お持ちですか?……Pierre de Ronsard。

b0168859_1548435.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ここに1枚の写真があります。
3年前、フランスはノルマンディー地方の海岸沿い、
僕が尊敬する画家ブラックの墓がある崖の上にある教会の敷地内で撮りました。

薔薇は見まごう事なく「Pierre de Ronsard」……。
1985年にメイヤンが作出した銘花です。
カッチリとアーチに綺麗に誘引された「Pierre de Ronsard」も見事だけれど、
このように自然に咲き誇る姿もまた乙なもの……。
但し、これもキチンと手入れされていますけど……。
2006年の国際バラ会議で見事に殿堂入りした「Pierre de Ronsard」。
今やツル薔薇として世界に君臨、その25年の長きに渡る、
揺るぎない地位は見事としか言いようがありません。
「Pierre de Ronsard」、日本だけの人気かと言うとそうではなく、
本国フランスでも、シーズンになると、
花屋に「Pierre de Ronsard」の鉢植えが並びます。
その仕立て方は、僕等、日本のスーパーの花屋に並ぶ「Coucktail」と一緒。
そう、グルグル巻きの行灯仕立てになっています(笑)

「Pierre de Ronsard」に限らず銘花と言われる薔薇が凄いのは、
世界のどんなに場所に植えられていても、遠くからでもそれと分かること。
そう言えば、ノルマンディーでテーブルを囲んだ素晴らしいレストランの庭にも、
「Pierre de Ronsard」が植えられ、カットしてテーブルを飾っていましたっけ。

近年、新しいツル薔薇の人気品種が続々発売され、
王座を奪われるかと思いきや、どうやらここ暫くは
「Pierre de Ronsard」の王座は揺るがないようです。

その昔、一家に1本「Queen Elizabeth」か「Cocktail」と、言われました……。
今や、一家に1本の割合くらいで愛培されている「Pierre de Ronsard」。
実は、引っ越しした新居の玄関先に、前から「Queen Elizabeth」が植えられています。
全く手入れされず、今年の一番花もブラインド……。
早々に切り戻して施肥、上がって来た蕾が大きくなって来ました。

皆さんのお宅に
「Pierre de Ronsard」はありますか?
また、皆さんの「一家に1本」は何の薔薇ですか?


27. 06. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by cream tea at 2010-06-26 23:39 x
こんばんは。

ロンサール・・・ですね。
ロンサール。この薔薇は実物を春見るたびに
すべてを納得させられます。

ロンサールか・・・と、どこかで飽きてしまっているような
そんな気持ちがあるようでいて、
春に実際咲いた株を見ますと、ごめんなさいと謝りたくなります。
あの存在感、花と葉の豪華なバランス。
今年の春、ロンサールを見たときはいつもに増して
いい薔薇だなあ、と思いました。
今年も薔薇の花に出会えた、という春の喜びをどの薔薇よりも
表現してくれている気がしました。
殿堂入りの薔薇、人気の薔薇、すべて納得させられます・・・

お写真のような、枝が遊んでいるような薔薇の姿、私も好きです。
とくにロンサールのような品種でこの自由さは柔らかさが出て
いいですねー。

また、背景の壁や教会という場所も薔薇にぴったり。
ヨーロッパで薔薇、というとやはり、教会ですね。
古い教会の薔薇を見て歩く旅。生きてるうちにやってみたいのです!
Commented by SALAママ at 2010-06-27 07:02 x
おはようございます。
我が家もロンサールです。
新顔が入るたびに、忘れてしまいそうになるけれど、
春にロンサールが咲くと やはりここにいてくれて有難う。となります。。我が家ではまだ8年目ですが・・。

