)お互いに年を取るハズですね。美しく取っていればいいのだけれど……。あの頃、漠然と夢見ていた事が現実となってしまって……自分でも何が何だか良く分からないのですが、僕自身は何も変わっていない積もりです。生きていたら母はきっと喜んでくれたでしょうね。息子の自慢話と言えば、高校の時に生徒会長をやったことくらいでしたからね(笑)まぁ、今回のオリジナルの薔薇のことも、元はと言えば、母の影響ですからね。感謝しないといけません。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-11 12:27
なだそうそうさんへ。
こんにちは。いつもメッセージありがとうございます。
毎日〜蒸しますけど元気にしていらっしゃいますか?
薔薇って面白いですね。僕の薔薇にも色々な物語があります。皆さんもそれぞれに素敵な物語を作って貰えたら……そんな風に思っています。実はね、大きな間違いなんですけど、母が死んでから4年でした!(笑)この辺もいい加減な息子ですね。もっとも、まだ母が死んだと言う実感がないからかもしれません……。なだそうそうさんがいつも気持ち良くいられるような素敵なサロン作りを目指して頑張りますね!優しいメッセージ本当にありがとうございました。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-11 12:36
raretasteさんへ。
こんにちは。比較的過ごし易い日曜日、如何お過ごしですか?
メッセージどうもありがとうございます。
僕なんかいい方で、若くして親を亡くしている人が沢山いるんですよね。一緒にいられた時間が沢山あってラッキーだと思っています。旦那さまのお母さまの命日……もうスグですね。当日は何かするんですか?毎年決まってすることってありますか?僕ってその辺の日本の習慣に非常に疎いんですけど、母の命日には2人で良く行った母の家の近くの居酒屋で過ごす事にしています。一年に一度しか行かない居酒屋(笑)「もうそんな時期ですか……一年って本当に早いですねぇ。」そんな会話も今年で4回目になりました。皆さん、辛いからとか言って記憶を無理に封じ込めようとする傾向にあるけれど、僕はね、ジャンジャン思い出すようにしています。だって、それでなくても心細い記憶力(笑)死滅した脳細胞と一緒にどんどん素晴らしい記憶がなくなってしまいますから……近くにいるでしょうか?そうだといいのですけど……。

Benoit。
Commented by raretaste at 2010-07-11 21:58 x
こんばんは。
いつもは、命日前の日曜日、必ず墓参りに出かけ、埼玉の実家に立ち寄って会ったことのない祖母の名前を空中に向かってつぶやく娘の図となるわけですが、今回は多忙の夫が命日当日休暇を取りました。ゆっくり一人で墓参りに行きたい様です。「亡くなった23年前と曜日が同じなんだ・・・」思うところがあるようです。夫の中では、薄れもかすみもしない記憶ですね。
Commented by souslarose at 2010-07-12 17:55
にゃんさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
そう、人の一生の最期の時って一体何を思うのでしょうね。誰に聞いたんだったかなぁ……その人のお母さまが亡くなる時に「お母さん、何が一番楽しかった?」って聞いたら「何も楽しい事はなかった」……って。こんな事は予想するものじゃないけれど、自分の時はどうかな……とも思います。秋のレイクガーデン、いい想い出になりましたね。しかもおぎのやの釜飯とは!あれは美味しいですよね。今回も買って来て家で食べましたよ(笑)ウチは両親が長野なので、電車で帰省する時は必ず横川で釜飯を買っていましたから。にゃんさん、いいお話しありがとう!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-12 17:59
歩夢ちゃんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
小指の指輪、目についていましたか……前にも書きましたが、母が遊び人の父と半ば駆け落ち同然にして東京に出て来る時に、母のスグ上のお兄さんが「もしも何かあったらこれを売って電車賃にして帰って来い。」と、作ってくれたプラチナの指輪なんです。僕はてっきり、松竹梅が彫ってあると思っていましたが、どうやら梅だけみたいです(笑)母の負けん気は人一倍でしたねぇ……「やられたら100倍にしてやり返しな!」母の口癖でした(笑)歩夢ちゃんに「Bella Donna」気に入って貰えて良かったです!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-12 20:39
碧さんへ。
こんばんは。近所で鮨を食べて帰って来た所です。
メッセージどうもありがとうね!それから素敵な詩2編も!既に「Bella Donna」が独り立ちして皆さんの所で存在を発揮している様子、作出者として大変に嬉しく思っています。我家は2番花がそろそろ終わりますので、秋に向けて樹を育てなければと思っています。「Under the Rose」が何も語らないと言うのはいいことです(笑)語られたことを秘めるのが役目ですからね。「Benoit Magimel」ですけど、蕾は摘んで秋の花のために備えて下さいね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-12 20:44
つぐみさんへ。
こんばんは。いつもお世話になっています。
僕の薔薇、素敵に紹介して下さって感謝、感謝です。
さて「Bella Donna」……この春は本当によく咲いてくれました。コマツさんの苗作りって本当に凄いですね。お世話になって本当に良かったと思っています。秋の「Belle Donna」……つぐみさんの手でどんな風に美人に撮って貰えるのか、今から楽しみにしていますね。でも、悪いけど、本当に美人ですよ!(笑)

