玉置邸にて。

b0168859_18583730.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「ぎゅるるるるるるるるるるるるぅぅぅぅぅぅぅぅっ!」

腹時計が鳴ったのか、はたまたどこからか魚を焼く匂いが漂って来たのか……。

 「ランチ、ランチ、ランチぃ〜っ!」

と、天敵Aのまくしたてるようなツルの一声で、
後ろ髪を引かれつつK邸を後にした僕ら一行(笑)
他の人は大体の土地勘があるのでしょうが、僕と親友のTくんは全く初めての地方、
ただただランチの匂いに引き寄せられるように車をカッ飛ばす、
自称、ズリア……じゃなかった、ジュリア・ロバーツの車の尻を必死で追い掛けました(笑)
意外にあったかな……距離。K邸から東名高速に乗り、
目指すは薔薇ファンの必読書「New Roses」の編集長の玉置一裕さんの御実家でした。

ランチもそこそこに、時間に追われるように玉置邸へ……。
腹が減っては戦は出来ぬ……ランチ、ランチ、ランチぃ〜っ!
美味しい食卓を囲み、満腹になると今度は薔薇、薔薇、薔薇ぁ〜っ!
非常に都合良く出来ている僕ら薔薇ミツバチ一行(笑)
以前からその素晴らしい庭園は評判で、いつか僕も訪ねてみたい……。
そう思っていたところに2人の「あぁ!勘違い自称ジュリア・ロバーツ」からお誘いが(笑)
こんな時でもないと玉置邸の素晴らしい庭を拝見することは出来ない……。
と、ばかり、意を決して参加することに決めた訳です。

玉置邸に着くと、いつも僕に親切にしてくれる、うそはち……じゃなくて、
おさはちさんこと小山内 健さんが、今か今かと僕らの到着を待ち構えていました。
いつも温度が変わらない小山内さん、お顔を見ると何だかホッとします。
玉置さんのお母さまが淹れてくださった冷たくて美味しいお茶に舌鼓、
カンカン照り&車での移動で疲れた身体を暫し休めます。

そしていよいよ憧れの庭園へ……玉置さんは、
 
 「試験栽培場です。」と謙遜して仰言います。

試験栽培場?……そう言われてみると、
美しく咲き誇った薔薇の庭は新旧様々な品種が入り乱れています。
イングリッシュ・ローズやデルバールの最新品種、
かと思えばメイヤンの81年の作出になる「Catherine Deneuve」が,
燦々と降り注ぐ太陽の中、「どう?アタシが一番綺麗ね!」とばかり
その蛍光オレンジを輝かせています。

 「あ……本当だ……。」

奥の敷地には鉢植えで色々な最新品種の薔薇が栽培されています。
でも、試験栽培と言っても、メインの庭園の方には薔薇だけじゃなくて、
それぞれの美点を引き立て合うように様々な草花が植えられています。

へっぽこカメラマンの腕を嘲笑うかのようにカンカン照りのピーカン……。

 「嵐を呼ぶ男、小山内 健よぉ。雲を呼んでおくれっ!」(笑)

きっと薔薇のシーズン、日本国、中駆け巡り疲れ果ててそのパワーが弱まったか、
薔薇めがけて猪突猛進する薔薇マダムに気圧されたか……。
ロクに話しをする間もなくそそくさと京都に旅立つ小山内さんを見送ります。
かくなる上は、必殺&裏技を駆使して撮影するしかありません(笑)
……って言っても、ワン・パターンのような写真ですが、
玉置邸の素晴らしい庭園の様子が窺えるかと思います。
もっと引いた素晴らしい庭の全景は、そこここに夢中で薔薇から薔薇へ飛び回る、
「ミツバチ」がブンブンしていたので撮影を断念(笑)
b0168859_18592192.jpg
b0168859_18593954.jpg
b0168859_18595556.jpg
b0168859_1901099.jpg
b0168859_1903541.jpg
b0168859_1905597.jpg
b0168859_191328.jpg
普段、玉置さんは東京在住です。
と、言うことは、普段の庭の管理はお母さまの手仕事です。
勿論、薔薇の栽培に関するノウハウ、奥義の数々は、
玉置さんからお母さまに伝授されているでしょうけど、
日々の庭の世話はお母さまの手によるもの。
花が今、何を欲しがっているか?どうすれば喜んでくれるか……。
素晴らしい庭園は、毎日〜観察し、ご機嫌を伺い、
微に入り細にわたった世話をしている、
お母さまの「優しい心」の賜物なのでしょう。

