息をするのがやっと……。

b0168859_16175811.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「うへぇ……これやったらまるで蒸篭の中みたいやないかぁ……。」

不平不満を言う時だけ大阪弁になってみる。
何と昨日の湿度、殆ど不快指数500%と思われるほど(笑)
ジトぉ〜っと肌にまとわりつく感じ……。
天安門事件の直前に行った香港を思い出させます。

 「きえぇ〜っ!」

ってなもんで、外に出るなり悲鳴をあげてみる。
これじゃぁまるでウルトラマンのスペシウム光線を浴びた蟻んこのようだ……。
まだ若い頃は無謀にもこんな強烈な太陽光線の中、
日焼けオイルかなにかを塗って薔薇の手入れをしたものだった。
男の黒いは七難隠す……なぁ〜んちゃって!
今じゃ日なたに足を出すのもイヤ、木陰が一番な中年になりました(笑)

 「かぁ〜っ!」

家に帰ってドアを開けるなりむせ返るような熱気……。
この頃になるとチョッと前までは必ず出迎えてくれた猫たちもサッパリです。
部屋に入ると、朝子、お園、小芳が、まるで無名時代の
マリリン・モンローのヌード写真のポーズよろしく鉛筆のように伸びきっている(笑)
たった一匹、きんだけが伸びているのにラグビー・ボールのような形で笑えます。

人さまの前では「疲れた」と「暑い」は絶対に言わないようにしている僕ですが、
さすがに一人になると「あぁ〜暑い!はぁ〜疲れた!」を連呼します(笑)
こう暑いと薔薇どころではありませんねえ……。
薔薇もギラギラと照りつける殺人光線の中で生きて行くのがやっと。
2番花?そんなに望まないで!少し欲張り過ぎ!(by 薔薇たち一同)
雑草がそんな挫けた人間と薔薇の間隙をぬってスクスク育ちます。
秋になってハッと気が付く頃には川原のススキ畑と相成ります……。

暑いのも寒いのも全然平気な僕ですが、
さすがにこたえる暑さ……熱波で息も出来ないですもんね。
今日の写真はそんな殺人光線の中、健気に咲いた「Lady of Megginch」です。


26. 07. 2009

Benoit。


[Lady of Megginch (ER) Austin, 2007]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-07-26 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30