Remi Chang……心に輝く宝石を……。

b0168859_22124912.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

過去最悪ではないかと思われるほど不安定な天気が続いた4月。
僕等、人間の心配をよそに帳尻を合わせて咲く花々。
5月の声を聞くとそろそろ薔薇のシーズンの始まりです。

さて、今日は僕のオリジナルの薔薇のシリーズの中から
「Remi Chang」の話しを聞いて下さいね。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

僕がレミと初めて会ったのは新世紀を目前にした2000年の暮れ……。
あの年末は、親友夫妻と4人で新世紀をパリで迎えると言う趣向でした。
僕は、友人の奥さんと二人で先陣を切ってパリ入りしていたんです。
後生大事に取ってあった僕が生まれた年の
「Chateau Cheval Blanc」と「Chateau d'Yquem」を持って、
新世紀を大好きなパリで過ごす……数年前からの計画でした。
友人に、美味しくて、感じがいいからと教えられたマレ地区の中華レストラン。
レミはそこのレストランで働いていました。
彼の人柄でお客が集まって来ると言っても過言ではないくらい、
それくらい皆の人気者のレミ。後で聞く所によると、
レミの奥さんと義理のお兄さんと一緒に店を切り盛りしていたとか……。

旅先のバターたっぷりの料理に飽き、お米が恋しくなるとレミの店に通いました。
パリでは和食はお高いですから。しかも量はチョッと……パリでラーメンって言うのもねぇ(笑)
何度も通ううちに親しくなり、何回目かの夏にお願いして写真を撮らせて貰うことになったんです。
レミのレストランのランチと夜の営業時間の間、
僕が1ヶ月借りていたサン・ルイ島のアパートの部屋に来て貰い撮った写真が今日の1枚。
約2時間、僕の赤ちゃん英語で何をどうやって喋ったのか、
兎に角、リラックスして貰わなければとビールを飲みながらの撮影でしたっけ。
最後には話しながらの撮影がとても楽しく感じられ、
何と、アッと言う間にフィルム6本を撮ってしまいました(笑)

お互いに色々とあって、ここ何年も無沙汰していますが、
今回、僕の薔薇に彼の名前を付けようと思った理由はただ一つ。
レミが心に大きなダイヤモンドを持つ人だからです。
レミが優しくて感じが良く、人柄がいいのは僕の友人の間でも有名なんですが、
僕しか知らなくて、誰にも言っていないエピソードがあります。

あれは気怠い夏の午後のこと。写真を撮らせて貰うために、
ランチが終わる時間を見計らって店までレミを迎えに行った時のことでした。
偶然、僕は木陰から見てしまったんです。
レミの店の入口にフラリと立ち寄ったホームレスの人に、
レミがイヤな顔一つせず友達のように暫く会話した後、軽く肩を抱き、
別れ際に握手をすると見せて、他からは分からないように、
ポケットからお金を出して手渡していたのを……。
端から見るとそれはごくごくありふれた街角の光景ですし、
僕も初めは全く気付かなかったんです。
レミと別れた後、そのホームレスの人が握手した手を広げてみるまでは……。
見ていた僕に気付くと、レミは恥ずかしそうに頬を赤く染め、
踵を返して店の奥に引っ込んで行きました。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
b0168859_22132753.jpg
僕が薔薇の交配を始めた一番の理由は、
出来た薔薇に自分で名前を付けられるからなんです。
それも、出来るなら人の名前を付けたい……そう思っています。
レミと話ししている時に趣味でやっている薔薇の交配の話しになり、

 「君の名前を僕の薔薇に付けるからね。」迷わずそう言ったのです。

これは僕とレミの男と男の約束。
レミこそ薔薇に相応しい人……僕はそう思うのです。
誰もが心に大きな宝石を持ってこの世に生まれます。
でも、その大事な宝石は無くしやすく、
無くしてしまったら2度と手に入らないのです……。
心に大きなダイヤモンドを持つ僕の親友レミ・チャン。
彼こそピンクの愛らしい薔薇に相応しいです。

これが僕とレミと薔薇「Remi Chang」の物語。
非常に個人的なエピソードですが、
薔薇の名前って元来そう言う物だと思いませんか?


27. 04. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by キチ at 2010-04-27 00:34 x
Benoit。 さん、

こんばんはです。
第2章(第2話)も心に残る素敵なお話しですね。
心の中の宝石か・・・私はまだあるかなぁ・・・
あるのなら、磨いて光輝くように手入れ(行動)しなければなりませんね。

Benoit。さんの今回の記事を読んで、人の出会いは偶然なのか・・・それとも必然なのか・・・考えさせらました。
次のも楽しみにしております(^_-)-☆
Commented by takasi at 2010-04-27 07:02 x
とても素敵な話
ありがとうございました。
薔薇の魅力のひとつは
その名前の由来だとおもっています。。
Benoitさんの今回のバラのネーミングの話
すごく心に響きました。
Commented by at 2010-04-27 15:15 x
Benoit。さん、こんにちは。