来週ノルマンディー地方の村にも立ち寄ることになりました。あちらではまだバラは咲いているかしら・・。
ジベルニーにも行ってきます。
今からワクワクしています♪
Commented by ナツ at 2010-06-27 08:28 x
ブノワ。さん、こんにちは。
残念ながらうちにはロンサールはいないです〜。
狭い庭にごちゃごちゃと植物がたくさんなので、ロンサールはちょっとインパクトが強すぎて・・・。(^^;
でも、この写真のような自然な感じいいですね。
私の一家に一本・・・う〜ん、悩みます。(笑)
オールドだったらファンタンラトゥールかな。シェイラーズホワイトモスも捨てがたいしガリカはどれも好きだし・・・悩みますね。
イングリッシュならコンスタンススプライ。バーバラ、メイヤーオブキャスターブリッジ・・・。
全然「一本」じゃないですね。
Commented by tsugumi-normalis at 2010-06-27 08:40
ブノワ。さん
おはようございます^^
ロンサールは一家に1本ですから
やぱりうちにも植えてあったりします(笑)
でも・・・この冬に里子に出すことになっているんです。
万人に愛されているバラなので
里親さんはすぐに見つかりました^^
バラに興味のないひとは「なんて可愛いバラなの」と感嘆し・・・
バラ好きさんには「やっぱり綺麗ね、いいバラね」と再認識する・・
それがロンサール^m^

アイスバーグも・・一家に1本・・・いえ、2本でしょうか?^^

Commented by angel-chiho at 2010-06-27 20:51
やっぱりロンサールは魅力的ですね。
どこで見てもロンサールって分かりますし、絶妙な色とフォルム。長く見ていても飽きないところなど、素晴らしい完成度のバラだと思います。
なぜ人を惹きつけるのかもっと追求したいバラですね。
Commented by rosedeco at 2010-06-27 21:59
こんばんは、ブノワ。さま。

ブノワ。さんの1家に1本なにかしら?

私は・・・(今年は)アルバ・マキシマです。
モス、ガリカが好きって連呼しておきながら・・・!
だって白薔薇が好きなんです。
そして、原種に開眼いたしました♪

ブラック・・私も大好きです。
嫌いな授業をさぼって図書室でブラックの画集を毎日見ていた画像が浮かんできました。
今でもたまに風景がブラックの画に見える私です♪
Commented by raretaste at 2010-06-27 23:52 x
こんばんは。
ピエールさんには手を出すまいとなぜか思ってきたのですが、昨年花付の小さい株にノックアウトされ、所有者となり、若干日陰に入れたのですが元気に咲きました。でも、年々大きくなるんですよね。
クイーンエリザベスはご近所で高い場所でしか咲かない物を多くみかけます。
ERに目覚めた時はガートルードジーキルでした。アルフレッドキャリエールに焦がれて二度振られました。今、ひとさまに勧めるのはウィリア
ムモリスです。四季咲きを愛でつつも年一度きりでも良いからとやめられないのはローブリッター。これが私の花と言えるものに出会ったかどうか・・・まだまだ、修行が足りません。
Commented by paokiti1959 at 2010-06-28 00:21
こんばんわ。
エリザベス? 30年物が一本とそのクローンが12歳です。
カクテル? 96年にぱお吉が自らの意志で購入したファーストローズ。
今でも「ちょっと庭の外」バンバン咲いてる・・。
ピエール? 1号、2号とクローンが一本・・。
一昨年ブランピエール、その前年にはルージュピエールの導入も果たしております(-_-;)

一家に一本? いまは断然「ブラッシュ ブールソール」(笑)
来年は「プランセス ルイーズ」って言いた~い♪
Commented by pompee3310 at 2010-06-28 20:03
ブノワ。さん、こんばんは。

私の場合・・・もちろん、ロンサールには全く興味なしです。
人に勧めるのは、小輪一重の白・・・で、一季咲き(笑)
そう、ノバラですね。
極小輪ならなおよいです。
真っ赤なまあるい実がつくし。
それを狙って鳥も来るし。
ね、言うことなしです。

