Benoit Magimel と言う名の薔薇。

b0168859_21571977.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

「My GARDEN 54号」にて僕の薔薇の名前が発表になりました。
皆さん、色々な感想を持たれたようで、
お話を伺うたびに「フムフム……。」楽しく聴かせて戴いています。

さて、「My GARDEN」のそれぞれの薔薇のキャプションにも
品種の解説に添えて簡単な名前の由来を書きましたが、
これから4回にわたってそれぞれの薔薇について、
「僕の物語」を書いてみたいと思います。
今日は巻紙的に長いですよ!覚悟して読んで下さいね(笑)

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

先ず初回の今日は、薔薇の名前を決めるにあたって、
一番、劇的&感動ものだった「Benoit Magimel」について……。

この白い薔薇、モダン・ローズとオールドローズの掛け合わせによって、
両親とは似ても似つかない薔薇に生ま変わりました。
初めに見た時に、誰か人の名前を付けたい……そう思ったのです。
パッと浮かんだのはフランスの俳優ブノワ・マジメルでした。
そう、女優というより男優のイメージを感じたんですね。
ハンサムで演技力抜群の若きフランスの俳優ブノワ・マジメル……。
僕は一度、4年前のフランス映画祭でブノワ・マジメルにお目にかかっています。
お目にかかったと言うのは少し語弊があるかな……。
映画の上映の後に長蛇の列に並んでサイン貰ったんです。
長くなりますから、興奮の様子は以前の記事を読んで貰うとして(笑)、
会話の中で薔薇に名前をつけることを快諾してくれたブノワ・マジメルですが、
その薔薇が実際に世に出る、販売されるとなると話は別です。
去年の11月に改めて諸々の書類と薔薇の写真を数枚、
「My GARDEN 52号」と「アンを探して」のパンフレット、
それから手紙……これは、所謂、ビジネス・レターの形式はとらずファンレター。
あと、僕の写真!例の著者近影(笑)だって、OKしたものの、
彼だって相手が一体どんな人か知りたいだろうし……。
(OKした後で髭のオッサンだと知ったらイヤでしょう?)
それらをEMSでフランスのエージェントに送った訳です。


だけど、いつになっても梨のツブテ……エージェントの担当の女性は、

 「彼にはキチンと伝えたわ。もし興味を持ったら連絡が行くから待っていて。」

と、ニベもありません。
いかにもフランス女性らしく自信たっぷり「私の仕事はしてるわよ!」って(笑)
「My GARDEN」で薔薇の名前を発表すると決めていましたから、
当然、締切がありますね……これはきっと返事は来ない……。
覚悟を決めて代わりの名前を探し始めたのが原稿締切の2週間前。
代わりの名前って言ったってねぇ……スッカリその気でしたから(笑)
登録商標の先生に相談し、二転三転どころか六転くらいして、
ようやく気に入った名前を見つけました。
(この名前はいつか他の薔薇に使うので内緒!)
原稿を書き替え編集部に送り、レイアウトに原稿を流したものをチェック。
最終の赤字を入れてホッとしていたある日……。

その日は偶然にも仕事が午前中で終わり、昼過ぎに帰宅しました。
いつもはあまり開けないポストを開けて中を覗いて見ると……。
何と、請求書の山に紛れて(笑)フランスからの手紙が……。
差出人の名前を見ると……な、な、な、な、何とブノワ・マジメルからの手紙!
三段跳びで階段を上がり(笑)戯れつく猫を足でいらい(笑)
慌てて封を切ると、そこにはこんな内容の実筆の手紙が入っていました。


 「先ず、僕の英語、上手くなくてゴメンなさいね。
  貴方の手紙を読んで感激しました。薔薇に僕の名前を付けてくれるとか……。
  これ以上、光栄なことはありません。是非、宜しくお願いします。
  貴方が申し出てくれたお礼の件ですが、僕はいいから日本の恵まれない子たちや、
  貴方が必要と思う団体に寄付してください。
  それから一つお願いがあります。僕の名前が付いた薔薇を一輪、
  ドライになっちゃうけど小箱に入れて送ってくれませんか。
  貴方の大きな大きな成功を心より願っています。」


