One and Only。

b0168859_5545424.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「1本だけだよ!」

もしも、もしもですよ、
この世の中で薔薇を1本だけ選べと言われたらどうしますか。
何万種類あると言われている薔薇の中から1本だけ選べますか?

先日のこと,友人とチョッとだけ交わした会話が気になって仕方ありません。
理由は何でもいいです。あなたは薔薇を1種類だけ選べますか?


引っ越して薔薇を1本だけしか育てる場所がないとか、
恋人に求婚する時に愛の言葉に添えて差し出す薔薇とか、
天国に行く時に持って行くたった1輪の薔薇とか、
亡くなった人に手向ける極上の薔薇とか、
無人島に流された時に1輪だけ傍に置いておきたい薔薇とか、
世界が大洪水に見舞われて、あなたがノアの方舟に乗るとして1本だけ持って行くのは?
日本が沈没して日本国民が世界に散り散りに、難民になる時、持って行くのは?
生涯に1本、想い出に残る薔薇でもいいです。

概して薔薇好きは欲張りですから、あれもこれもになってしまうけれど(笑)
真面目にたった1本だけ選ぶとしたらあなたはどの薔薇を選びますか?


あぁでもない、こぅでもない……あれこれ考えた末に僕が決めた薔薇。
どうせだったら大きくなる薔薇、ツル薔薇がいい……チョッと意外な選択。
僕が考えに考えた末に選んだ薔薇……。
それは,イングリッシュ・ローズの第1号「Constance Spry」でした。
春先一回の開花……上等じゃないですか。
100年の単位で愛培される薔薇……こんなに壮大な薔薇は見た事がありません。


15. 08. 2009


Benoit。


[Constance Spry (ER) Austin, 1961]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by ムー at 2009-08-15 13:33 x
そうかー、コンスタンス・スプライですかー。
うちでは1月に長尺で来たのが5月10日に美しい大輪でたった一輪ですが咲きました。
バラノートに「美しい!いい匂い!」と書いてあります。

うちのバラは本領発揮にはもう一年というのが多くてペンディングだらけですけど、
迷わずThe Ingenious Mr Fairchild
一本しか育てられないとしたらこれです。
私の好みをほとんど満たしています。

それにしても、バラ好きは欲張り?
だから二年足らずで100鉢も買っちゃったのね私。


Commented by にゃん at 2009-08-15 14:53 x
Benoit。さん はじめまして!
Benoit。さんの事は回し蹴りの得意なAさんからよく聞いています。
私は 中小輪、ピンク系 房咲き、半つるまたはランブラーが好きで
花びらぎゅうぎゅうの豪華なバラはあまり好みではないのですが
コンスタンス・スプライには とっても惹かれるものがあります。
10年くらい前に見た 煉瓦の壁にあふれるように咲く
コンスタンス・スプライの写真。
バラへの憧れはそこから始まった様に思います。
猫の額の庭の南のフェンスに、咲かせています。
庭の狭さを考えれば、1季咲きは避けたいところですが
このバラだけは はずすことは出来ません。
好きなバラを1本だけ選ぶのは難しいですが
間違いなく候補に挙がるバラだと思います。
長くなってごめんなさい。
またお邪魔しますね。



Commented by souslarose at 2009-08-15 16:26
ムーさんへ。
こんにちは。お盆休み、如何お過ごしですか?
いつもメッセージどうもありがとうございます。
さて「Constance Spry」……矢張り、驚きを禁じ得ないんですよ。片親がガリカの「Belle Isis」でしょう?小輪でしょう?こんなに壮大な薔薇が生まれるなんてね……正に生命の神秘、自然界の不思議だと思うんです。僕、赤黒い薔薇が好きなのにね(笑)ピンクの薔薇を選ぶとは思いもしませんでした。花も素晴らしいし、匂いも!そして、大きくて丸い葉の形も素晴らしいですね。葉や枝振りの全体にカサカサした質感もいいです。この薔薇は育てる必要がありますね。充分に育てるとそれはそれは見事だと思います。「The Ingenious Mr. Fairchild」……僕も好きですよ。オースチンが目指した芍薬や牡丹のような薔薇の集大成だと思います。咲き進んで退色したさまの美しいことと来たら!2年で100本でしょう?先が思い遣られますね(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-08-15 16:33
にゃんさんへ。
こんにちは。お初にお目に掛かります。ようこそいらっしゃいました!
こんな敷居の高いブログにメッセージどうもありがとうございます(笑)
しかも、あけさんからは散々悪口を聞かされていると思うのに……でも、僕の実態はこのブログと一緒で素敵なんですよ(笑)どうせ、あけさんは「アイツはダメよぉ〜っ!」とか「まったく使えないんだからぁ!」とかほざいている事と思いますが(笑)信用しちゃダメですからね!さて、そうなんです、四季咲きって言ったって一年中同じ姿で咲く薔薇は殆どないですね。美しい花形だけれど匂いが薄いとか、樹形はいいのだけれど刺が凄いとか……どの薔薇もそれぞれの人にとっては一長一短、完璧な薔薇って少ないのだと思います。僕は花は春だけで充分だと思うんです。そりゃぁ、写真のような花を定期的に咲かせてくれたら申し分ないけれど……。「Constance Spry」にゃんさんにとっても想い出の薔薇なんですね。庭が狭い?だったら空に向かって大きくしましょう!(笑)