心温まるお話ですね。この花が咲くたびに、このエピソードを思い出して、花の数だけ気持ちがおだやかになりますように。苗木に、エピソードのメッセージカードが付いていたらいいなあ。
このメッセージを胸にみんながこの薔薇を育てていたら、いつの日か、エピソードを知らない人もこの薔薇を手にしたら、薔薇自身が受け取った人に伝える様になることでしょうね。
Benoit。さん、まだあと何百年も生きそうだから、見届けられそう(笑)
Commented by あけ at 2010-04-27 20:46 x
薔薇にも優しい感じが出てるね♪

ブノ。ちゃんの名前の薔薇は作らないの?
きっと天邪鬼で、冬咲きの薔薇だったりして・・・・(笑)
Commented by すみれん at 2010-04-28 21:58 x
Benoit。さん こんにちは。
心と瞳がうるっとするエピソードありがとうございました。

つい、薔薇の育て方にばかり気持ちがいってしまいますが、
これからは その名前にも注目して、出自を調べてみたり、作者の思いをアレコレ想像したりして 愉しみたいと思います。

これでますます 今年初めて行く予定の国際薔薇とガーデニングショーで
Bunoit。さんの薔薇と出会うのが待ち遠しくなりました。

ところで、前回4月18日の薔薇 と~~~~~ってもステキです
しつこいですけれど・・・・写真集の発売待っています!
Commented by mchouette at 2010-04-29 07:08
おはようございます。夜半からの凄い風雨の音に眼が覚めて、休みだというのに早起きです。
この方なんですね、「レミのおいしいレストラン」
映画「レミーの美味しいレストラン」の主人公に雰囲気がにているわぁ。
ブノワ。さんが偶然目にした素敵な光景。こんなのみたら本当に「なんて、いい奴なんだ!」って思わずにはおれませんよね。営業スマイルではなくって人柄なんですね。先日Wowowで観たウィル・スミス主演の「7つの贈り物」で主人公が贈り物を提案した男性が「どうして私に?」てって質問に「あなたは誰も見ていないところでもいい人だから」と答えるシーンを思い出したわ。
素敵なお話と、ブノワ。さんからレミへの素敵な贈り物。
それぞれに世界に一つだけの宝物を相手から頂いたのね。
こんな素敵な人と出会えたブノワ。さんは本当に幸せな奴!
Commented at 2010-04-29 20:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ムー at 2010-05-02 01:55 x
いいお話です、本当に。
バラの名前にはミセス~やマダム~が多いけれど、
最愛の人より案外パトロンの奥さんとか、
昔の事だからそういうのもあったんじゃないか、とひねくれた私は思っている。

「心映えが美しい」なんて言葉が久しぶりに口から出ました。
そういう人ですねレミさんは。
はにかみ屋のバラって雰囲気とチャイナローズが親ってところ、まさにぴったり。
嬉しいだろうなーレミさんも。
Commented by souslarose at 2010-05-07 20:03
キチさんへ。
こんばんは。外は強い雨……やっぱり薔薇の時期は何か起こりますね。いつもメッセージありがとうございます、お元気ですか?心の宝石……これだけは言えますが、無くしたら絶対に2度と再び手に入りません(笑)キチさんは大丈夫ですよ。心にドでかいダイヤモンドを持っています(笑)僕が保証します。でも、日々、磨くことも忘れちゃダメなんでしょうね……僕はどうかな?何だか怪しいです。この記事を書いたら無性にレミに会いたくなりました。元気かな?いいパパになっているかな?
次の第3章ですが、国際バラとガーデニングショウ前に残りの2つも書く予定だったんですがあえなく断念……気長に待っていて下さいね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-05-07 20:09
takasiさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
初メッセージ、とても嬉しいです。僕も同感です、takasiさんが仰言るように、薔薇の魅力の一つはそのネーミング……絶対に口が裂けても言えませんが、中にはヒドいものもありますから……。レミは本当にいいヤツです。香港生まれ、アメリカ育ちで現在はパリですが、中国人のいい気質が非常に良く出ているんだと思います。takasiさんも絶対に好きになりますよ。いよいよ「国際バラとガーデニングショウ」ですね。takasiさんは何時いらっしゃいますか?

