僕がこだわりたい色。

b0168859_2035161.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ここに1枚の写真があります。
去年の薔薇のハイ・シーズンの夕暮れに撮った1枚、
手持ちでブレないギリギリの光線の中で撮った薔薇。
夕暮れ時の暗さで良く違いが分からないかもしれませんが、
僕のオリジナルの薔薇が3種類写っています。

残念ながら薔薇の花に青い色はないけれど、
その他の色はほぼ揃い、花の形、様々な性質、正に百花繚乱の様相を呈しています。
僕は趣味で交配をしていますが、友人達は口を揃えてこう言います。

 「青い薔薇でも作って御殿でも建てるの?」

そう、もしも真に青い薔薇が出来たとしたら、
その青い薔薇が綺麗かどうかは別として御殿が建つかもしれませんね(笑)
いい加減、出たとこ勝負、ナンチャって、出会い頭、ズボラ、神をも恐れぬ……。
口の悪い友人は僕の交配を面白がって揶揄しますが、
そんな、確かにいい加減な僕がただ一つ、目標にしているのが「紫の薔薇」……。

そう、紫が好きなんです。
僕の友人が新しく始めたブログの最新記事で、
「MURASAKI」と言う記事を書いています。
紫って本当に人を魅了する色なんだと思います。
薔薇と言えば赤……咲いた、咲いた、真っ赤な薔薇が……。
歌にも歌われているけれど、ただただ単純に赤い薔薇はチョッとね(笑)
黄色の薔薇は葉の色との兼ね合いがチョッと苦手。
白もピンクもオレンジもそれぞれに素晴らしいけれど、
矢張り、豊潤でリッチな赤、それも紫に退色する赤が美しいと思うのです。
育種家の先人たちは、ブルーイングしない赤の薔薇を作ることに腐心したけれど、
今はブルーイングして紫になる薔薇がもてはやされているような気もします。
美しい紫色の薔薇も出て来ました。それを青い薔薇と呼ぶかどうかは別として、
僕がこだわって作りたいと思っている色……紫。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

紫色の薔薇……。
まるで鹿鳴館の夜会で偽りのワルツを踊る、
影山朝子の滝のように流れるローブ・デコルテの色。
はたまた、18世紀後半のフランス……人目を忍んでヴァルモン子爵に会いに行く
メルトイユ侯爵夫人の闇夜に紛れるドレスの色。
そう、アシュレーとの浮気を疑われ、人々の蔑みの視線の中、
肩をそびやかし眉を上げて満座を一瞥した時に、
スカーレットが着ていたのもこんな色のドレスでしたっけ……。

紫色……艶やかで気高い薔薇に良く似合う色……。


27. 01. 2009


Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-01-27 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31