雨のお花見もええやないの……。

b0168859_1255599.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「雨のお花見もええやないの……。」

市川崑監督作品、映画「細雪」の冒頭で、長女の鶴子(岸惠子)が言う台詞です。
蒔岡家四姉妹の毎年恒例の嵐山の桜の花見に、
大阪に住んでいる鶴子が遅れて駆けつけると言う設定です。

水がなくては植物は育ちません。その点では僕達人間と同じですね。
命の水……薔薇を育てる僕達には欠かせない水遣り。
ただただジャブジャブあげればいいって言うものではありません(笑)
苗の様子を見ながら的確にあげなければ……。

水はとても重要な要素だし、雨に濡れた薔薇も風情があって素敵なものです。
けれど、花好きにとって悩みの種は、満開時の大雨。
折角、綺麗に咲いているのに雨でグショグショになった花を見るのは辛いです。
b0168859_1263870.jpg
b0168859_1265292.jpg
b0168859_127511.jpg
b0168859_1271860.jpg
b0168859_1273129.jpg
b0168859_1274345.jpg
b0168859_1275640.jpg
b0168859_128691.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さて、梅雨空を心配しつつ、久し振りに軽井沢に行って来ました。
軽井沢は前々回のオリンピック以来ですから5年振り?
目的は初めて訪れる軽井沢レイク・ガーデンです。

早めの夕方、ホテルにチェック・インした僕等は、
先ず、ホテルの前庭のテラスで休憩をしました。
実はイライラ、だって、一刻も早く薔薇園を歩きたいですもんね(笑)
暫し、友人やいつもお世話になっている「お父さん」と慕う方や、
まるで弟のように可愛く思っている大野耕生さんと歓談。
ホテルの前まで出迎えてくれた耕生さんは、
それまでの好天を一目で分からせるように逞しく日焼けしていました。

珈琲だったら我慢出来なかったかもしれませんが、
出て来たのは豪儀な友人が頼んでくれたヴーヴ・クリコ。
薔薇とヴーヴ・クリコ……やっぱりヴーヴ・クリコの勝ち(笑)
ここは我慢、我慢、タダのヴーヴ・クリコを飲まない手はありません。
ヴーヴ・クリコを飲んでいる間に薔薇が散る訳もないですしね(笑)
そわそわしているのが分かったのか、ようやくお許しが出て(笑)
取る物も取り敢えずカメラを持って庭に飛び出しました。

一緒に軽井沢に同行したものの、元来、薔薇にはさほど興味がなく、
耕生さんに「この僕のカメラで写真撮って来て!」と、
畏れ多いことを平気で頼む、ヴーヴ・クリコに微酔い加減の友人をその場において、
人影少ない夕暮れの薔薇園をそぞろ歩きます。
閉園時間を過ぎ、いつしかお供は薔薇界のプリンス、耕生さんただ一人。
丁度、見頃の薔薇園を、その薔薇園の植栽を担当した耕生さんと二人、
あれこれ説明を受けながら歩く贅沢!
彼自身も日頃、忙しくて全く撮れていなかった写真撮影に余念がありません。

僕、ブノワ。さんと耕生さん……。
薄らかかった霧で、遠目にはどちらがプリンスか全く見分けがつかないほど(笑)
まるで瓜二つの兄弟2人の散策は2時間にも及ぶのでした。
ファンから石を投げられやしないか、こん棒で後ろから殴られやしないか、
茂みから猛獣Aが飛び出して来て回し蹴りされやしないか……(笑)
手持ちで写真が撮れなくなるまで、薄暗い薔薇園で素晴らしい一時を過ごしました。

出たっきり、鉄砲玉のように一向に帰って来ない僕等……。
業を煮やした友人から静かなお怒りの帰れコール(笑)
そう、その晩は親しい仲間5人で美味しい鳥料理を戴く予定だったのです。
大野耕生さん、僕、ズボラな友人、お父さん、そして、仕事を終えて駆けつけた、
華麗な避暑地ファッションに身を包んだインテリ紳士……麗しい男5人衆!(笑)
ホテルに帰っても話しは尽きず、夜中の3時までピーチクパーチク。
翌朝は4時起きの僕、何と睡眠時間1時間なのでした。

写真の数々は霧雨とむせぶ霧の中で撮った薔薇たち。
ハァ……霧で、ピ、ピ、ピントが合わないじゃない!(笑)
なんと美しい Roses in the Mist !