Benoit。
Commented by おめめ at 2009-08-15 21:43 x
こんばんは。
そうですね。悩みますが 『ソニア・リキエル』かな。
香りがいいし、よく咲くし、ニュアンスがあって、飽きないバラだと思います。
1本だけしか育てられないのは、寂しいですけど・・・。
そんなこと起きる訳がないと思ってるから、選べるんだと思います。
Commented by キチ at 2009-08-16 00:50 x
ブノワ。さん、

今晩はです。
何とも酷な選択を・・・(^_-)-☆。
さぞかし、ご友人たちと盛り上がったのでしょうね。
私がもし1苗を1鉢だけ育てるのならRosalind (Austew)です。
香り、花保ち、樹勢を兼ね備えたバラだと思います。
ブノワ。さんはの選択は、まさしくER第1号ですね。
ツル性の1季咲きですね。
我が家は、狭いベランダですのでツルバラは憧れますが、育てた事がないです。
本日の写真も、ブノワ。さんらしい素敵な1枚です。
David Austin社のカタログよりも綺麗ですよ~(*^_^*)。
次のバラの写真も楽しみにしております。
Commented by souslarose at 2009-08-16 21:23
おめめさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。
チョッと意外でした……もう少し往年の銘花が出て来ると思いましたけど……。
そう、1本だけしか育てられないのは寂しいですね。僕達って幸せ者?なんだか、毎年、毎年、名前も覚えられないくらいに新種の薔薇が出て来るでしょう?もう少し慎重に、それらの特徴や美点を見極めなければいけないんでしょうね。薔薇は流行の洋服じゃないですから。一旦、ウチに迎えたら最後まで面倒を見なければいけません。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-08-16 21:31
キチさんへ。
こんばんは、メッセージどうもありがとうございます。
実は盛り上がったと言うよりは、友人の何気ない一言に僕が後日考えてしまったと言う方が近いのです。ズゥ〜っと考えていました。そして「Constance Spry」なんです。キチさんも可成り変わった薔薇の名前を出して来ましたねぇ……ブログによると初めの薔薇の1本が「Tamora」とか……これまたいいですよねぇ。僕のお気に入りの薔薇でもあります。あの匂い!大きな葉!キチさんもベランダなのですね……確かにツル性の薔薇は難しいかもしれませんね。次回はもう少し自然な感じの写真にしようかな……お褒めの言葉、大変に嬉しいです。

Benoit。
Commented by at 2009-08-17 11:54 x
Benoit。さん、こんにちは。

う~ん。
う~~~~~~ん。
う~~~~~~~~~ん。
ティの匂いだけは外せないかも。

この薔薇はとても素敵。
そして、いつも、見せてくださる薔薇は、どれも素敵。
視覚的要素も大事ですが、
匂いは記憶や、想像を膨らませるのに大きく作用しますから、
きっと、匂いのいい薔薇を求めると思います。
Commented by MAKI at 2009-08-18 01:11 x
今年一番のお気に入りなら Stanwell Perpetual なんですけど。

ノアの方舟に乗せるなら、Charles de Mills。
何もない大地を、サッカーで走り回って欲しいから。

日本が沈没するなら、のぞみ。
日本の誇りと、再生の希望をかけて。

無人島なら紅ハマナス。
潮風に強そうなので。

でも生涯の一本は探索中です。
Commented by ダヴィデ at 2009-08-18 15:11 x
もしも一本だけ選ぶとしたら、素人ですが、「ジュリア」です。思い出のあるクラシックな大好きな薔薇のようですが・・・育てるのは難しいようですね。あの色ってなかなか出せない大好きな色です。
Commented by rikiaru at 2009-08-19 16:08
この記事を読んでからずーっと考えていたのです。