明るい笑い声の中心には必ずお母さまの姿が。
あの食い意地の張った薔薇マダムたち……じゃなくって、
麗しい薔薇マダムを瞬時に虜にする玉置さんのお母さま。
そこには植物も人も区別する事なく、
この世に生を受けたもの全てに分け隔てなく与える愛情、
慈しむ心が我等を魅了し、美しい庭と言う形を借りて、
僕等の目に映っているかのようです。

チャッカリの僕は、玉置さんの言葉「試験栽培場ですから。」を勝手に解釈。

 「えぇ〜と、だったら当然ここに Bella Donna、
  あそこは赤味が欲しいから Under the Rose……チョッとツルに仕立ててもいいし。
  ガーゴイルの横には Benoit Magimel、
  Remi Chang はニゲラのブルーと合うからこっちに……。」

玉置さん、分かっていますよね?
僕の薔薇は一品種5本を群植しないと本当の良さが分からないんですからね!
何なら僕からコマツさんにオーダーしておきましょうか?(笑)
玉置価格でゼロを一つ多く付けておきます!(爆)
b0168859_1864993.jpg
最後の1枚は麗しのタカラジェンヌ、
最近はジュリア・ロバーツに憧れ、なり切っている(?)
HISAKOさまが自宅の庭の薔薇で作ったアレンジ。
わざわざ僕の「Benoit Magimel」を使って下さる優しさ。
おめめさんが東京から遥々、焼いて来てくれた極上ケーキ2種類と共に、
旅先でホッとする一時、友人の優しさを感じる一瞬でした。


20. 06. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by at 2010-06-19 23:29 x
Benoit。さん、こんばんは。

ベラドンナが、明日当たりまた咲きます。
ステキなことに、来客のある日に合わせて花開きます。
うふふ、また鼻高々にお披露目です。
我が家も、ちんまり薔薇の茂みを造って、お茶を楽しめるようになるのはいつかしら…
ステキなお庭、ミツバチになって飛んでいきたいですね。
Commented by souslarose at 2010-06-20 08:37
碧さんへ。
おはようございます、好い天気ですね?お元気ですか?
いつもメッセージありがとう!「Bella Donna」咲きそうですか?いい子ですね、来客の旅に開花かぁ……やっぱり綺麗に咲いた姿を見て貰いたいのでしょうね。玉置さんの庭は素敵でしたよ。僕には絶対に出来ないけれど、いつか真似事をしてみたいなぁ……それともミツバチになってあっちこっち飛んで見て歩いた方がいい?(笑)

Benoit。
Commented by つぐみ at 2010-06-20 15:36 x
すす、すごい・・・
素敵なお庭と、ゴージャスなメンバー(笑)
効果音まで聞こえてきそうな賑やかさ・・楽しそうですね^^
なのに、写真は静寂感。このギャップがすごい~
ああ、何もかも素敵^m^

