溶け込む。

b0168859_21132492.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

薔薇の花を撮るのは難しい……。

薔薇は花の女王……たった一輪で、辺りを払う勢いがあります。
正面から、斜めから、俯き加減に、仰ぎ見る感じに……。
撮る者の趣味や、その薔薇に対する思い入れが様々な表情を作ります。
薔薇も「そう?それなら仕方ないわね。」と、ばかりに、
今までに見たこともない美しい表情を見せてくれます。

僕の中にもその時その時のブームがあり、
今までに様々な薔薇の表情を切り取って来ました。
レンズを買ったときの気分、フィルターによっても薔薇の捉え方が違います。
白がバックの時、黒がバックの時……その年々でも違います。
ただ、一貫して言えるのは、僕の薔薇の写真の特色は、
薔薇の花のアップを撮ること、丁度、見頃の薔薇を
一輪だけ非現実的な状況で撮ることでしょうか。
まるで美しい人のポートレートを撮るように……。

薔薇好きが高じ、自分の自宅のバルコニーで薔薇を栽培し、
なかなか行けないけれども、素晴らしいと評判の薔薇園を歩き、
良く手入れされた個人の庭も沢山見せて戴きました。
フランスやスペイン、イタリア……外国を旅する目的も、
薔薇を見ること、庭園も、薔薇が素晴らしい庭園を中心に見て来ました。
それぞれに個性があり、国の色、薔薇に対する思いが様々な薔薇園を作っています。

今までに夥しい数の薔薇の写真を撮りました。
固い蕾が綻びかけた麗しい薔薇、美しく妍を競う満開の薔薇、
散りかけても最後の輝きを見せる薔薇、枯れてなお壮絶なまでの怪しさを見せる薔薇……。
どの薔薇も美しくその一瞬を切り撮って来たつもりですが、
PCの写真のファイルを覗いて見ると、矢張り、薔薇のアップが多いのです。
b0168859_21135331.jpg
b0168859_21141412.jpg
b0168859_2114303.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

軽井沢レイク・ガーデン……初めて訪れました。

それはそれは素晴らしいと評判を聞き、今年こそはと思いつつ、
新幹線で小一時間、いつでも行けるから、花期も初夏から秋までと長いから……と、
ついつい延び延びになっていました。
丁度、満開をチョッと過ぎ、雨にしっとり濡れて霧にむせぶ薔薇に酔いしれ、
夢中になってシャッターを切って来ました。
その数およそ500枚。帰宅してコンピューターに写真を取り込んで驚いたのは、
薔薇のアップの写真が殆どないのです。その殆どが、風景に溶込む薔薇の姿。
ファインダーの中で風景と一体になり自然の一部に溶込んでいる薔薇……。
また、薔薇が写っていない風景写真の多いこと!

国内外、およそ薔薇が素晴らしいとされている薔薇園や庭園を歩きましたが、
ここまでカメラを引いて撮ったことは初めてです。
大体が余計なものが写ったり、どこか人工的なものが邪魔だったりします。
自然に溶込む薔薇たち……驚きの念を禁じえませんでした。

薔薇だけが際立たず、風景の一部として溶込んだ類い稀なる庭……。
なかなかこれだけ自然な薔薇園は世界にもありません。
薔薇園と言うよりも、美しい庭園の中に薔薇も植えてある感じ。
軽井沢の気候に合った植物が選ばれ、
薔薇と見事なハーモニーを見せ、風雅な表情を見せてくれています。
雨に項垂れ、風に揺らめき、霧に霞む麗しの薔薇。
まだ薄暗い早朝から手持ちでシャッターを切れるぎりぎりの日暮れまで、
薔薇本来の樹形を楽しみ、園内に漂う香しい匂いを満喫した旅となりました。


12. 07. 2009


Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by MAKI at 2009-07-12 02:42 x
霧を含んだひんやりとした空気を肌で感じるようです。
本当にきれい。
いつか行けると良いなぁ。

薔薇が風景の一部として溶け込む....理想なんです。
あくまでも薔薇のある庭なのであって、バラだらけの庭にならないようにと思うんですけどねぇ。
つい、物欲が理性を押し倒してしまいます。
Commented by あけ at 2009-07-12 11:56 x
霧のレイクガーデンかぁ~
あけ、何度もレイクガーデンには行っているのに、
こんな幻想的な風景を見たことがないわ。
初めてなのに、ブノワ。さんずるいわ。
この画像、ルゼのSさんやUさんにも見せてあげたいなぁ~!!
Commented by おめめ at 2009-07-12 13:11 x
こんにちは♪
霧のレイクガーデン、うわさでは聞いていましたが
素敵ですね~♪
知らないおとぎの国へ連れて行かれそうな感じ・・・。
四季、折々いろんな表情をみせるレイクガーデン。
ますます、大好きになっていきます!
Commented by cream tea at 2009-07-12 21:03 x
なんと美しい景色でしょう!