Commented by みなみ at 2010-06-28 20:19 x
はじめまして。我が家にもピエールが2本あります。これを見にいらっしゃる方も多いですね。私の1本、愛する薔薇は数々ありますが今年、エブタイトに一目惚れしました。写真で一目惚れ、実際咲いてさらに…です。
Commented by YuccaR at 2010-06-28 22:39
初めまして。noir-zさんのところから来ました。植物は大好きですが、薔薇は種類も多く、手間もかかるので、縁遠くしておりました。見るのは大好きです。今度庭を拡張することになり、薔薇を植えてみようか?と思ったときに、偶然こちらへ伺いました。南向きの塀に一本植えるとすれば、何がお薦めですか?教えていただけると有難いです。
Commented by どんぐりっきー at 2010-06-28 23:21 x
ブノワ。さん
はじめまして。
今日のブログを見ているうちに、ついついコメントが入れたくなって、たまらなくなりました。
皆さんのコメントを見てるうちにどれもが頷ける内容で、自分のコメントしようと思ってた「ことば」を見失いそうになってます。

うちも「ファーストつる」はピエールです。
道路縁ののフェンスに1本だけ。
そのたった1本がものすごく強インパクトで。
でもそのフェンスの内側にたくさんの後輩たちを抱えて強風から守ってもらってます。
2番目のつるもカクテルの行灯仕立てでピエールの後ろに覗かせてます。
どちらもよく見る顔ぶれですが、ロングセラーやベストセラーも何か見えない魔法があってバラヲタクをひきつけてるんでしょうね。

今年から、1季咲きをカバーするために、そしてピエールのやさしい色あいを邪魔させない様ににガートルードジェキルを同じフェンスに絡ませようと植えました。
このバランスって大丈夫でしょうか?
Commented by いずみ at 2010-06-29 17:54 x
初めまして。『バラの家』でブノワ。さんのバラに出会って、
どんな方が作ってはるんやろ?で、ここにたどり着きました。

ピエール、残念ながら我が家にはありませんが、
あんどん仕立てで見事に花がついたのが店頭に並ぶと
春やなあ、って思います。

一家に一本、私には1一番最初に買った『黄モッコウバラ』です。
あんどん仕立てになったのを、実家でうっかり衝動買いして
幼児だった娘二人の手を引きつつ、リュックにしのばせて飛行機で帰ってきた苦労もあったりして。
西側に黄色のものがあると、風水では金運に良いそうですが、
そちらの方は効果はいま一つ。。。です。
Commented by Noir-Z at 2010-06-29 18:16
Benoit。さま

こんばんは。
『Pierre de Ronsard』ですか...。
既に不動の位置を確立していますよね。
僕はこのお写真の仕立て方がとても好きです。
草ぶえの丘のカザンリクなんかも理想ですね。

Parisでの行灯仕立ての話は面白いですね。
笑っちゃいました。
やはりそれだけ愛好家でない方たちにも訴える力、
魅力を持っているのでしょうね。

最近、僕は散歩の度にたまたまそのお宅の奥様が
庭で手入れをされていらっしゃったりすると
自然と声をかけてしまうようになってしまいました.笑
嗚呼...笑 花好きだと自然と会話ははずむもの、
皆さん、笑顔で対応してくださいます。
時にはコレ持ってって...な〜んてケースも。
ちいさな宿根草などはいただきますが
一度などは巨大なスコップを持ち出してきて
大株の薔薇を掘り上げようとされた方までいました.爆
もちろん丁重にお断りしたんですけども.笑

G d D
Commented by Noir-Z at 2010-06-29 18:21
ごめんなさい、また文字数オーバー。削るのもったいないので.笑

...で返ってくる返事はだいたいが『名前が分からないの』なんです。
僕が住んでいる区は、草花や薔薇がお好きな方が多いようです。
毎年楽しみにしているお宅もあるほど。
(ギネが見事なお宅があるんですよ。)
あと可笑しいのは、通りへ向けて季節の花を
見てもらうように並べているお宅が何故か多い.笑
しかもタグまでしっかりつけてこの薔薇は××ですと主張。
Benoit。さま、よくご存じでしょう?笑
一本選ぶのは不可能だと...。
でも敢えて選ぶ...どうしても選ばなければならないとすれば
ダマスクローズの一季咲きかな。それかBenoit。さまの薔薇.笑
そして今日のお写真のように仕立てたいです。
ふくよか豪華...散り際いさぎよくゆるくも美しい一季咲きかな.笑