か、か、か、可愛らしいですよね。ピュアで清々しい手紙でした。
カァ〜っと頭に血が上りますね(笑)天下のブノワ・マジメルから実筆の手紙。
寄付の件は1988年の彼の出世作、「人生は長く静かな河」で、
不幸な生い立ちのモモ少年を演じた彼ならではの優しい提案?
チラリとそんな事も頭をかすめたりもしましたが、
その次に、真っ先に頭に浮かんだのが、
まだ「My GARDEN」の原稿の差し替えが間に合うだろうか……と、言うこと。
安藤編集長に電話をすべく携帯電話に手を伸ばしましたが、
待てよ、もう一回、手紙の内容をよく読んで、
どこかに否定の単語がないかどうか調べます(笑)
電話口の安藤編集長は、一瞬、驚いたものの、
終始、落ち着いてにこやかに対応してくれました。
先ず、印刷会社に連絡してくれたんですが、折り返し電話がかかって来てビックリ。
なんと面付けを終え最終の校正を済ませたら印刷に回る寸前だったそうです。
20分だけ時間を貰い、慌てて原稿を書き替えようと焦るものの、
頭の中は真っ白(笑)そう言う時に限って掛かってくる友人からの電話、
膝に載って来て邪魔をする猫軍団(笑)どうにかこうにか原稿を書きあげ、
メールで安藤編集長宛てに送り終えた時の脱力感(笑)
そのドタバタの結果が皆さんが御覧になった「My GARDEN」と言う訳です。

しかし僕って何という強運の持ち主!
ギリギリで本当に願った名前を薔薇に付けることが出来ました。
エージェントの住所を調べてくれたフランスの親友夫妻。
手紙を翻訳してくれた悪友の私設秘書(笑)、
キッチリと仕事をこなしてくれたエージェントの女性、
ギリギリのドタバタにイヤな顔一つせず対応してくれた安藤編集長と
印刷会社の担当者の方々、本当にありがとうございました。
あと、仕事が半日で終わったことも!終わるのが一時間でも遅かったら
ブノワ・マジメルの薔薇はこの世に誕生しなかった訳ですから……。

そして誰より、薔薇に名前を付けることを許して下さった
ブノワ・マジメルに感謝、感謝!貴方のお陰で胸に小さな灯が点りました。
単純な僕は、既に彼とマブ達になった気分です(笑)
5月の薔薇の時期には一番美しい一輪を小箱に入れて贈りましょう。
映画「カサブランカ」の最後の台詞を添えようかな?(笑)
ルイをブノワに替えて……。

 「Benoit, I think this is the beginning of a beautiful friendship.....」

これが僕とブノワ・マジメルと薔薇「Benoit Magimel」の物語。
誰のものでもない僕達だけの物語。
何れこのドタバタをブノワ・マジメルご本人に伝えましょう。
さて、次にこの薔薇を手にしてご自分の物語を作るのは貴方です!


03. 28. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by 宮平貴子 at 2010-03-27 22:52 x
こんな素敵な物語に、ほんのちょっとでも(笑)『アンを探して』が、タッチしてたことが嬉しいです。ほんとに想いって通じるものなんだなぁ、、感動しました。ありがとうございます。実は『アンを探して』も、4月17日に東京シネマート六本木、4月10日に大阪シネ・ヌーヴォ、5月1日に兵庫のシネ・ピピアで凱旋上映が決定しました。

想いは通じる...。ありがとうございます。
Commented by raretaste at 2010-03-28 09:47 x
おっはよーございます。ブノワさん。
近々フレさん講座が再開できそうなので、ちょっとテンションが高めなわたくしです。
ジュリエット・ビノシュが好きなので、頭の中で<ブノワ>という音になにか引っかかる物があったのですが、マジメルさんに行きつかないオマヌケさんでしたわ(苦)なるほど、白バラは清冽な美男子のイメージ、勝手なイメージがあります。でも逆に色気もたっぷりで彼にぴったりですね。

美しいロゴマークを目がけて突進するか、はたま表面は余裕しゃくしゃく早歩きで<KOMATSU>文字を目指すか・・・うーん、知り合いに見られたくない姿ですがしかたないでしょうな。
Commented by おめめ at 2010-03-28 11:09 x
ブノワ。さんって、良かったですね!
このバラの名前が決まるまでに、このようなエピソードがあったなんて
私も感激してしまいます!
ブノワ・マジメルさんも、粋な方ですね!
素敵~!!
バラの素晴らしさって、こんなこともあるのですね。
このバラを見るたびに、この物語を思い出せて幸せな気持ちになりますね。
我が家に是非、迎えたいです!
Commented by rosedeco at 2010-03-28 12:40
ブノワ。さん こんにちは。
ブノワ・マジメルさんのお手紙、ピュアで素敵な可愛らしいお手紙ですね!
ブノワ。さん本当に良かったですね!
この白薔薇には、ブノワ。マジメルという名前意外考えられないです。
色んな思い、出会い、
薔薇っていいなあって又、思いました。
この素敵なエピソードを聞いたら、
ブノワ・マジメルさんが私にとっても特別な感じ(^^)
素晴らしい俳優さんですが、特別応援したくなります。