19. 07. 2009


Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by 猛獣A(またの名をお邪魔虫A) at 2009-07-19 19:40 x
┬┴┬┴┤_・)ジ~
プリンスと2人でデート・・・・・・・
回し蹴りなんてねぇ~そんな程度ですむわけないじゃん!!湖の魚の餌にするわ( ̄^ ̄)

それにしても腹がたつぐらい美しい画像ねぇ~
霧のレイクガーデン、それもTOPシーズン
シャンパンに負けるようなブノワ。さんなのに・・・・・あたしの食い意地と良い勝負なのにね(笑)
Commented by souslarose at 2009-07-19 21:27
┬┴┬┴┤_・)ジ~……って、タオルで前を隠さなきゃ!(笑)

あくぇさん、こんばんは。
早々にメッセージどうもありがとうございます。
プリンスと二人、とても素敵な一時でしたよ。まぁ、僕は普段の行いがいいから。あくぇさんの話題も出たし……(笑)プリンスがね「ブノワ。さん、今度は晴れるといいですね!」って。とんでもない!次回も霧でお願いしたいくらい、もう霧のレイク・ガーデン以外は想像もつきません。あくぇさんは晴れ女?何だかそんな気がする……。シャンパン……ホテルのヴーヴ・クリコ、お手軽価格ですよねぇ。あれなら水代わりに飲んでもいいかな。所で、僕とあくぇさんを一緒にしないで下さいね。あくぇさんは九州を食べ尽くさんばかりの勢い、僕はヴーヴ・クリコたった数杯じゃないですか(笑)

Benoit。
Commented by おめめ at 2009-07-20 09:21 x
茂みから猛獣Aが飛び出して来て回し蹴りされやしないか……(笑)
クスクス・・・。
誰のことかすぐにわかって 笑ってしまったら、すでにコメントがはいっていましたね!(笑)
ブノワ。さん、気をつけて下さいよ。
レイクガーデンの湖には、2mもの大きな魚がいて、人を襲うそうです。
(副社長様にパンテイング・ボートに乗せていただいた時に聞きました!)(笑)
霧のレイクガーデンは、とても幻想的ですね。
晴れた時もまた雨の時も素晴らしいですし、秋の紅葉のときも素晴らしいですから
これからも、いろんなレイクガーデンの表情を楽しんでください。
私達、来年の分、すでに予約して来ました!!ウフフ。
Commented by souslarose at 2009-07-20 10:25
おめめさんへ。
おはようございます。お元気ですか?
今日はチョッと過ごしやすいかなぁと思ったらとんでもない!既にうだるような暑さですね。
さて、猛獣Aに┬┴┬┴┤_・)ジ~っとガン見され(笑)愛らしい小動物のように震え上がったブノワ。さんです(笑)この素晴らしいレイク・ガーデンも歩く人によって随分と様子が変わるでしょうね。耕生さんとは大人の感じに、猛獣Aとは漫才に(笑)おめめさんとはしっとりと歩けそう……人食い魚ですか……なにかに食べられてお陀仏は嫌だなぁ(笑)気を付けなければ……。実は、真冬のしんしんと冷えるレイク・ガーデンも興味津々なんですよ。あと、雪のレイク・ガーデンとかね。フランスで買ったモネの庭の写真集……圧倒的に美しいのは庭がクローズになった秋から冬の写真なんですよ。勿論、クローズの時期に中に入れる特権がなければ撮れない訳ですけどね、非常に感銘した覚えがあります。今年はもう一回行かれるかな?努力してみます。

