女房元気で留守がいい。

b0168859_21271119.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

寂しいけれど、麗しい薔薇のシーズンも終わろうとしています。
毎年〜必ず何かが起こる薔薇のシーズン。
新芽の時機に強風が吹いたり、満開の頃に長雨に降られたり……。
今年は蕾が作られる4月に極度の日照不足……。
なんでも観測を始めて以来、一番短い日照時間だったとか。

毎年、薔薇にとって何かしら不都合な出来事が起こるけど、
薔薇は花の多い少ないや開花時機のズレこそあるものの、
律儀に美しい姿を僕らに見せてくれます。
一つ一つの花の開花に一喜一憂するのは僕ら薔薇ファン。
そして、体力を振り絞り、乏しい財力、がま口を逆さまにフリフリし、
開花時期と睨めっこして時間をやり繰りし、
各地の薔薇園や個人の素晴らしい庭を見るために東奔西走、
神出鬼没、瞬間移動的な荒技で日本国中薔薇を追いかけてウロウロソワソワ(笑)

こと薔薇に関しては女性の方が凄いです(笑)
瞬発力、執念(失礼!)その他、情熱的なことに関しては男性の比じゃありません。
僕の友人も、「国際バラとガーデニングショウ」に日参。
今日は東京の某所で薔薇の講習会、明日は関西方面に薔薇が素敵なお宅訪問。
一旦、帰宅して今度は九州に出掛け、とんぼ返りして
今度は中部地方に車を駆って、翌日からは自宅でオープンガーデン!
この先も軽井沢で薔薇三昧、東北、北海道と旅の日程が目白押しです。
疲れを知らぬ女性陣……その情熱たるや恐ろしいほどです(笑)

世の男性陣、特にご主人たちはと言えば……。

鬼の居ぬ間に……じゃなくって、愛妻が不在の内に羽根を伸ばし(笑)
メタボ解消で厳しい食事制限も何のその、好きなものをたらふく食い、
邸内禁煙の厳しいお達しを無視し、一杯やりながらプカプカ煙草を燻らせます。
勿論、吸った後のシュッシュ!ファブリーズは欠かせません(笑)
ホタル族返上でスッキリした後は好きなだけテレビを見て、
いつもは「だらしない!」と叱られる食後のゴロ寝も満喫。
日曜日だったら一日中寝間着のままでゴロゴロ。
まるで粗大ゴミのように掃除機に追い立てられる事もありません(笑)
おっかない女房が居ぬ間に後輩と会社の近くで一杯やるもよし、
寄り道してゲームセンターに寄るもよし。
午前さまになろうと何のその、鬼の女房は一泊で薔薇三昧(笑)
兎に角、女房どもは「可愛い!」を連発して東奔西走。
食事を作り置きしてくれていれば御の字、
それも後ろめたさからか結構、豪勢だったりします(笑)
もしなくてもコンビニの弁当だってなかなかイケるこのご時世。
薔薇の季節は世の男性陣には天国になるのです(笑)
世の女性陣、あっちこっち薔薇を追いかけて午前様、
一応、良心の呵責があるみたいで(笑)暫くは何となく優しかったりします。

 「ただいまぁ〜!」

柄にもなく可愛らしい声で帰宅の挨拶(笑)

 「留守中、大丈夫だったぁ♥?」

留守番を労う言葉も何となく裏返っています。
本人はバレていないと思っているのでしょうが、
薔薇友さんから分けて貰った挿し木苗、薔薇園で我慢出来ずに衝動買いした苗の数々……。
コッソリ庭の片隅に隠されているのを見逃すほどバカではありません。
でも、そこは見て見ぬ振りを決め込みます。
女房をいい気分にさせておくのも夫婦円満の手なのです。
どうせヘタクソでスグに枯らしちゃうんだから!(笑)

 「女房元気で留守がいい……。」

世の中、何となく上手く行っていますね!(笑)

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

写真は先日の「おはようローズガーデン」で撮った1枚。
確か……「Village Maid」だったかな?
相変わらず薔薇に関してはいい加減な僕です。
およそ15つの違う名前を持つこのストライプの薔薇。
モダン・ローズのストライプと違って上品この上ありません。


05. 06. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-06-05 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31