あと3つの素敵なお話し、楽しみにしています。

 
Commented by ダヴィデ at 2010-03-29 13:33 x
お久しぶりです。凄い話ですね、思わず興奮してしまいました(笑)成せば成る・・・勇気を頂きいた気がします。これからも頑張ってください。
Commented by 久枝 at 2010-03-30 01:14 x
久々に書き込みます大野先生隠れファンのひさりんです。

バラの名前のエピソード 素敵ですね
バラだけではなく 花の仕事を長年やっていると 色々な人と出会います

そのきっかけが花 出会ったきっかけとなった花を見ていると 色々な事 出会った人達の顔が浮かんできます。

私は昔 末期癌をかかえた女性の患者さんにテラリュウムを病室で教えた思い出があり
その患者さんが 一生懸命植えていたドナセナ

ドナセナを見ると 彼女の事を思い出します

植物は人と人を繋ぎ安らぎを与えてくれますよね
Commented at 2010-03-31 19:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あけ at 2010-03-31 21:47 x
ブノ。ちゃんが朝から並んでる姿なんて想像出来ないわ(笑)
でも、会って、薔薇に名前を付けたいって
言う勇気がすごいよなぁ~!!
そして、本人お墨付きの薔薇なんて・・・・・・・
こんな幸せな事はないわよね♪

あ、じゃ、あけの作出の「与作」はどうしましょう?
北島御殿に行って、
親分のお帰りを入り口に張ってなきゃ駄目かしら?(笑)

さて、実際にこのブノア・マジメルの白い薔薇に会えるのももうすぐね。他の薔薇達の話も楽しみにしています!!
Commented by cream tea at 2010-03-31 22:35 x
薔薇の名前にまつわるエピソードが
あまりにも劇的で、こちらまで興奮してしまいます。
強く思うことは、いずれ必然として目の前にやってくる
そんな気がしてなりません。
願っていることでも、どこかで自分があきらめてしまったり
余計な思いがよぎってしまうと、
違う方向へ進んでしまうのかもしれませんね。
私も信じて進んでいくぞ!という気持ちになりました。
映画で見る彼の姿もとても魅力的でしたが、
実際の彼の人間性はさらに素敵ですね。
きっと、薔薇が贈られた際には心から喜ばれることでしょう!

Commented by ムー at 2010-04-01 00:38 x
チャンスの神様には前髪しかないから通り過ぎたらもう掴めないそうですけど、
ブノワ。さんにはためらわずガバッと!抜けるほど掴みますね。
ほらメリル・ストリープさんの時も。
そして約束を果たすところが素敵なんですよね。
そして心のこもったお返事がきた!
「僕たちの美しい友情のはじまり」
ボクタチですもんねー、すごいなー。
よだれを垂らしてないで私も物語を作らなきゃ、その前に相手を探さなきゃ。

あと3つの物語があるんですね。
う~~どんなんだろう。


Commented by ナツ at 2010-04-01 22:09 x
ブノワ。さん、はじめまして。
いつも見せていただいていたのですが、なかなかコメントできずにいました。今日は思い切って・・・。

ブノワ・マジメル氏からのお手紙、感動しました。
正直で優しくてとっても素敵な方ですね。
そんな素敵な方の名前がついたバラは、さらに美しく見えてきます。
ほんのりピンク味をおびた白バラは、オールドの雰囲気をたくさん残しているように思いました。

また物語を楽しみにしています。
Commented by キチ at 2010-04-02 22:30 x
Benoit。 さん、

バラの名前が誕生するまでの素敵な物語です。
名前の変更の可能性があったのにも関わらず・・・このバラには、Benoit。さんの思いのこもった「ブノワ・マジメル」と命名されたんですね。
信じていれば・・・前を向いていたら・・・願ってたら・・・きっと良い事ありますよね。
読んで感動しました。