同じ景色を前にしても切り取る方によってこんなにも違うものか、と
ため息をついてしまいます・・・
レイクガーデンの植物たちが自分たちの撮ってもらいたい姿を
ブノワ。さんがカメラを携えてやってくるのを今か今かと
待っていたのではないでしょうか。
とっておきの表情を撮ってくれるに違いない、と
分かっていたと思いますよ♪
軽井沢の良さ、土地の空気感が伝わってきます。

本当に幻想的・・・
妖精が空気の中を音楽とともに漂っているようです・・・
Commented by ムー at 2009-07-12 22:43 x
夜叉が池 海神別荘 、泉鏡花ばかりですけど、
水底から怪しく美しいものが立ち上がってきそうです。
(カメラに夢中で湖へ落っこちたブノワ。さんだったりしてねククッ)

なぜだか霧とか靄(もや)が立ち込めてる時ってしーんとしてませんか?
あれ、どうしてなんでしょうね。

バラと霧かー、完璧に好みだわ~
なんかここって一人とかせいぜい二人で行きたい気がします。
騒がしい子供は遠慮してほしい大人の為のバラ園ですね。
Commented by mchouette at 2009-07-14 09:17
ブノワ。さん おはようございます。
PCが普通に使える喜び!
本当に僅か20年ほどであっという間にPCがなければ不自由に思うほど日常化してしまっている。でもそのお陰でブログを通してこんな素敵な写真と出会えるのだから、これも恩寵。感謝。
>一輪だけ非現実的な状況で撮ることでしょうか。まるで美しい人のポートレートを撮るように……。
こんな情景にストーリーが思い描かれますね。
こんな光景みていると、ヘルツォークの「ノスフェラトゥ」のあの耽美的な映像を思い出すわ。靄に包まれた町の光景……。
ゴメン、たとえが悪かったかしら。でもヘルツォークの映像には美学があるし、ブノワ。さんには通じますよね。
今朝も朝から暑さでぐったり。こんな写真の中でゆらゆらとまどろみたいわ。素敵な写真ありがとう。
素敵なブノワ。さんへ    
                     シュエットより♪
Commented by よしよし at 2009-07-14 21:05 x
はじめまして。
勇気をだして 初めてコメントさせていただきます。

匂いのいい花束。のファンで ときどきこっそりお邪魔しておりました。

そして 今日 こちらのブログに初めて出会い さらに感動ひとしおデス。



こうゆう風に 物事を見る目があったら・・・・
きっと 普段の景色も ぜんぜん違う風に見えるんだろうな と。

がさつで 田舎ものの私ですが 明日 新たな目で 周りの景色を 眺めてみようかと 思います。。

レイクガーデン ワケがあって 今年は行きそびれて とても残念な思いをしておりました。  いろいろの方のお写真を見せてもらいながら 心の隙間をうめている 今日この頃デス。

