家庭画報の表紙を気取って(笑)

b0168859_197723.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

グズついた梅雨空を思わせる6月上旬。
週末の撮影に使う薔薇を水曜日辺りからカットしては冷蔵庫へ、カットしては冷蔵庫へ……。
このままバルコニーで咲かせていたらダメになるのは火を見るより明かです。
ダメで元々、冷蔵庫で低温保存しておけば大丈夫かもしれない……。
冷蔵庫には薔薇がどんどん増えていきました。

いつか自分のオリジナルの薔薇だけで花束を作ってみたい……。
そんな思いを漠然と胸に抱いたまま、とうとうその日がやって来ました。
必要に迫られて自分のポートレートを撮らなければならなくなったのです。

さてさて、自分の容姿が大嫌いな僕です。
おそらく一生に一度のこと。ただ撮っても面白くない、どうせなら何か趣向を……。
そんな時、フと思いついたのが「家庭画報」(笑)

 「そうだ!家庭画報の表紙をやろう!」

どうです、いいアイディアじゃないですか(笑)
ただ漠然と撮っても面白くありません。「家庭画報」の表紙を真似て……。
凄くいいアイデアのように思われました。

現在の「家庭画報」は花を美しく撮った写真が表紙を飾っています。
僕が読み出した20年前は、当時の豪華大女優が大きな花束を抱え、
婉然とカメラに向って微笑んでいました。
何故、女優を使わなくなったのか……。
おそらく、女優が小粒になり、花束負けするようになった……これが僕の勝手な解釈。
キャリアだけ長い小粒の自称大女優が増えましからね(苦笑)


「家庭画報」婦人誌の最高峰……。
写真、文章、品格……その他、どれを取っても他誌の追随を許しません。


何かテーマを設けて写真を撮るのも一興です。
カメラマンのMちゃんも笑いながら賛成してくれました。
朝から入念に身仕度をするものの、
撮影の当日はカンカン照りのピーカン、グングン気温が上がって行きます。
次第に自分のことはどうでも良くなる僕、僕の写真写りは高が知れているけれど、
せめて薔薇だけは美しく撮って貰いたい……。

ギリギリまで冷蔵庫に入れ、
友人との待ち合わせにピッタリに着くように乗り継ぎを検索、
無駄な時間が全くないままMちゃんが待つスタジオに到着したのでした。

今日の写真はスタジオで撮影の準備をしている合間に撮った1枚。
このブーケで僕のオリジナルの薔薇11品種入っています。
冷蔵庫から取り出し、気温が上がって来るに従って、
スタジオ中に素晴らしい匂いが満ち溢れます。
薔薇を小道具として持つことで勇気百倍(もしかして主役?)、
同行の友人やMちゃん&Kちゃん夫妻の温かい心遣いで、
無事に撮影は終了したのでした。


11. 06. 2009


Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by ムー at 2009-06-09 21:58 x
家庭画報、重さでも他の追随をゆるさない(笑)
ひょっとしたら表紙に出ることは女優さんのステータスだったのかも。
現在は花だけなんですか?知らなかった。
私が編集者ならこのアイディアをそっくり頂いて男優さんと花の表紙でいきますけど。
その創刊号はもちろんブノワ。さん!
あら、これ誰?バラの方だそうよ、へーかっこいいねえ、スッテキー!
<夫婦で楽しむ雑誌・メンズ家庭画報>
マンネリ脱出しそうですよね~~。



Commented by MAKI at 2009-06-09 22:42 x
経費節減ということなのでしょうか。
そういえば大女優という言葉自体、
最近聞くことが少ないような気がします。

それはそうと、右上のグレーっぽい薔薇!
色といい、重ねの厚さといい、弁端の反り返り具合といい、
なんて雰囲気のある薔薇なんでしょう。
素晴らしいです。

Commented by kazu at 2009-06-09 22:49 x
なんとも溜息が出る花束を抱いての撮影 女性としてはうらやましいです。
家庭画報は子供の頃に 母が愛読しているのを私も真剣に読んだものでした。
我ながら、随分ませた小学生でしたね。
今は何故かビズを手に取ると家庭画報を思い出します。
Commented by pompee3310 at 2009-06-10 05:47
ブノワ。さんが作り出されたバラたち。
どれも雰囲気がありそう。
花束じゃなくて風に揺れるところが見たいなあ。

