Remi Chang……心に輝く宝石を……。

b0168859_22124912.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

過去最悪ではないかと思われるほど不安定な天気が続いた4月。
僕等、人間の心配をよそに帳尻を合わせて咲く花々。
5月の声を聞くとそろそろ薔薇のシーズンの始まりです。

さて、今日は僕のオリジナルの薔薇のシリーズの中から
「Remi Chang」の話しを聞いて下さいね。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

僕がレミと初めて会ったのは新世紀を目前にした2000年の暮れ……。
あの年末は、親友夫妻と4人で新世紀をパリで迎えると言う趣向でした。
僕は、友人の奥さんと二人で先陣を切ってパリ入りしていたんです。
後生大事に取ってあった僕が生まれた年の
「Chateau Cheval Blanc」と「Chateau d'Yquem」を持って、
新世紀を大好きなパリで過ごす……数年前からの計画でした。
友人に、美味しくて、感じがいいからと教えられたマレ地区の中華レストラン。
レミはそこのレストランで働いていました。
彼の人柄でお客が集まって来ると言っても過言ではないくらい、
それくらい皆の人気者のレミ。後で聞く所によると、
レミの奥さんと義理のお兄さんと一緒に店を切り盛りしていたとか……。

旅先のバターたっぷりの料理に飽き、お米が恋しくなるとレミの店に通いました。
パリでは和食はお高いですから。しかも量はチョッと……パリでラーメンって言うのもねぇ(笑)
何度も通ううちに親しくなり、何回目かの夏にお願いして写真を撮らせて貰うことになったんです。
レミのレストランのランチと夜の営業時間の間、
僕が1ヶ月借りていたサン・ルイ島のアパートの部屋に来て貰い撮った写真が今日の1枚。
約2時間、僕の赤ちゃん英語で何をどうやって喋ったのか、
兎に角、リラックスして貰わなければとビールを飲みながらの撮影でしたっけ。
最後には話しながらの撮影がとても楽しく感じられ、
何と、アッと言う間にフィルム6本を撮ってしまいました(笑)

お互いに色々とあって、ここ何年も無沙汰していますが、
今回、僕の薔薇に彼の名前を付けようと思った理由はただ一つ。
レミが心に大きなダイヤモンドを持つ人だからです。
レミが優しくて感じが良く、人柄がいいのは僕の友人の間でも有名なんですが、
僕しか知らなくて、誰にも言っていないエピソードがあります。

あれは気怠い夏の午後のこと。写真を撮らせて貰うために、
ランチが終わる時間を見計らって店までレミを迎えに行った時のことでした。
偶然、僕は木陰から見てしまったんです。
レミの店の入口にフラリと立ち寄ったホームレスの人に、
レミがイヤな顔一つせず友達のように暫く会話した後、軽く肩を抱き、
別れ際に握手をすると見せて、他からは分からないように、
ポケットからお金を出して手渡していたのを……。
端から見るとそれはごくごくありふれた街角の光景ですし、
僕も初めは全く気付かなかったんです。
レミと別れた後、そのホームレスの人が握手した手を広げてみるまでは……。
見ていた僕に気付くと、レミは恥ずかしそうに頬を赤く染め、
踵を返して店の奥に引っ込んで行きました。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
b0168859_22132753.jpg
僕が薔薇の交配を始めた一番の理由は、
出来た薔薇に自分で名前を付けられるからなんです。
それも、出来るなら人の名前を付けたい……そう思っています。
レミと話ししている時に趣味でやっている薔薇の交配の話しになり、

 「君の名前を僕の薔薇に付けるからね。」迷わずそう言ったのです。

これは僕とレミの男と男の約束。
レミこそ薔薇に相応しい人……僕はそう思うのです。
誰もが心に大きな宝石を持ってこの世に生まれます。
でも、その大事な宝石は無くしやすく、
無くしてしまったら2度と手に入らないのです……。
心に大きなダイヤモンドを持つ僕の親友レミ・チャン。
彼こそピンクの愛らしい薔薇に相応しいです。

これが僕とレミと薔薇「Remi Chang」の物語。
非常に個人的なエピソードですが、
薔薇の名前って元来そう言う物だと思いませんか?


27. 04. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-04-27 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31