ブノワ。さんの お写真を見て ただただ静かに感動しております。







Commented by marcella10 at 2009-07-16 10:33
実は...
こちらで大野さんのブログを教えていただいて、大野さんのブログでレイクガーデンを教えていただいて、
レイクガーデンのかたに、「来週イベントがありますからどうぞ。」と言われ...
きっと、ブノワ。さんにもお目にかかれるかもしれないな〜、と思いつつ、結局、行かれず...。
でも、ブノワ。さんのおかげで素敵な場所を知ることができました。
ありがとうございました。
Commented by souslarose at 2009-07-18 17:16
MAKIさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
そう、霧で良かったと思っています。花を撮るのにカンカン照りのピーカンじゃぁねぇ(笑)最近、僕も薔薇だけに庭に疑問を持つようになりました……そう言いつつ、他の草花を一本買うなら薔薇を買いたいと思うのですけど(笑)レイク・ガーデン、いつか必ず訪れてみて下さい。花期は晩秋から秋まで延々と一季咲き(笑)勿論、一番いい時期はあるのでしょうけど、秋の薔薇と紅葉の組み合わせも美しいそうですよ。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-07-18 17:20
あけさん、あけさん!
メッセージを戴いておきながら書いちゃうのもなんですが、あけさんの場合、先ず、第一の目的が食い気だからですよ(笑)だからレイク・ガーデンもおヘソを曲げる(笑)僕みたいに純粋に草花を楽しむつもりで行けば霧が出るハズです。そう言いつつ、夜中は物凄い雨だったんですけど……最近、もしかしたら自分は雨男なんじゃないかと疑いを持つようになりました(笑)僕の宝くじのビギナーズ・ラック……見事に大コケしましたけれど(笑)レイク・ガーデンは普段の行いがいいせいで見事に霧の薔薇園となりました!あけさんももっと品行方正にね!(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-07-18 17:23
おめめさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
初めてのレイク・ガーデンが霧……どうやら物凄くラッキーのようですね。大野耕生さんが「ブノワ。さん、今度は晴れるといいですね!」って気遣って下さいましたがとんでもない!僕の中でレイク・ガーデン=霧にむせぶ……この図式がしっかりと出来上がってしまいました。次も霧がいいです……いつか二人で霧のレイク・ガーデンを散策したいですね……お邪魔虫のAさんが突撃して来そうで恐いですけど(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-07-18 17:28
cream teaさんへ。
こんにちは。いつも本当にありがとうございます。
今日は早仕舞い、既にビールをグビグビです(笑)
cream teaさんもいらしたんですよね?レイク・ガーデン。全く違った表情でしたか?それはきっとcream teaさんの植物に関する知識がなせる技なんですよ。僕は薔薇以外は全く知りませんからね。何やらウチのバルコニーに生えている雑草みたいなものが生えていましたが、きっと、あれも由緒正しき植物なのでしょう(笑)折角、霧が出たんです、この静けさ、静寂をどうカメラに収めるかに腐心しました。それぞれの皆さんにそれぞれのレイク・ガーデン……きっと、数えきれないほどの表情を持つのでしょうね。今度は紅葉の頃?冬、雪が降ったときも良さそうですね……勿論、クローズなんでしょうけど。レイク・ガーデンについてはもう一つ記事を書きました、楽しみにしていて下さい。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-07-18 17:46
ムーさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
薔薇と霧……本当、これ以上の組み合わせは考えられませんよね。
僕は慎重ですから自分が湖に落ちたりはしません。精々、カメラを湖に落とすくらい(笑)でね、そこに何故か湖の精の美輪明宏さんが出て来るの(笑)「あなたが落としたカメラは何色?」そこで僕はすかさず「金色、純金製のカメラです!」と、叫ぶのです(笑)霧の時に音がしないのは、霧の粒子が音を吸収するからじゃありませんか?きっとそうだと思います。真面目なはなし、この池から坂東玉三郎の白雪姫(でしたっけ?)が現れそうですよね。いい経験をしました。また近々、訪れてみたいです。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-07-18 18:04
chouetteさんへ。
こんばんは。いつもメッセージどうもありがとうございます。
そう、ノスフェラトウ!きっとこんな感じに霧にむせぶ街を徘徊していたのでしょうね。全然、イヤじゃありませんよ。パソコンですけど、以前は仕事で仕方なく(1千万以上もする特注品だった!)使っていましたけれど、あんなもの絶対に使うものかと遠巻きに遠巻きにしていましたが、矢張り、時代の趨勢、仕方なく机の上に2台も……今やパソコンがない生活は考えられませんよね。でも、僕の場合は使いこなしているからいいかな?どっぷりパソコンに時間を奪われ、寝る間もなく捕われの身……そんな事になっていないからいいかな?(笑)敬遠していたパソコンのお陰で、こうして皆さんに僕の写真を見て戴けるんですもんね……感謝、感謝、chouetteさんにも大感謝!

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-07-18 18:08
よしよしさんへ。
こんばんは。勇気を出したメッセージどうもありがとうございます(笑)
その前に、はじめまして、ようこそいらっしゃいました……ですね。本当に嬉しいです。
どうですか、勇気なんていらなかったでしょう?(笑)
レイクガーデンの薔薇ですけど、何と、このままポツポツと間断なく秋まで咲き続けるそうですよ。秋には樹々の紅葉と美しく共演し合ってそれはそれは素晴しいそうです。まだ諦めずにトライしてみては如何ですか?僕も出来たら秋にもう一回……そんな風に思っています。素敵なメッセージ、田舎者でもがさつでもないじゃないですか。これからは常連さんになって下さいますね?ヨロシクお願いいたします。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-07-18 18:16
まる子。さんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
美しいスライド・ショー……拝見しました。僕がボンヤリ見落としたものばかり……次に訪れる時の参考にさせて戴きますね。インターネットって本当に面白くて有意義ですよね。家にいながらにして様々な情報を入手する事が出来ます。耕生さん、フランスから帰って来たんですよね。イベントって耕生さんと後藤みどりさんのでしょうか。僕達が訪れる前の週……みどりさんからそんな風に伺っています。きっと、物凄い人だったのでしょうね。お2人とも人気者ですから。こちらこそ、これからも宜しくお願いいたしますね。

Benoit。
by souslarose | 2009-07-12 00:00 | Under the Rose | Comments(16)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31