もしも、植えるスペースに制限がないのなら
「野バラ」、Rosa multifloraですね。
花の季節はほんの一瞬ですが、
いい香りの可憐な花が咲き誇る姿は壮観です。
柔らかそうな葉っぱも好きだし、秋には実が楽しめるし。
それになにより丈夫。
好きなだけ大きくして花の天蓋にしたいです。

スペースがないならGruss an Teplitz 。
自分で初めて買った薔薇。
香りが良くて花びらの重ねがひらひらと少なくて
秋遅くまでよく咲きます。
チャイナ(ブルボンにも分類されます)らしい薄い葉っぱも好み。
名前も(意味がわからないのですが)ドイツ語?っぽい感じが好きなんです。

でも結局選べないのかも。だから考えてるのが楽しいんですよね。
Commented by よしよし at 2009-08-19 19:40 x
ブノワ。さん こんばんは。

毎年毎年 「お気に入り」が変化してしまいます^^。
今年のお気に入りは どうやら聞き分けの良い「オールドポート」のようです。 去年はなんだっけ・・。 もうすでに忘れてます 笑。

でも 私にとって 「特別」なバラが一つ。
 「スーパースター」っていう 切花の品種です。
これは 相方の両親が切りバラ農家で 作っていたバラで
ずっと両親の仕事する姿を見ながら育った相方は 「おれはスーパーで育ったんだヨ」ってよく言います。
サラリーマン家庭で育ち 父の仕事の中身もよく知らずに育った私には とても新鮮で 感動した言葉でした。

今は 切りバラではないですが 花を育てる仕事をしている私たち二人にとって スーパースターは私たちの原点みたいなバラになっています。
 今の流行とは 間反対のようなバラですが これからも先 ずっと私たちのなかでは このバラは「特別」のバラであることに変わりないと思います。

このコメント書きながら・・・
ここにきてやっと夏らしくなってきた暑さに「ヒーこらヒーこら」言っていた毎日でしたが なんだか初心思い出せました^^。

Commented by souslarose at 2009-08-19 20:33
碧さんへ。
こんばんは。いつもメッセージをありがとうございます。
そう、僕達って今、薔薇に関して歴史の曲がり角にいると思うんです。後で薔薇の歴史を紐解けばって意味ですけど。ティー系に関してもそうですね。この紅茶の匂いの薔薇がヨーロッパ、特にイギリスにもたらされた時の当時の人々の驚きはどんなだったでしょうね……想像に難くないですね。粉っぽいですけどね、いい匂いだと思います。完璧な薔薇はありません、どこを一つ犠牲にするかですね。匂い?花形?繰り返し咲き性?難しい問題です。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-08-19 20:36
MAKIさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
ホラ、MAKIさん、欲張りだ(笑)1本なんて決められませんよね。でもね、そう言う時が来るかもしれないのです。ハマナスもいいですね……何れにせよ丈夫で育てやすい品種になりますね。たった1本選んだのにすぐにダメになったら目も当てられません(笑)僕もこうして皆さんの選んだ薔薇とその理由を読ませて戴きながら心揺らぎますもんね……薔薇が人気の理由もこの辺にありそうです(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-08-19 20:39
ダヴィデさんへ。
こんばんは。お盆は如何でした?忙しかった?
さて、メッセージどうもありがとうございます。素人なんて関係ありませんよ。「Julia's Rose」いい薔薇ですよね。但し、この薔薇は温室で育てた切り花に勝るものはありません。あの色は切り花でこそ表現される美しさ、路地ではなかなか咲きませんしゴツくなってはんなりした雰囲気が台無しになってしまいます。元々切り花品種でしたからね……あの濃いオレンジの蕾がベージュに花開くさまは芸術だと思います。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-08-19 21:02
よしよしさんへ。
こんばんは。いくらか過ごしやすくなって来ました。お元気ですか?
メッセージ大変に興味深く読ませて戴きました。
さて「Super Star」!オレンジの大輪ですよね?それって一説によると、かの「哀愁」や「風と共に去りぬ」のヴィヴィアン・リーの薔薇だといわれています。もっとも、ヴィヴィアン・リーに捧げられたと言うのではなくて、ヴィヴィアンと親交の深かった俳優のダーク・ボガートが一緒に庭仕事をしている時に「この薔薇は君の薔薇だね!」とヴィヴィアンに言ったとされています。つまり、大スターのヴィヴィアン・リーと「Super Star」をかけたと言う訳です。この辺の微笑ましいエピソードは、ダーク・ボガートの著書「レターズ」に詳しいです。確かに今の流行からはチョッと離れているかもしれませんが、流行は廻ります(笑)大丈夫、いい薔薇は必ず復活しますから。あのオレンジ色は他にはありませんしね。所で「Old Port」!こちらも今ではなかなか手に入りませんが、僕も大好きな薔薇です。その内チョッと紹介出来るかもしれません……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-08-19 21:04
りきさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
先ず、最新記事のお写真、大いに笑わせて戴きました(笑)あれじゃぁ家計簿はつけられませんね!
さて、野薔薇……そうなんです、最後まで迷ったのが野薔薇と「Constance Spry」……どうせ1本なら壮大に仕立てたいですもんね。我家の何本かの薔薇、ズボラ園丁のお陰で昇天しまして、その台木から壮大になりつつある野薔薇が花開きました……いいですよねぇ、野薔薇。接いだ薔薇がお星さまになったって台木は思い切り生きたいんです。精々、大きく育てて見事な景観にしてあげようと思っています。その内記事をアップしますので楽しみにしていて下さいね。所で、ドイツ語っぽい響き……良く分かります(笑)その昔の和名は「日光」で、これではまったくドイツっぽさはなくなってしまいますね。もう一つ「Gruss an Teplitz=国色天香」説もあり、こうなるとまるで中国色一色になってしまいますね(笑)