ブノワ。さん・・
ツクシイバラが到着しましたよ。
大苗は在庫がないということで、新苗が送られてきたのですが・・
蕾もついていて・・とても立派な苗でした。
来春はツクシイバラの木陰で緑茶を飲むの(笑)
Commented by なり切りジュリア@行商運転手? at 2010-06-20 16:23 x
後姿がOrlando BloomのBenoit。さま(笑)
その後、お元気で、こんなに突っ込み多々の記事作り
誠にお疲れさまでございます。
売られたケンカ、もとい、突っ込みにはお返ししなくてはいけませんね~(笑)
玉置邸、素敵でしたね~。
同じ場所とは思えない、不思議なお写真、さすが、Benoit。さまです。
そうそう、あのお肌ぴかぴかの、光り輝くお母様のお世話で
あのガーデンが成り立っていること・・
すごく感じましたよね。
あのお母様にして、玉置さんアリ!っと、いつも、本当に感動しながら帰って来ます。
しか~し、Benoit。さま
>意外にあったかな……距離。
ん~?
同行してくださったTさんが、慣れない高速を運転している私が眠くならないように
ずっと楽しいお喋りを聞かせてくださった隣で
静かに目を閉じて(平たく言うと眠りこけて!!!・・?)いらしたBenoit。さまの寝顔が
まぶたに焼き付いて離れませんわ・・(笑)
・・来年は、後ろのトランクまで、Benoit。さまのバラを積んで、
行商行脚の運転手、また立候補しちゃいましょ(^m^)   
ただ~し居眠り禁止ぃ~(爆!)

Commented by souslarose at 2010-06-21 05:19
つぐみさんへ。
おはようございます、メッセージありがとう!
確かに素敵なお庭でしたけどゴージャスなメンバーかどうか(笑)言われてみれば賑やかでした(笑)それにしてもカンカン照りで困ってしまいました。写真はいつものワンパターンですけど楽しんで戴けましたか?さて、大きな箱が到着したんですね?僕も早速、村田さんのホームページをジックリ見ちゃいました(笑)随分と立派な新苗だったとか……どうしようかなぁ……今、非常に迷っています。ツクシイバラの木陰でお茶……なかなか素敵そうですねぇ。そうそう、つぐみさんの庭のお写真を見ていると、花鳥渓谷を連想してしまいます。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-06-21 05:29
なり切りジュリア@行商運転手?さんへ(笑)
おはようございます、長いハンドルネームですねぇ(笑)
折角の日曜日なのにメッセージどうもありがとうございます。喧嘩?売っていませんよ。突っ込み?何のことでしょう……僕のブログ&文章はスーパー・リアリズムで定評があるんですけど……(笑)後ろ姿がオーランド・ブルームかぁ……後ろ姿がブラッド・ピットのお尻の間違いじゃありませんか?(笑)それにしても素敵な庭園でした。日々の手入れは凄く大変でしょうねぇ。お母さまには頭が下がります。Kさんもそうでしたが、お母さまとももっとお話しがしたかった……それには時間があまりにもなさ過ぎ!(笑)最後に訂正。僕は居眠りなんかしていませんよ(笑)ジィ〜ッと目を閉じて耐え忍んでいたの。Tさんの話しはいつもと同じ繰り返しで僕は何百回と聞かされていますからね。しかも、毎回〜話しがデカくなる(爆)耳タコなんです。しかも彼は「慣れない高速を運転している私」を気遣っているんじゃなくてただのお喋りなの(笑)居眠りは助手席の徹夜の麗人ですよ(笑)行商?しましょうしましょう!沢山持って行って勝手に植えちゃいましょう(笑)

Benoit。
Commented by キチ at 2010-06-21 05:48 x
Benoit。 さま、

お早うございます。
今回の文章からも皆様で何とも楽しい時間を過ごされたのかが伝わってきます。
1枚目の写真のgargoyleになって皆様の会話を聞いたり、一生懸命に写真を撮っている姿を見れたら楽しいでしょうね(笑)

手入れの行き届いたお庭と美しいバラの写真をありがとうございました(*^_^*)