今ねえ、雑巾を縫ってたんですよ。
目が疲れちゃってここへ目を癒しに来たというわけです。
昨日の夜の11時に、明日雑巾持ってくから・・・3枚ね!!
・・・って元気に言われてはねえ。
ぶつぶつ。


それはおいといて。


ポートレートが必要な状況とは・・・雑誌かしらん・・・。
是非是非拝見したいものです「バラの方」のポートレート。
Commented by at 2009-06-11 11:20 x
Benoit。さん、こんにちは。

わ~ほんとに家庭画報だ(笑)
今ちょうど、一番下の方にあるピンクの薔薇みたいな、毬のような薔薇を
せっせと折っているところです。
紙もいい匂いがしたら、もっとふんわり折れる折れるような気がします。
匂いに包まれて、笑顔に一段と磨きがかかったのでは?
Commented by cream tea at 2009-06-11 19:04 x
自然光の中で、薔薇達が浮き立っていますね!
それぞれの豊かな香りがこちらにも漂ってくるようです。
オリジナルの薔薇との共演、さぞかし素敵なポートレートと
なったことでしょうね。
なかなかできることではないですね・・・・
ブーケのすべてがオリジナルの薔薇で、
その薔薇とともに写真におさまるなんて!
デビット・オースチンが自らの薔薇を胸に持ち
ツイードのジャケット姿で写る姿を見て以来
男性が薔薇を抱く姿は素敵だなあ、と思っておりました。
薔薇に対する情熱や交配への想いが姿に現れているのが
大きな要因なのでしょうね。
きっとブノワさんのポートレートも同じ事を感じさせてもらえる
一枚なんだろうなあ、と勝手に想像しています。
Commented by mchouette at 2009-06-12 11:28
我が家のPCの薔薇たちも今も元気ですよ! ちょうどこんな風は色合いの花束。
これだけの薔薇で、おまけにブノワ。さんの自然育ち(笑)の薔薇たちでしょ? 匂いも芳しいでしょうね。
最近いろんな薔薇を見かけたり、珍しい花たちがお店に並ぶけど、なんだか匂いが薄くなってる気がするのは気のせいかな?
>ギリギリまで冷蔵庫に入れ
新地で長くスナックされている方が、夏になるとお店が終ったら店内の花は全部冷蔵庫に入れて帰るのよって教えてもらった。

この花束をもって白いワイシャツも爽やかなブノワ。さんのポートレイトがハッセルブラッドで撮られたわけだ!
Commented by sissi at 2009-06-12 23:00 x
Benoit。さん、こんばんは。
記事は、ほぼリアルタイムに読んでいるのですけれど、コメントは、すっかり遅くなってしまいました。
男性が、抱えるような薔薇の花束を持って歩いているのって、カッコイイですよね。
ガブリオーレの後部トランクから取り出したのが、薔薇の花束だったなんていうシチュエーションも、ハートを持っていかれそうになったりします(笑)
Benoit。さんは、しかも、ご自分のオリジナルの薔薇で、さらに身長が高くていっらしゃるから、最高に決まっていらしたのでは、と思いますよ~~(笑)