Benoit。
Commented by あけ at 2009-08-21 08:47 x
おはよぉ~ブノワ。さん
ありゃ・・・・・・にゃんさんが遊びに来てるわ♪
にゃんさんはあけのご近所の薔薇友達でダイエット仲間で猫仲間でっす。
ブノワ。さんの悪口なんて言ってないわよぉ~
「あけの素敵なお・じ・さ・ま(王子様)♪いつか牛に乗って向かえに来てくれるの。」って紹介してるわよん(笑)

あけのOnly Oneって何だろう?
欲張りなあけは1つだけが選べなくて、薔薇止めちゃいそうだわ。
もしかしたら、モッコウ薔薇になるのかも・・・・・・
Commented by HISAKO at 2009-08-21 20:47 x
Benoit。さま、こんばんは♪
あけさんの後に、失礼します!
そうそう、Benoit。さまは、牛に乗ってあけさんを迎えに行く prince!なのですよね!
すっかり頭の中のBenoit。さま=Orlando Bloom なので
Orlando Bloom が、牛にまたがって、あけさんに会いに行く様子が
目に浮かびます・・・うふふ~

さて・・私のOnly one・・
もう何年も、Mme.Joseph Schwartzです。
Duchesse de Brabantの白です。
絶え間なく、冬まで咲き続けて、上品で、香りが良くて・・
・・なので、巷で、「白ブラ」なんて呼ばれているのは、許せません!
略語がお嫌いなBenoit。さまには、この気持ちお分かりいただけますね!

こちらにですが、ブログ生活4周年、おめでとうございます!
これからも、ピリっと辛口で!美しいお写真、見せてくださいね。

Commented by pompee3310 at 2009-08-21 21:46
こんばんは。
今夜は特別蒸し暑いですね。
末っ子が眠れないようなのでエアコンを点けてきたところです。

さあて、1本だけ選ぶとしたら・・・。
う~ん、ミセス・ドリーン・パイク・・・かな。
エンプレス・ジョセフィーヌとベル・ド・クレシも捨てがたいけど。
マーチン・フロビシャーも密かなマイブームだけど。
葉っぱととげも含めるとやっぱりミセス・ドリーンパイクです。