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-05-07 20:12
碧さんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとう!
そう、予定では後60年は生きますからね(笑)その間に医療が発達して70年かな?僕の薔薇がどんな風に伝えられて行くか楽しみですね。もっとも、数年前の人気品種が現在、全く顧みられないことからすると行く末が案じられますが……。薔薇にまつわるエピソード……素敵なものが多いですよね。僕もエピソードに負けない薔薇を作らなくっちゃ!(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-05-07 20:20
あ〜けさん!
こんばんは。嫌な雨だねぇ……元気にしている?
僕の名前の薔薇?ブノワ・マジメルさんに名前を貰えなかったらヤケクソで「ブノワ。」なぁ〜ンて一瞬考えたけれど、花は咲かない&刺だらけ&枝が暴れる……でも、美しい刺は自信あるんだけれど(笑)花に優しい感じが出ている?ありがとう!あけさんがパリに行くならレミのレストラン教えてあげる。中華を辞めて自分で店出してるの。ビストロだよ。「何で中華じゃないの?」って聞いたら、「だって、ビストロだったら料理をワンプレートで盛付けられるでしょう?中華は一品一品だから大変!」だって(笑)レミは商売人です(爆)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-05-07 20:30
すみれんさんへ。
こんばんは。素敵なメッセージどうもありがとうございます。
素晴らしく美しい薔薇でマダムの名前が付いていて……実はそのマダムがどんな人なのかヴェールに包まれていることが多々ありますよね。どんなに調べても出て来ない(笑)却ってそんな薔薇の方が魅力的だったりして……。「Dainty Bess」なんて好きなんですよ。可愛らしくて凄く素敵。とっても私的ではあるけれど、それがどうしたの?って言うくらいの圧倒的な名前の魅力があります。頑張ってつけた僕の薔薇の名前……どうでしょう、今度、感想をお聞かせ下さい。初めての「国際バラとガーデニングショウ」満喫して下さいね!凄いですから!そして、もし変なのがいたら声を掛けて下さい(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-05-07 20:39
chouetteさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージどうもありがとうございます。
特に今日は素敵!(笑)そう、それぞれにね!世界に一つだけの宝物……レミは本当に素晴らしい奴なんです。発音的に言うと、「レミ」じゃなくて「レミー」じゃなくてその中間くらいにちょっと伸ばす感じ……レミはね、僕のことを名字で呼びます(笑)どうやら外国人には下の名前は言いにくいらしいです。「誰も見ていないところでいい人……。」僕には無理だなぁ(笑)choueteさんはどうですか?chouetteさんはきっとそうかもしれませんね。誰も見ていないところでいい人……そんな気がします。最近ですね、結構、嫌な事もあるんですけど、chouetteさんのメッセージを読ませて貰ったりレミのことを思い出すと気が晴れます。いつか「chouetteさん、こちらがレミ……。」そんな時が来るといいですね!もうスグ「国際バラとガーデニングショウ」です。chouetteさんにも来て欲しいなぁ……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-05-07 20:40
親切な方へ。
こんばんは。そうなの、凄い早とちり(笑)
それくらいバタバタしていたって言うことで堪忍して下さい(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-05-07 20:47
ムーさんへ。
こんばんは。いつもメッセージをスミマせん。
僕も同感です。ひねくれてなんかいませんよ(笑)きっと色々あったと思います。後になって僕等が想像するような綺麗ごとじゃなくて、もっと、ドロドロした何かが(笑)今は殆どなくなってしまいましたが、昔はパトロン、パトロネスってありましたからね。色恋抜きに、優れた人材を支援することって殆どなくなってしまいました。何でしょうね、そう言う文化がなくなった?話しは脱線しますが、僕が億万長者だったら杉村さんにブロードウェイで「欲望という名の電車」をやって貰ったのに……。レミは自分を滅してでも何かをしてあげる価値のあるヤツです。レミの心の宝石の輝きで、とっくになくなった僕の心の宝石も復活出来るかな?(笑)最近は全然会えませんが、積もりに積もった話しが沢山あるのに……いつかムーさんにも紹介しますね。

Benoit。
Commented by Baroncia at 2010-05-11 16:12 x
ブノワ。さん、おはようございます。
イタリアは春からずーーーーっと、雨、雨、雨!
毎朝どんよりした空を見ながら、ため息ついてます。
さてレミさんのエピソード・・・
この薔薇の名前の由来は、
実はとても気になるところでした。
人の名前だろうとは思いつつ、何故、ブノワ。さんが
この方の名前をつけようと思ったのか・・・
心に響くエピソード。
それに相応しい、少しはにかんだピンクの輝く薔薇。
いつか、必ずこの薔薇を手にしてみたいです。
私もいつか何かの名前につけてもらえるぐらい精進しなくっちゃ!!(笑)雑草でもいいやーー!!
Commented by souslarose at 2010-05-12 05:23
baronciaさんへ。
おはよう!元気にしていますか?
イタリアは雨なんですね?しかも春からズゥ〜っと?
それは困ってしまいますねぇ……実は東京も不順な天気が続き、昨日も今日も雨なんですよ。世界的かもしれませんね、この異常気象……。
さて、レミは本当にいいヤツです。実は、昨日は「国際バラとガーデニングショウ」の開会式でした。コマツさんのブースを見ましたが、このレミが沢山咲いていて辺りにいい匂いを……専門家の評判も「育てやすい」と良くてホッとしています。皆さんに沢山、沢山可愛がられますように!baronciaさんもいつかきっと!こちらから送れるといいのですけどね……。baronciaさんの名前の花……何がいいでしょうね?大丈夫、baronciaさんは心に大きなダイヤモンドを持っているから!そんな事より、自分で交配したらどうです?そして自分で自分の名前をつける(笑)これまた素敵なことですよ!

Benoit。
by souslarose | 2010-04-27 00:00 | Under the Rose | Comments(18)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30