つぐみさん、息子さんがいらっしゃるんですね?
ご自身が娘さんみたいなのにね!

Benoit。
Commented by cream tea at 2010-07-12 22:11 x
こんばんは

ブノワ。さんのお母様、気丈で凛としたお母様だったのでしょうね。
私も母にもらった指輪をいつも嵌めています。
普段はあまり意識しませんが、
指もとを見ると、守られているような安心感がふとわいてくるように
思います。
西武ドームのブースでも、お母様、絶対にブノワ。さんのそばで
見守ってくださっていたに違いないと思います!
そして、4品種が並ぶ姿に喜ばれたでしょうね!

Bella Donna、麗しくも華やかな薔薇ですね!
初めて実物の花を拝見した時には、大変驚いたのを覚えています。
花弁の反返りと微妙な色の具合が、
何の掛け合わせでどうしたらこうなるの?!と思ったのですね。
秋の色合いも楽しみですね!



Commented by souslarose at 2010-07-13 20:20
Cecilさんへ。
こんばんは。お元気ですか?
メッセージどうもありがとうございます。返事が遅くなってゴメンなさいね。
さて、親の愛情、有り難いですね。当たり前と思い込んで何十年。親孝行したい時には親はなし……昔の人はよく言いましたね。でも、それでもいいと思うんです。僕も母の子供で良かったと思っているし、母もまた然り、きっと、僕の母親で良かったと思っているハズですから。決して活躍ではないけれど、皆さんに愛される薔薇を作ったこと、きっと喜んでくれていると思います。「Bella Donna」……北の大地できちんと育ってくれるでしょうか?いつか育ててみてくれますか?ヨロシクお願いしますね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-13 20:20
恥ずかしながらさんへ。
こんばんは。お知らせありがとうございます。
素敵ですね!今度ゆっくり遊びに寄らせて戴きます!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-13 20:28
ナツさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
初めに謝らなければいけません……よく考えてみたら、母が亡くなって4年でした!この辺が何ともいい加減な息子なのです。日本の伝統的なものって弱いのです。法事とかそう言ったもの……まだ母が死んでいないような気持ちでいる事もあるんですが、兎に角、その辺はチャンと考えたくないのかな……現実を受け入れられない?そうとも言えますね。でも、母の死以来、何かが変わりましたね。諸手を上げて喜んだり笑ったり出来なくなりました。「Bella Donna」……皆さん、それぞれの美しさでもって表現して下さって感謝しています。他の方の写真で「ハッ!」と新しい魅力に気付くことも沢山あります。なるべく沢山の方に「Bella Donna」の魅力を知って貰いたいと思っています。指輪……冗談で「早く頂戴!」って言っていたんですけどね……形見って寂びしいですね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-13 20:33
raretasteさんへ。
こんばんは。今日ですね。
有休を取られたのですね?きっとお母様も喜んでいられることでしょう。
23年ですか……長いようでアッと言う間だったのでしょうね……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-13 20:39
cream teaさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
僕、思うんすけど、cream teaさんと僕の母、とても気が合ったでしょうね。曲がった事が大嫌いで凄く真っ直ぐな人……ド素人でしたけど植物が大好きで、何でも取り敢えず挿してみる人でした(笑)あの小指みたいに細いサボテンあるでしょう?アレが大好きで何鉢も何鉢も増やして楽しんでいました。母には色々なことを教えて貰ったような気がします。言葉には出さないんですけどね、身を以て教える?そんな感じだったかな……。国際バラとガーデニングショウの2日目、僕の薔薇の開花株が搬入されて来た時には感慨深いものがありました。不思議なんですよね、初日にはなかった感覚……さぁ、これからが正念場だって。cream teaさんには色々とお世話になりました。そして、これからもお世話になります!(笑)

Benoit。
by souslarose | 2010-07-05 00:00 | Under the Rose | Comments(25)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30