1900年。

b0168859_201598.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

一般にオールド・ローズとモダン・ローズの境目になるのは1867年、
ジャン・バプチスト・ギヨー作出の「La France」だと言われています。
モダン・ローズ……ハイブリッド・ティの特徴である高芯剣弁、
華麗にして繊細、繰り返し咲き性に優れ、類い稀なる素晴らしい匂い……。
歴史に残る銘花であることは誰も異存がないでしょう。
何を隠そうこの僕も「La France」の大ファンで、
家のバルコニーでも栽培しているくらいです。
多い年で年に5回、その素晴らしい姿を見せてくれました。

ただ「La France」の出現で、オールド・ローズともダン・ローズの
境目をキッパリと線引き出来るものでしょうか?(笑)
じゃあ、その一年前の薔薇はオールド・ローズで翌年からがモダン・ローズ?
随分と強引で大雑把な線引きですね。中には「Mme. Caroline Testou」を
モダン・ローズ第一号だと言う人もいます。
まぁ、その辺は各々の意見があるからいいとして、
僕の中のオールド・ローズとモダン・ローズの境目は1900年、
大体、20世紀に入ってから発表された薔薇がモダン・ローズ……。
アバウトですがそんな感じに思っています。
いいんです、大体で、この世の中、確実な物なんてないんですから。

1900年……ベルナルド・ベルトルッチの傑作「1900年」と言う作品もありました。
イタリアの田舎の村の畑の中を「ヴェルディが死んだ!ヴェルディが死んだ!」と、
少年が叫びながら村に戻って行く冒頭……農園主と労働者の青年の友情を、
イタリアの歴史に絡めて描いた傑作……上演時間は5時間くらいありましたね。

今、薔薇の目覚ましい進化の真っ只中にいる僕達。
あと100年して今を振り返った時、どの薔薇がターニング・ポイント、
線引きの薔薇になるでしょうねぇ。皆さんそれぞれ思うところはあるでしょうけど、
僕はイングリッシュ・ローズの「Constance Spry」がその薔薇のような気がしてなりません。
何故なら、薔薇の歴史を変えたイングリッシュ・ローズの第一号の薔薇だから。
イングリッシュ・ローズと言うカテゴリーの中で言えば、黄色の代表作、
「Golden Celebration」がターニング・ポイントじゃないかなぁ……。
そんな気がするんです。交配親としてと言う意味もありますけれどね。
何と言ってもイングリッシュ・ローズの最大の功績は、
黄色の薔薇の素晴らしいラインナップであることは間違いありませんし、
「Golden Celebration」以降、イングリッシュ・ローズの姿と色味が、
劇的に変わったのは事実ですから……。

あと100年長生きして今を振り返ってみたいな……そんな気がします(笑)
b0168859_20155148.jpg
今日の1枚目の写真は「匂いのいい花束。」に続いて2度目の登場「La France」です。
2枚目の写真は一株でこんなに!圧巻の花付きでしょう?
花弁の先端をクルリと巻いた絵に描いたような高芯剣弁の完璧な姿。
少し淡めの葉の色、細立ちの枝振り、そして、蜂蜜にレモンを漬けたかのような
強烈で甘い匂い……ある種、薔薇の完成形。歴史に残る薔薇です。


23. 12. 2009


Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-12-23 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31