他の3つの物語も待ち遠しいです(^_-)-☆
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:03
宮平貴子さま。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます!
凄く効果的だったと思うんですよ。「アンを探して」のパンフレットを同封したことは……彼も映画人ですからね。僕にチョッと親近感を持っていただけたのではないかと……。想いは通じる……本当にそうだと思います。「アンを探して」の凱旋公開、本当におめでとうございます。皆さんの暖かい反応と受賞、宮平さんにとりましても素晴らしい一年でしたね。これからのご活躍を心より願っています。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:09
raretasteさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう!
そう、ジュリエット・ビノシェ……彼女は年を重ねてからの方が断然に素敵です。矢張り、本物なんでしょうね。実際にお目に掛かったブノワ・マジメルは非常に朗らかで感じが良く、終始ニコニコと僕等ファンに対応して下さいました。そして、根強いファンが沢山いるんですよ。演技の巾が凄く広くて、チンピラから王様まで難なくこなします。色気……そうかもしれません。所で、「国際バラとガーデニングショウ」ですが、コマツさんのブースに瞬間移動でやって来て下さい(笑)大丈夫、皆さん他に気をとられていてraretasteさんの小走りなんか見ていませんから(笑)ただ、コケちゃダメですよ、一目を引きますからね(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:13
おめめさんへ。
おはようございます。お元気ですか?随分と暖かくなりました。
春の庭の手入れでお忙しいでしょうにメッセージありがとうございます。引っ越しでバタバタ、返事が遅くなってゴメンなさいね。さて、こんな素敵なエピソードがありました。チョッとビックリですね。映画俳優って雲の上の存在ですからね。でも、そんなことお構いなしに突進するのが僕の図々しいところ、きっとダメだろうって最初から諦めていたら何も始まりませんものね。それにしてもタッチの差……ダメだったんじゃなくていい結果になったこと、くじ運等、全く運のない僕にはこう言う運気がるのかもしれません。この春はおめめさんの新居に乱入しますからね!それからカフェも!(笑)これからも宜しくお願い致します。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:19
歩夢ちゃんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう!
強風は恐かったけれど、確実に春の気配、あと一月もすれば薔薇のシーズン到来ですもんね!さて、実筆の手紙には凄く感動しました。便せんにはドアノーの「市庁舎前のキス」が小さく入っていてね……きっと読んでいる間は息をしていなかったかもしれません(笑)フランスの人って凄く気さくでいい感じ……歩夢ちゃんも良くその辺は知っていると思いますが、ある骨董屋に入ったらドゥヌーヴが店番していたとか(笑)マレでロマン・デュリスに会ったとか……そんなエピソードを良く聞きます。ますますフランス人が好きになりました(笑)綺麗に花が咲いたらドライにして小箱に入れて……その前に「My GARDEN」と「New Roses 2010」を送らなければ……。そうそう、寄付の先も大体決めました。その件に関して歩夢ちゃんに相談しますのでヨロシクね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:21
ダヴィデさんへ。
おはようございます、凄くお久し振り!(笑)
メッセージどうもありがとうございます。お元気でしたか?
ね?凄い話しでしょう?今思い出しても興奮してしまいます。成せばなる……小学校の時の担任の恐い女の先生が良く言っていましたが、本当にそうですね(笑)これからも頑張りますので応援して下さいね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:29
久枝さんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
確かに花は色々なことを思い起こさせてくれます。「ガーベラは嫌いよ!」って言う女優さんや「テッセンが好き!」って言う大女優……花を見ると顔が浮かびますもんね(笑)花ってそこがいい所だと思うのですが、薔薇は特にその「想い」の部分が強い花ではないでしょうか。僕は良く「育てる人の数だけ物語がある」って言うんですが、久枝さんが隠れファンの(笑)大野耕生さんも薔薇に対して物凄く想いの深い人……そんな気がしています。土をいじり、成長を眺め、声を掛け、花と対話して行く……心穏やかになります。