G d D
Commented by ムー at 2010-06-30 17:08 x
うちにも一本あって、丈夫だし元気だし優等生です。
薔薇初心者の友人は他のバラにはわき目も振らず、
真先に駆け寄って「かわい~かわい~」の大歓声。
「でも匂いがしないよ」とケチを付ける私の深層心理に、何か問題があったりするのかも・・・。
Commented by souslarose at 2010-07-07 06:35
cream teaさんへ。
おはようございます。お元気ですか?毎日〜暑いですね。
さて、メッセージどうもありがとうございます。そう、ロンサールです(笑)所謂、銘花ってどこのお宅、どこの国で見ても全く同じ顔で咲きますよね。その辺が凄いなぁって思います。引っ越しする前のマンションの近くにそれはそれれは大きな「Pierre de Ronsard」があって、秋にも物凄い事になるんです(笑)花形は全く違いますけど豪華絢爛……育つと繰り返すんですね。キッチリ仕立てられた「Pierre de Ronsard」もいいですけど、cream teaさんが仰言るように自然な樹形のものも素敵ですよね。ここの教会裏……本当に素晴らしかったです。修道院廻り、真面目にしてみたいものですね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 06:40
SALAママさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
これを読む頃は「お帰りなさい!」ですね。どうでしたか?快適な旅でしたか?7月のノルマンディーはどうでしょうねぇ……今や東京とパリは開花時期が一緒です。東京が終わった頃ノルマンディーが丁度いいんですけど……薔薇がなくても素晴らしい庭園は沢山あります。土産話、楽しみにしていますね。「Pierre de Ronsard」8年目ですか……随分と立派に育っていることでしょうね。コロコロッとしていてね、立派な薔薇だと思います。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 06:48
ナツさんへ。
おはようございます、外はゲリラ雨……お元気ですか?
メッセージどうもありがとうございます。返事が遅くなってゴメンなさいね。さて「Pierre de Ronsard」……確かに植える場所は選びますよね。それから、それなりの覚悟がないとダメって言うことですか(笑)ナツさんの「我家の1本」……興味深く読ませて戴きまた。僕も「Barbara Austin」は大好きです。イングリッシュ・ローズの中でピカ一だと思っています。全然1本じゃないの、皆さんもきっと同じだと思います(笑)その時その時で好きな薔薇が変わりますもんね。これからも、その「1本」に沢山出逢えるといいですね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 06:54
つぐみさんへ。
おはようございます、元気にしていらっしゃいますか?
メッセージどうもありがとうございます。
「Pierre de Ronsard」……いい薔薇ですよねぇ。でも、つぐみさんのお宅では嫁入り準備中?(笑)最近のつぐみさんのブログを拝見していると何となく分かるような気がします。そして、そこには何が植えられるのかな?(笑)「Iceberg」かぁ……ノルマンディーの素晴らしい庭園の白の花のコーナーに植えられている薔薇が「Iceberg」なんですよ。凄くいい感じでね。ウチはスタンダードがあったんですが、「Iceberg」は幹が固いから普通のブッシュにした方が良かったかなって思っています。僕の薔薇も「一家に1本」になるといいなぁ……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 06:57
chihoさんへ。
おはようございます。お忙しいのにメッセージどうもありがとうございます。
どうですか?日本の夏を満喫していますか?物凄く暑いでしょう?変な雨の降り方するし……きっと収穫が沢山なんだと思います。レポート楽しみにしていますね。さてロンサール!(笑)これで匂いがあったら、春しか咲かないし……と、言う人もいますが、そんな意見を吹き飛ばしてしまうほど凄い薔薇だと思います(笑)人気の秘密を分析してみたいものですね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 16:17
歩夢ちゃんへ。
こんにちは。お元気ですか?毎日〜暑いですねぇ……。
さて、ウチの1本ですが、昔は「Royal Highness」だったんですけどね……3本持っていました。今は何だろう……ごくごく普通のノイバラかな。僕達って行き着きましたね!(笑)歩夢ちゃん、白薔薇が好きなんですね。記事にしていらっしゃったけれど、僕が考える白薔薇の最高峰は「Mme. Hardy」……これ以外は考えられませんね(笑)ブラックはいいですよね。崖の上にある教会、そこのお墓にはブラックの例のブルーの鳥がモザイクで表現されています。見渡す静かな入り江、強い風の中立ちすくんでいると何だか遠い目になってしまいます(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 16:24
raretasteさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。今、お園を左手で抱っこしているので右手の人差し指でポツポツ打っています(笑)「Pierre de Ronsard」……お持ちなんですね?(笑)矢張り、開花株って魅力的なんですね。実際の花を見るとついつい買ってしまいますもんね。「Mme. Alfred Carriere」は玄関先に大きくしたいと思っています。大好きなんですよ、あのしなやかな枝振り。「Queen Elizabeth」が往々にして高い所で咲いているのは、持っていらっしゃる方が殆ど手入れしていない証拠ですよね(笑)毎年〜そびえるように高くなって行く(笑)所で、「私の花」かぁ……どうなんでしょうね、僕もまだ分からないや。随分と回り道して来ましたが、何となく最後に行き着く薔薇は見えて来たような来ないような……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 16:34
ぱお吉さんへ。
こんにちは。先日はどうもありがとうございました。
さて、実物のエリザベス女王の在位並みに長い寿命の「Queen Elizabeth」……さぞかし見応えがあるでしょうねぇ。僕の行きつけのバーの店先には、遥か2階の屋根にまで届こうかと言う巨大な「Cocktail」があります。何でも貰った新苗を「ぽんっ!」と猫の額ほどに店先の土に植えただけだそうです。残念ながら満開の時は見た事ないのですが……。来年は「Princess Louise」ですね!早く大きくならないかなぁ……今年の新苗が来年には5メートル……そんな訳ないですね(笑)さぁて、そろそろ記事書かなきゃ!書き上がったら連絡しますね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 16:37
あっちゃん!
こんにちは。元気にお過ごしですか?
ダメですよ、クーラーでくたばっちゃ(笑)
さて、あっちゃんが「Pierre de Ronsard」に全く興味がないの、容易に想像が付きます(笑)そして、同じくらいに確かなのはあっちゃんの好みの薔薇!僕も最近はそっちの方向に流れつつあります。本当にいいですもんね。あっちゃんが種を蒔いた不思議ちゃんで可愛い子がいたら分けて下さいね。大きくして玄関先を飾りたいです。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 16:43
みなみさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
その前に、はじめまして、ようこそいらっしゃいました!……ですね。
さて、「Pierre de Ronsard」を2本お持ちとか……それはそれはゴージャスな景観でしょうね。満開時の「Pierre de Ronsard」は見る者を圧倒しますもんね。言葉をなくすってこのことか!そんな感じがします。「Ebb Tide」は新しい紫の方ですか?確か、その昔、ハイブリッド・ティーでも同じ名前のものがあったような記憶があります。こんなブログですけどこれからも一つ宜しくお願いしますね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 16:53
YuccaRさんへ。
こんにちは!はじめまして、ようこそいらっしゃいました!
G d Dさんの所からいらしたんですね……どうもありがとうございます。どうですか、ワイエスの静物画のようなG d Dさんの所から一転、こんなガチャガチャしたブログ(笑)これをキッカケに一つ宜しくお願いしますね。さて、皆さん、薔薇は手が掛かるって言いますが、確かに面倒臭い事もありますが、手を掛ける価値は充分かと思います。南側の塀ですか……大きくしたいんですよね?何色がお好きかにもよりますが、ピンクだったら「Constance Spry」白だったら「Mme. Alfred Carrierre」黄色だったら「Graham Thomas」か「黄モッコウ」……明日聞かれたら答えが違うかもしれませんが悪しからず(笑)そうだ、僕の薔薇も忘れないでくださいね!(笑)どんな薔薇を選んだか教えて下さいね。楽しみにしています!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 17:01
どんぐりっきーさんへ。
こんにちは。はじめまして!ようこそいらっしゃいました!
メッセージ恐縮です……評判なんですよ、メッセージ入れにくいって(苦笑)しかし、皆さん熱いですよねぇ(笑)薔薇に対する思いがバンバン伝わって来ますもん。歴史的な薔薇って、魅力が一つじゃないんですね。色々な美点が重なり合って相乗効果……それにしても「Pierre de Ronsard」の長年の人気は凄いと思います。そこにもう1本「Gertrude Jekyll」……凄くいいと思います。「Pierre de Ronsard」が白桃のようなピンクですから同系色がいいでしょうね。若しくは白系……そんな風に思います。
こんなブログですけど、これからも一つ宜しくお願いいたしますね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 17:07
西側に黄色、西側に黄色……。

