コッほん!

b0168859_6532984.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「コッほん!」

どうです、見てご覧なさい。この素晴らしいバルコニー!
新鮮で青々とした葉が生い茂り、ポツポツ花が咲き出しています。
何か気が付きませんか?そうです、病気がひとつも出ていないでしょう?
この時期、漏れなく付いて来るウドン粉病が全く出ていません!
いいですよ、虫眼鏡で見ても1枚たりともウドン粉病になっていませんから。
これを奇跡と呼ばずして何と呼びましょうか!(笑)

そうです、何もしていないのですよ、ぬぁ〜んにも!(笑)
面倒臭がりのブノワ。さん、薬なんて全然、撒いていません。
だって、剪定も誘因もするヒマなかったんですから。
薬なんて撒くヒマある訳ないじゃないですか。

それにしても不思議な事もあるもんですねぇ……。
どんなに神経質になって予防のために薬を撒いても出るものは出る。
今年みたいに何もしなくてもピッカピカの葉っぱで一番花を迎える事もある。
これを自然の気まぐれと呼ばずして何と呼びましょうか。
せっせと薬を撒いても全く効果がない年もあれば今年のようなラッキーな年もある。
強いて理由を挙げれば、今年の4月は非常に天候に恵まれました。
薔薇の病気が気になる降雨は殆どなし……。カラッと晴れて湿度もなかった……。
今年の好調を見るにつけ数年前の惨状が思い出されますね。

はぁ、どうやらこのま美しい一番花が拝めそうです。
本当、不思議。来年はもっともっと手を抜きそうで恐いです(笑)
だって、先日、撒いたアブラムシ用の薬が一回……。
今シーズンは他に何もしていないんだもの。
ウドン粉クイーンもウドン粉キングもウドン粉プリンスも、
例年だと漏れなくウドン粉病が付いて来る品種も健在です。
神さまの気まぐれ?ここ数年不順な天候に泣かされましたからね……。

写真はウドン粉病には関係ないけれど、
ルゴサ系の美麗花「Conrad Ferdinand Meyer」。
そう、イングリッシュ・ローズに多大な影響を与えた薔薇としても有名ですね。
その匂いの素晴しいことと来たら!鼻が取れそうなほどです(笑)
大株にしたいと意気込んで購入して数年。
意気込みに反して随分とショボクなってしまいましたが、
それでもこうして毎年素晴しい花を見せてくれます。


07. 05. 2009


Benoit。


[Conrad Ferdinand Meyer (HRg) Dr. Franz Hermann Muller, 1897]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-05-07 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30