Benoit。
Commented by gyu at 2009-07-20 17:12 x
素敵な風景ですね。バラのある風景…日本じゃないみたいです。こんな所をそぞろ歩いてみたいです。 あ、私は一人で歩きたいな。 風景に酔ってしまって、きっとお話ししたくないと思うから。
下の4枚の写真は特に幻想的で、絵の中に迷い込んだようです。
あ~、溜息。
確かに、晴れたらこんな雰囲気はなくなってしまうかも・・・? やっぱり日本の風景になるような気がしますね。
Commented by ムー at 2009-07-21 00:18 x
軽井沢・薔薇園・霧・瀟洒なホテル・湖・五つの部屋・
双子のプリンス(何故か片方は長身)・華麗なる紳士・ほろ酔いの青年・
カメラ・鶏料理・ヴーヴクリコ・バスタブのむしられたバラ・午前3時・

典型的なMistery小説の素材じゃないですか!
一人も女の人が出てこないところがかえって斬新です。
役者、舞台、小道具、これだけ揃って何も起きない筈は無い。
雪?そうか、第二話は閉ざされた雪の薔薇園が舞台なんですね。

く~、面白そう、わくわくします。









Commented by souslarose at 2009-07-21 06:47
gyuさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
これをお読みになるのはバカンスからお戻りになってからでしょうか。
さて、軽井沢。gyuさんの所から近いじゃないですか!是非、今度お戻りになった時にいらしてみては如何ですか。このまま秋まで薔薇が咲き続けるそうです。そして、秋には美しい紅葉との競演……どんな風景なんでしょうね。所で、gyuさんのバカンス、山の方ですか?また美しい写真が沢山。アップは来月かな?楽しみにしています。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-07-21 06:52
ムーさんへ。
おはようございます。いつもメッセージどうもありがとう!
ふふふふふふ……ここまでお膳立てが揃ったら起きないハズがない殺人事件(笑)
被害者は?犯人は?動機は?アリバイは?……正にクリスティーの世界ですね(笑)ここは一発、推理小説でも書いてみようかしら……。女性が出て来ないのなら三島由紀夫の「サド侯爵夫人」を気取って戯曲でも?(笑)雪のレイク・ガーデン……きっと素敵でしょうねぇ……足跡がなくて完全な密室!何だか創作意欲が湧いて来ました(笑)でも、勿論、被害者は僕なんでしょうね……。

Benoit。
Commented by mchouette at 2009-07-21 13:19
ざんざか振る中での花見は花も可哀想で興ざめだけど、小糠雨ふる中、霧にむせぶ花たちってしっとりと落ち着いて、天の恵みを受けてなにやら葉も花も生き生きと見えてくる。
日本人にはドライな空気より多少ウエットのあるほうが性に合っている。
>翌朝は4時起きの僕、何と睡眠時間1時間なのでした。
こんなんだから、やっぱり小休止しないとね。もう若くないんだから、無理は禁物(笑)
ホテル・ルゼ…花好きで子どもがいなくって二人でよく遠出する友人夫婦
にも早速に紹介したわ。
今日も素敵な写真ありがとうございました。
観ているだけでも癒される。
Commented by souslarose at 2009-07-21 16:13
chouetteさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
最初ね、「さざんか降る」だと思ったの(笑)「ざんざか降る」ね(笑)何で山茶花が降るんだろうって(笑)
写真を見ているとヒンヤリした感じがして来ませんか?夜中はザァザァ降りだったのですよ。何だか、自分が雨男に思えて来ちゃって……朝方もチョッと霧雨が降っていて、傘などさして写真撮影に臨みましたが集中力が欠如(笑)やっぱり、カメラと傘を両手に持ってじゃいい写真は撮れませんよね。ここ数年、僕の中で「無理」と言う言葉はなくなりました。夜の7時だって8時だって眠ければ寝る、それでいいんだと思います。先ずは翌日の充分パワーを蓄えておかなければ。お友達や娘さん達に紹介するのはいいけれど、先ずはchouetteさんがいらしてみて下さいよ。きっと気に入ると思いますよ。