次回は、是非Under the Rose Seriesの最新品種も持参して植えて下さいね♪
Commented by 試験栽培上の園丁 at 2010-06-21 12:24 x
先日はぴーかんの快晴の蒼天のもと、態々、遥々とご来臨賜り厚く御礼申し上げます。
さて貴方様御作出の薔薇につきましてですが、生憎登園は本と同様商標毎の植栽となっており分散して植えることが出来ません。またスペースに限りあり、関西方面の御方様が「次はここにコレを植える!」とおっさっておられます。どうぞ最初はgooで平和裏にお決めいただければ幸いです。
しかしながら永年の経験により「植え場所は自然に知らないうちに出来る物」というのもまた真実かと存じます。あくまでも一般論です。念のため申し添えます。
Commented by ダヴィデ at 2010-06-21 20:12 x
綺麗な薔薇達ですね~!!一昨日ベトナムから帰国。薔薇の写真見て、なんだか癒されました。ベトナムは、それなりに郷愁の世界で良かったです。薔薇は屋台で売っていたので、買ってホテルの部屋に飾りましたが、暑さのせいか、次の日は、駄目でした(爆)綺麗だったけど・・・ベトナムにも薔薇沢山ありましたが、有名な薔薇ってあるんですかね~
Commented by 天敵A at 2010-06-21 23:31 x
あたしのお腹はきんの鳴き声に似てる?(笑)

トラックバックありがとう・・・・・・
悔しいが、あたしの画像じゃ、
師匠の庭を表現出来ないもんね♪
あけがガーデンストーカーツアーに行くときは
カメラマンとして、ブノ。ちゃん連行しようかなぁ~もちろん無料奉仕だからね(笑)

玉置邸のガーデンを妖精のように飛び回るあたし達の姿は撮れないって言う割には、ブノ。ちゃん、1番上の画像の中で膝を抱えて座ってるじゃん!!
二ゲラの影に隠れて、何を見てるの?(笑)
Commented by cream tea at 2010-06-23 21:00 x
こんばんは。
お久しぶりでお邪魔いたします♪

読みながら、庭のあちこちから笑い声が聞こくるようでした!
なんだか楽しそうな雰囲気ですね。
庭は本当に正直だなあ、と私もいつも感じます。
様子をみてもらい、声をかけてもらえている植物たちは
表情が落ち着いていて、見ている人間のほうも
気持ちが落ち着きますよね。
愛情をかけてもらえていることが、植物にも伝わるのでしょうね。
いつか私も、自分の、じっくり向き合える薔薇の庭が
もてたらなあ・・・と夢見ています!

Commented by souslarose at 2010-06-25 15:03
キチさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
チョッとだけキチさんに近付いた2日間でした(笑)それでも距離にして半分くらいかな?玉置さんのお庭、とても素敵でしたよ。キチさんが言うように綺麗に手入れが行き届いていてね。僕には無理だなぁ……何しろズボラ園丁ですからね(笑)ガーゴイルは僕等のあまりのズッコケに思わず吹き出しそうになる所を口を押さえているように見えます(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-06-25 15:07
試験栽培場の園丁さま。
こんにちは。わざわざメッセージありがとうございます。
大丈夫です。心配には及ばない理由が2つもありますから!(笑)先ず、関西方面のお方様ですが、この方は僕が猫のきんを箱に入れて送りつければ何でも言う事を聞いて下さいます(笑)滅法きんに弱いのですよ(爆)もう一つの理由ですが、植える場所はピエール様の下でいいんです。あそこにドッサリ植えてみて下さいますか?どうしましょう、あちらがメインの庭になったら……妄想は限りなく広がりますね(笑)しかし、長年の経験から来るお言葉……思わず頷いてしまいました。全くその通りですもんね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-06-25 15:17
ダヴィデさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
ヴェトナムに行っていたんですね?どうでした、ヴェトナム?一回、行ってみたいんですよねぇ……あちらの薔薇って言うことは輸入なのかな?高かったでしょう?そうそう、「インドシナ」の時にドゥヌーヴが泊まったホテルに泊まりましたか?チップを全く置かずに評判悪かったそうですね(笑)ヴェトナムの薔薇の写真ありますか?見てみたいなぁ……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-06-25 15:26
天敵Aさま。
こんにちは。お元気ですか?
そろそろ今シーズン最後の「出張」にお出掛けかも……存分に楽しんで来て下さいね。さて、天敵Aさまのおなかが鳴る音……きんの鳴き声に似ているんじゃなくて同じなの(笑)超低周波音だったから皆には聞こえなかったかもしれないけれど、僕は聞き逃しませんでした(笑)それにしてもいい庭でしたね!何時間でもいたいくらいでした。所で、HISAKOさまと同じ日に同じ所を取ったのにそれぞれが違っていて面白かったですね。来年は是非、ツアーに参加させて下さい。いいですよ、無料奉仕でも(笑)その代わり、交通費と食費は出して貰いますからね。大丈夫、雇い主みたいに鯨飲馬食じゃないから(笑)

