この1枚が撮りたくて……Apple Seed。

b0168859_20294344.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

この1枚が撮りたくて……。

夕暮れ時、降り出した雨の中、小走りで帰って来ました。
数日前、見事な一番花を咲かせてくれた、小山内健さん作出の「Apple Seed」です。
去年、ご本人にお願いして一番大きな苗を送って貰いました。
我家にお迎えして伸びるに任せっ放し栽培(笑)そう、大きくしたかったのです。
僕のいい加減な管理、全くしなかった剪定&誘因なのに、
それはそれは夥しい数の蕾が上がって来ています。

そしてこの雨……ここ数年、本当に雨には泣かされましたが、
今年は好天に恵まれ開花も早いようです。
但し、我家は遅い剪定のため例年よりも開花が遅いですけど……。
美しく花開いた「Apple Seed」、この雨にどんな風になっているか、
まだ急げば間に合うかもしれない……そう思っての急ぎ足です。

触れれば落ちん……雨に打たれ、雨の雫で重くなり、
花弁は雨粒をはじくことに疲れ、向こうが透けるまでに水を含んでいます。
少しでも風に吹かれれば花弁がハラハラと散りそうではありませんか。
濃いピンクから紫色に退色し、さらに夕方の光線で絶妙な色になっています。
街灯の明かり、暗く沈んだ緑、雨に濡れ項垂れ、紫外線でさらに青くなった紫……。
この姿が頭の中にあったから急いだのです。
 
 「間に合った!……咲いていてくれて良かった……。」

ビニール傘を差し、夢中で撮っていたらいつの間にか日が暮れてしまいました。
強くなった雨はウィンド・ブレーカーに染み、
中のTシャツまでビショビショになっているのに気が付きませんでした。
b0168859_20301750.jpg
最後の1枚は満開になった時の「Apple Seed」の同じ花。咲いてからの花保ちは抜群です。
自由奔放に伸び、素晴らしく甘い芳香が鼻孔をつきます。
写っていませんが、このピンクに黄金色の蕊が美しく映えます。


08. 05. 2009


Benoit。


[Apple Seed (S) Ken Osanai, 2000]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-05-09 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31