でも今は頭の中はネコジャラシでいっぱいですからね ^ ^
キンエノコロも生えてきてホクホクなんです。

Commented by souslarose at 2009-08-22 06:08
あけさんへ。
おはようございます、メッセージありがとう!
……って言いたい所なんですが、ダメダメ、こんな所にメッセージなんか書いている場合じゃないでしょう?自分のブログはどうしたの?拉致監禁されている?逃走中に山梨で感知された微弱電波みたいじゃない(笑)捜索願い出す所でしたよ(笑)早く近況を記事にしてアップするように……どうせズッコケなんでしょうけどね(笑)さて、にゃんさん、遊びに来てくれました。ハンドルネームから猫がいるんだろうなって思っていました。いいですよ、言い訳なんかしなくても。第一、「お・じ・さ・ま」って何ですか?迎えに行く時に乗って行った牛を丸々食べられたんじゃ帰れないじゃない(笑)牛は引いて行きます。まぁ、目標達成出来たらの暁ですけど。あけさんの所のモッコウバラ……アレね、砂かけババア!アレは凄いですもんね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-08-22 06:16
HISAKOさま。
おはようございます。素敵なメッセージどうもありがとうございます。
オーランド・ブルームねぇ……色々と似ているって言われましたが、そんなハンサムの名前が出て来たことはついぞありません(笑)そうそう、昔、ジャン・マレーって言うのがありましたが、それは髪型!(笑)こうね、クセッ毛でね。オーランド・ブルームは名前がいいですね。スターになる名前です。所で、あけさんと牛(笑)どうでしょうねぇ、目標達成出来るでしょうか……僕は99.9%ダメだと踏んでいるんですけど(笑)さて、HISAKOさまの1本は「Mme. Joseph Schwartz」ですか!とても良く分かります。いい薔薇ですもんね。ウチはスタンダードがありますが、良く咲きいい匂いで僕もお気に入り。その省略語、ここには書きませんが言語道断ですね。花を縮めて言うのは特に嫌いです。クリスマスローズのアレとかクレマチスのアレ(笑)絶対に口にしません、鳥肌が立ちます(笑)お祝いメッセージありがとうございます。どこまで続けられますかね……これからも一つ宜しくお願いいたします!

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-08-22 06:24
あっちゃんさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
本当、昨日は一体どうしたんでしょうね……スッカリ消耗してしまいました。何も作る気にはなれずに近くの中華で夕飯……サランラップを巻かれて蒸籠に入れられたみたいでしたもんね。
さて、あっちゃんさんの1本……そう来ましたか!(笑)僕も育てた事があるんですよ。Fさまにお願いして取り寄せて貰ってね。結局、ダメにしてしまいました。花と葉の色の対比が素晴らしいですね。葉も重要なポイントにしているあっちゃんさんらしい選択です。それに、イングリッシュ・ローズのルゴサ系って少ないですもんね。あっちゃんさん、是非「Snowdon」をお育て下さい。時間は掛かりますが、それはそれは凄いですよ。記事をアップしてからあれこれ考えたんですが、矢張りガリかも捨てがたい……「Belle de Crecy」と「Belle Isis」のベルベル・コンビもいいし、モスもありますしね(笑)所でネコジャラシ……スグに抜けるのと抜けないの、種類が違いますか?見た目にはまったく区別がつかないんですけど……。

Benoit。
Commented by May at 2009-08-23 01:41 x
お写真、とても綺麗ですね。

お気に入りの一本の薔薇を選ぶ・・・
私はこういうお話が好きなので時々考えます。
今の気持ちの中ではBlush Noisetteですね。
前の家からこの家に鉢植えの薔薇を20本だけ持ってきました。
Blush Noisetteは持ってこられなかったんです。
抜いてしまうとそこだけ変にぽっかり空間があいてしまうと思って。。。
この薔薇はいずれもう一度育てたいと思います。
じらす様に成長が遅いのも魅力的だと思いませんか?

ところでブノワ。さま、牛に乗ってあけさんのところに現れる・・・
そうだったんですね。ロマンチック!そんな構図だったとは!
牛にまたがり、(引いていくのですか?)
右手には一本の薔薇。そして腰のあたりには良い枝ぶりのリンゴの木を携えて・・・
素敵!あけさん、喜ぶでしょうね~
お話はこの後どんな風に展開するのでしょう?楽しみにしています~♪
Commented by souslarose at 2009-08-24 18:32
Mayさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
ここ数日、秋めいて来ましたがまだまだ暑いですね、お元気ですか?
さて、お褒めの言葉ありがとうございます。チョッと前に撮った「Constance Spry」です。Mayさんは「Blush Noisette」ですか。我家はスタンダードですが1本あります。いい薔薇ですよね……Mayさんんの思い入れ、とても良く分かります。本当にお好きなのですね。また機会はあります、必ずMayさんの手元で美しく咲きますよ。所で、その20品種……リストを見てみたいです(笑)さて、あけさんと牛ですが(笑)あけさんって真面目に牛一頭食べ尽くしそうでしょう?子牛じゃ子牛が可哀想だし(まだ人生長いのに)どうせだったらもうお乳もでない乾涸びた牛にしようかなって(笑)僕が牛に乗って行ったらあけさんに牛を食べられて帰りの足がなくなってしまうので、どうしようか思案中です。僕があけさんに跨がってニンジンを棒切れの先に吊るして牛の所まで案内させる……あけさんニンジン・ダイエットしているし丁度いいかなって(笑)

Benoit。
by souslarose | 2009-08-15 00:00 | Under the Rose | Comments(26)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31