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:35
携帯アドレスさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう!
そうなんです、そのお話しを先輩からお聞きした時にはどうなるかと思いましたが……良かったですね、何事もなく今まで通りで。ここではハッキリ書けませんが(笑)著者の方にも先日、優しく声を掛けて戴き、お洒落な紳士は、多分、先輩として何かと参考にさせて戴いています。一度、そちらにも遊びに行きたいと思っています。お知らせ戴いた日は、まさに引っ越しの荷造りの真っ最中で死んでおりました……あと1時間でPCの接続を外して新居にGO!です。チョッと時間が開きますがこれからも宜しくお願い致しますね。携帯アドレス、しかと登録させて戴きました(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:51
あけさんへ。
おはようございます。どう?元気にしていますか?
そうねぇ、そう言うところはジジイから青年に変身するのね(笑)まだ気持ちはティーンだから(笑)やっぱり思う訳ですよ、パリをどれだけ歩き回ったってブノワ・マジメルに会う確率はゼロ……わざわざフランス映画祭で来日してサイン会があるんだものね。朝から並ばない手はありません(笑)でも全くしなくなりましたね、並ぶって言うこと(笑)そんな数年前のエピソードがあって今回の命名……感慨深いものがありますね。「与作」……そうね、御殿に張り込みしていればOKが出るんじゃないですか?ただ、その名前で1本売れるかどうか(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 06:58
cream teaさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう!
何でしょうね……そう言う事になると図々しんですよね……僕。ダメだって言う気がしないのね。思いが通じれば何とかなる……そんな感じかな?ただ、彼くらいに有名だと諸々の事情もあるだろうし……でも、その時はその時、当たって砕けろて気な性格でもあります(笑)ただ、すんなりOKを貰えたんじゃなくて、ギリギリで名前を差し替えた……その辺がドラマチックですよね。事実は小説より奇なり、どんなに計ったってこんなに劇的には行きません。寄付する先も大体決めました。その辺も含めてお礼と「My GARDEN」と「New Roses 2010」をお送りしなければ……。そうそう「ピアニスト」や「王は踊る」ご覧になってみて下さい。本当に素敵ですよ!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 07:03
ムーさんへ。
おはようございます、いつもメッセージありがとう!暖かいお言葉、励みになっているんですよ。
で、チャンスの神さまって前髪しかないんですか?(笑)初耳ですが、きっと、僕の前を通り過ぎたチャンスの神さまはつるっ禿になってしまったことでしょうね(笑)何でしょうね、僕にはそう言う強運があるように思います。思えばソフィア・ローレンの時も挿でしたし……。「僕達の美しい友情の始まり……。」いいでしょう?(笑)なぁ〜んてバカ言っていないで引っ越しが済んだらスグにお礼状を出さないといけません。そして薔薇の時期には小箱に入れた「Benoit Magimel」。あと3つの物語……どんなでしょうね?チョッとお時間を下さいね。ではでは、そろそろ完全撤退の時間です!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 07:09
ナツさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
その前に、はじめまして、ようこそいらっしゃいました!……ですね。
この僕の白い薔薇、世界中のどの薔薇よりも素晴らしい訳ではないけれど、ここに一つ物語が生まれました。それも飛び切り素敵な物語。チョッと誇らしい気持ちで一杯です。ブノワ・マジメルって素敵でしょう?気取らず優しい方だと思います。今は引っ越しでドタバタですが、落ち着いたら即、お礼状を書かなければいけませんね。ナツさん、思い切らなくていいからまたメッセージ下さいね(笑)楽しみにしています。そして、これからもヨロシクです!

Benoit。
Commented by souslarose at 2010-04-06 07:13
キチさんへ。
おはようございます。いつもメッセージをありがとうございます。
もうダメかなぁって思ってから、名前を決めるまで本当に6転くらいしました(笑)その名前は何れ使う積もりにしているんですが(笑)初めにこれって決めていた名前になって本当に良かったです。友人は「悪運の強いヤツ」と笑って喜んでくれています。彼の親切に報いるためにも頑張らなければ……。常に前向きに、上を向いて、愚痴をこぼさず……必ずいい事がありますね。今回の教訓です。チョッとPCが繋らなくなりますが、またスグに戻って来ます。これからも宜しくお願い致しますね。

Benoit。
Commented by rosedeco at 2011-08-17 16:44
こんにちは
改めて素敵な記事だなあ~と、読ませて戴きました。
この薔薇にブノワ。マジメルという名が付いて本当によかった!
ブノワ・マジメル氏のピュアな心がひしひしと伝わってくるようなメッセージにも再び胸がきゅんとしました!
素敵なお話にトラックバックをさせてください。
宜しくお願い致します。

歩夢
Commented by souslarose at 2011-08-19 06:40
歩夢ちゃんへ。
おはようございます。今日から少し過ごしやすくなるとか……チョと一息かな?さてさて、メッセージとトラッックバックありがとう!そう?素敵?(笑)僕は今、読み返してみると、なんと言う綱渡りだったのかと思います。ギリギリだものね。あの日、仕事が一日かかっていたら名前は付けられなかったと思うと冷や汗ものです。それからね、彼がフランスの俳優って言うのも大きいですね。アメリカだったらダメだったと思う。まぁ、色々な偶然と熱意と幸運が重なって生まれた彼の薔薇。もっと広がって欲しいと思います。この春、彼の映画を新旧3本見たのね、いい役者ですよ。どんな階級でも演じられちゃう。王様からチンピラまで……いつか映画の宣伝じゃなくて薔薇で日本に招待したいです。働かなくっちゃ!(笑)改めて、素敵な記事をありがとうね!

Benoit。
by souslarose | 2010-03-28 00:00 | Under the Rose | Comments(26)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31