あっ!いずみさん、こんにちは!
はじめましてなんですね?ようこそいらっしゃいました。
メッセージ恐縮です。凄く嬉しいんですよ、特に初めて戴くメッセージって。さて、西側に黄色って本当ですか?早速、調べてみようっと!(笑)だけど飛行機にあんどん仕立ての黄モッコウって言うことは、それほど大きくないヤツでしょうか?今は可成り立派になりましたか?僕も欲しいんですよねぇ……黄モッコウ。さて、バラの家のてんちょには色々と良くして貰っています。穏やかで好青年……怒ることってあるのかなって思っちゃいます(笑)僕の薔薇をあんなに素敵に紹介して下さって……少しは売り上げに貢献しているのでしょうか?心配であります。こんな感じでポツポツやっていますが、また遊びにいらして下さいね。関西弁、聞かせて下さい。関西弁、大好きなのです!(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 17:15
G d Dさま。
こんにちは!いらっしゃぁ〜い!(笑)
メッセージどうもありがとうね!そう、「Pierre de Ronsard」は既に不動の地位を確立していますね。薔薇の殿堂の中では群を抜いて圧倒的な存在かと……僕はね、「Ingrid Bergman」なんかは疑問視しちゃう方なんですよ(笑)他にもっといい赤薔薇あるだろうにってね。G d Dさま、そう思いませんか?しかし、そちらの区には親切な方がいらっしゃるんですねぇ……もしかして、物凄く物欲しそうな目をして見ていませんでしたか?ホラ、ホラ!(笑)その親切な方も、G d Dさまが次ぎに来られたら「あのいらなくなった薔薇を押し付けちゃえ!」なぁ〜んてね(笑)でもね、植物が取り持つ笑顔って本当に素敵ですね。全く知らない方とも自然に話し出来ますもんね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 17:25
G d Dさま。
続きます……「Guinee」が見事って言うのは凄いですね!余程、育てるのが上手な方か、薔薇に環境が合っているか……ヘボ園丁の我家でもポツリポツリとまばらに咲く「Guinee」……大好きでした。凄いんですよね、匂いが!鼻が幾つあっても足りないくらいに取れちゃいます(笑)交配に使った事もありますが、実が付かないんですよ……。それから外に向かっての陳列……分かります、分かります。綺麗に咲いたら見て貰いたいんでしょうね。名前までキッチリ表示されているとは親切なことです(笑)そう言えば、前に住んでいたウチのツル薔薇ですが、何で咲かないんだろうって思っていたら、全部、外(国道)の方を向いて咲いていた事がありました(苦笑)こっちだけ見て咲いてくれればいいのに……。たった1本選ぶのは勿論、無理ですが、最近は薔薇に対する好みがすっかり変わってしまったので、大きくなる小輪の一季咲きかガリカの中から1本……「Belle de Crecy」かな?僕の薔薇ですか?そうねぇ、1本ずつは持っていたいかな。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-07-07 17:28
ムーさんへ。
こんにちは!お元気でしたか?チョッと心配していたんですよ……。
さて、ムーさんもお持ちなんですね?「Pierre de Ronsard」。本当、病気知らずで優等生。だけど、皆さんあまり言いませんが、匂いがあまりないんですよねぇ……。そんな事はどうでもいいくらいに圧倒的な存在感ですね。ケチをつける深層心理?大丈夫、ムーさんは僕とソックリですから!(笑)

Benoit。
by souslarose | 2010-06-27 00:00 | Under the Rose | Comments(32)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31