僕、ニゲラの陰に隠れて皆さんの凄まじい様子を眺めておりました(笑)薔薇をカットして貰った時の輝いた少女のような顔!いつもああだといいのにね!(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-06-25 15:33
cream teaさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
お元気でしたか?毎日〜暑いですねぇ……。
さて、庭って本当に正直ですよね。手を掛けてあげれば何倍にもなってお返しをしてくれます。薔薇だって、一輪が数輪の房になりそう(笑)かと言って、過保護はダメだし、植物ってなかなか難しいですね。笑い声と言うか怒号と言うか(笑)僕等が帰った後は台風一過のようだったんじゃないかって思います(笑)いつか素敵な庭を持ちたいですね……小さな薔薇園とかね。一緒に運営したいですね!その日が来るように頑張りましょうね!

Benoit。
Commented by コアラ at 2010-06-30 07:57 x
ブノワ。様、おはようございます。
玉置さんの今年の春のお庭、素敵だったことでしょうね。
私も何度か寄せていただいているので、夢のような光景を思い描いております。
楽しいひとときを過ごせて最高だったことでしょう。
素敵なお母様はお元気だったでしょうか?
Commented by souslarose at 2010-07-01 06:28
コアラさんへ。
おはようございます。
メッセージどうもありがとう。
凄く素敵な時間を過ごしました。これも皆、美しく手入れをなさっているお母さまや一緒に行った気の置けない友人達のお陰。そして、急な訪問を快諾して下さった玉置さんのご親切のお陰です。これだけ沢山の植物があると手入れが大変でしょうね……お母さま、今頃、大汗ですね。

Benoit。
Commented by メアリー at 2010-07-01 12:46 x
十四年前大病をして生死の境を彷徨った後なんとか退院して最初にみたのが、オールドローズとイングリッシュローズの写真とエッセイの美しい本でした。そのなかで一際心ひかれたのが、ピエールドロンサール。マンション住まいなのにプランターに植えて楽しみました。それがきっかけで今では十五鉢のイングリッシュローズを育てています。大病の後の鬱も薔薇の美しさと生命力に助けられて、無事乗り越えました。一冊の本が与えてくれた素晴らしい出会いに感謝。ブノワさんのブログもそんな良き出会いをもたらしているに違いありません。
Commented by souslarose at 2010-07-02 18:24
メアリーさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
14年前ですか……今はスッカリいいようですね。何か弱った時、折れそうになった時に出会ったものって一生忘れませんよね。メアリーさんはいいものに出会いましたね!そしてドツボ(笑)薔薇はね、底なし沼ですからね!用心してかからないといけません(笑)メアリーさんの場合は素晴らしい一冊の本だったみたいですが、もしかしてこのへっぽこブログも皆さんの何かのお役に立っているかもしれません……そう考えると下手なことは書けないし、背筋がピィ〜ンとする思いです……って、頑張っても大した事は書けないのですけどね(笑)「Pierre de Ronsard」……今年は如何でしたか?沢山咲きましたか?

Benoit。
by souslarose | 2010-06-20 00:00 | Under the Rose | Comments(20)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30