Benoit。
Commented by よしよし at 2009-07-21 19:49 x
はじめましてのご挨拶ができて よかったです。
温かい お返事 ありがとうございました。
もう。。。うれしくて。。 心臓ズキュンでした 笑。

今日は 私の周りも霧につつまれてます。
よく 霧に包まれるんです、 この辺り。
結構 スキです^^。 しっとり静かで。。
毎日じゃ 困りますけどね^^;。

ルゼのアネモネの写真も見せていただいてきました。

もしかしたら・・・
今回 行けなかったのは それはそれでよかったような気がしてきました。

ブノワ。さんをはじめ、いろんな方の いろんな目線のレイクガーデンが見ることができて さらに期待度がアップしてきました。
空腹が一番の調味料っていいますものね^^。

晩秋か 来年の初夏か・・。
思いをはせつつ 毎日がんばります♪
Commented by souslarose at 2009-07-23 05:18
よしよしさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
こちらこそこれから仲良くお付き合い下されば……そう思っています。
よしよしさんのお宅の辺りはよく霧が出るんですね……そう、頻繁にでは困りますけど、たまにはいいものですよね、静かでね。軽井沢レイク・ガーデン、今年のシーズンはまだ終わっていませんから、この先、行く機会があるかもしれませんが、期待度がアップしても、きっと訪れると満足なさるハズです。それくらいいい庭園です。来年にはもっともっと樹々が育って素敵でしょうねぇ。また、楽しみは取っておいた方がいい……そうも言いますもんね(笑)僕も違うレイクガーデンの表情を撮りに行きたいので機会をうかがっている所です。また遊びにいらして下さいね、お元気で!

Benoit。
Commented by gyu at 2009-09-11 20:55 x
ブノワ。さん、Hotel Ruse,泊まってきました!!
しかもしかも、昨夜はほかに泊り客はいなくて、私たち(姉と2人)の貸切だったのです!
すばらしい家具調度の並ぶ空間、あふれるように飾られたバラやさまざまなお花、そして自然の風情を良く残したあの庭!
本当に夢のような体験でした!
ホテルのUさんが、ブノワ。さんの泊まられたときのことを話してくれました。朝4時おきでは大変だったでしょう。だからこんなに幻想的なすばらしい写真が撮れたのですね。
彼女はとても親切で、全部のお部屋を見せてくださったんですよ。
私たちは残念ながら朝は6時おきでした。良いお天気で、霧はなかったのですが、それでも楽しい散策でした。舟にも乗せてくださいました。
本当に素敵なホテルを教えてくださって有難うございます。
Commented by raindropsonroses at 2009-09-30 18:00
gyuさんへ。
こんにちはメッセージどうもありがとうございます。
返事がスッカリ遅くなってゴメンなさいね……相変わらずバタバタなのです。
さて、いきなりビックリの連絡&gyuさん軽井沢出没で大いに度肝を抜かれました(笑)なんと貸し切り!それは物凄い幸運ですね。皆さん、訪れると来年の予約をして帰られるそうですからね。gyuさんは大の植物好き、アンティークもお好きなことからお勧めしましたが、本当にいらっしゃるとは夢にも思いませんでした。「My GARDEN」の巻頭特集……懐かしかったのではありませんか?(笑)人って色々な所で結ばれていますね。朝の4時起きですけど、3時まで喋っていたでしょう?豪華なバスタブに入ってゆっくりするか、シャワーだけで済ませるか大いに悩んだ挙げ句、ザッとですけどバスタブに浸かってカメラ掴んで庭に飛び出しました!時間があれほど惜しかった事はありません。今度、ご一緒したいですね!

ブノワ。
by souslarose | 2009-07-19 00:00 | Under the Rose | Comments(14)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31