薔薇、本物を拝見したくなります。
魅惑的な色ですね。

Commented by souslarose at 2009-06-14 07:19
ムーさんへ。
おはようございます。お元気ですか?
メッセージどうもありがとうございます。返事が遅くなってゴメンなさいね。
そう、重さでも他の追随を許しませんよね(笑)あれはきっと立ち読み防止の措置に違いありません(笑)腕が疲れて来ますもんね。しかし、随分とお世話になりました。読んでいるうちに自然に育てられた部分が多いかな。当時の女優たち……本当にゴージャスでした。それがいつの間にか「エッ?この人?」みたになって……今じゃ「家庭画報」の表紙を飾れる人はいなくなりましたね。男優と花ですか……こちらも素敵ですが、矢張り人材が……。僕だったら何時でも出てあげるんですけど(笑)本屋から返品が相次ぎパニックになる事と思います(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-06-14 07:23
MAKIさんへ。
おはようございます、いつもありがとう!
返事が遅くなったことお許し下さい。チョッとバタバタです。
大女優……聞かなくなりましたか?いなくなったことは確かですが……そうそう、バラエティなどで良く聞きますよ。ゲストのどうでもいい女優に「◯◯さんみたいな大女優……。」とか。言われた本人も恥ずかしげもなく頷いている所が凄い(笑)グレーっぽい薔薇は僕のお気に入りです。いい匂いなんですよ。そのうちこの薔薇の写真を使った記事を書きますから楽しみにしていて下さいね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-06-14 07:26
kazuさんへ。
おはようございます、メッセージ恐縮です。
相変わらず忙しくて……返事が遅くなってゴメンなさい。
さて、本当にオマセな小学生!(笑)でも、小さい内から本物、いい物を見て育ったのですね?知らず知らずの内に審美眼が育まれたはずです。「家庭画報」を真似る趣向は冗談が本当になってしまいました(笑)折角ですもんね?薔薇の時期だし。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-06-14 07:30
あっちゃんさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう!
返事が遅くなってゴメンなさい。味噌汁作っている場合じゃないくらいに忙しいのです(笑)
さて、僕の薔薇、好みからか花首が長い物が多いです。風に揺らぐんじゃないかな?しかし夜の11時に「雑巾3枚!」……あっちゃんさん、雑巾縫えるんですね!いいお母さんです。ステッチがいつの間にか薔薇になっていたりして(笑)今回の写真……そう、どこに使うかは秘密……でも、今度コッソリ教えてあげますね(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-06-14 07:32
碧さんへ。
おはようございます。梅雨入りしましたがお元気ですか?
せっせと折り紙を折っているのですね?今度ジックリ出来映えを拝見しなくては。
写真ですけど、多分、花束と言う小道具がなかったらどうしていいか分からなかったでしょうね。杉村春子さんが小道具使いの名人だったように上手く出来たかな?杉村さんはハンカチを好んで使いましたよね。薔薇に助けられ、いつしか薔薇の方が主役に……それでいいと思います。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-06-14 07:39
cream teaさんへ。
おはようございます。入梅です、体調壊していませんか?
メッセージどうもありがとうございます。返事が遅くなってゴメンなさいね。
いつだったか、逆光を上手く使うといい写真が撮れるってお話ししませんでしたっけ。これはそのまま撮りましたが、場合によってはレフ板使ったりして被写体に光を当てますけど。日本人がイギリス紳士やフランスのムッシュみたいにさりげなく花束を抱えて街を闊歩するにはまだまだ時間が掛かりそうですね。何でしょうね、人としての成熟?決して日本人が成熟していない訳ではありませんから……どこかに「男が花なんて!」って言う風潮が根強く残っているのかもしれませんね。今日は短い距離ですけど、矢張り僕のオリジナルの薔薇の花束を抱えて歩く事になりそうです。折角だし、勿体ないから近所をグルッと回ってみようかしらン?(笑)撮影した写真、僕だけが写っているよりも格段にいい写真になったと思います。正に薔薇さま薔薇さま、薔薇に勝る花はありませんね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-06-14 07:45
chouetteさんへ。
おはようございます、いつもメッセージありがとう!
そう、この花束を持って撮影と相成りました(笑)きっと、花束がなかったら恥ずかしくて仕方なかったかもしれません。チョッと誇らしかったですよ……だって、全部、自分が作った薔薇ですからね。感慨深いものがありました。薔薇の匂いですけど、そう、モダン・ローズになってから匂いが薄くなったと言われています。それは、花の大きさや形に主眼を置いた交配がなされたからなんです。所が、ここ数年、矢張り薔薇には匂いがなければ……そう言う考え方が主流になりつつあります。期待しますもんね、綺麗な薔薇に匂いって。閉店後のスナック……空気も淀み室温も上がる……その方、花が好きなんですね。勿論、経済的にもですけど、いい考えだと思います。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-06-14 07:50
sissiさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう。
読んで下さるだけでも嬉しいのに恐縮です。
僕ね、本当に自分の容姿って好きじゃないんですが、背が高いことだけは「いいなぁ」って思います(笑)何でしょうね、両親はそんなに大きくないのに……小さい頃、牛乳を沢山飲んだからかな?(笑)まぁ、全身を撮った訳ではありませんが、何となく身体の大きさは分かりますもんね。大きく育ててくれた母に感謝です。でも、さすが車好きのsissiさん!車と薔薇の花束を組み合わせて想像する所がいいですね。僕は免許持っていないし電車ですからね……さまにならないなぁ(笑)本物の薔薇、いつかお目に掛けたいです、そして、忌憚ないご意見を!

Benoit。
by souslarose | 2009-06-11 00:00 | Under the Rose | Comments(16)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30