ピュぅ〜ん!

b0168859_14453168.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

3年前のこと、僕が、大、大、大好きな親友夫妻の所に女の子が生まれました。
ハンサムな旦那さまと美女の奥さまに珠のように可愛らしい女の子!
でも、一人っ子で廻りに親戚がいない僕は子供にどう接していいか分かりません。
言葉を喋らないうちはまだ抱っこするだけだからいいのだけれど、
少し大きくなって話し掛けられたりするとどうしていいか困ってしまいます。
しかぁ〜し、その女の子、ミーちゃんは異様に可愛らしく、
人一倍オマセでスッカリ僕のお気に入りになってしまいました。

その赤ずきんミーちゃんとオオカミのブノワ。さんの架空の会話(笑)

 M 「ねぇ、ブノワ。おじちゃん!」
 B 「お、おじちゃん?おにいちゃんでしょう?」
 M 「…………おじちゃんの所の薔薇、どうしてボーボーなの?」
 B 「おじ……?それはね、薔薇の魅力を最大限に引き出すためなんだよ。
    ホぉ〜ラ、見てご覧。花が風に揺られて綺麗でしょう?」
 M 「でも、下の方がスッカスカで葉っぱが1枚もないよ。」
 B 「それはね、夏になった時に蒸れないようにするためなんだよ。」
 M 「ふぅ〜ん。ねぇ、どうして枯れた雑草がそのまま下に捨てられているの?」
 B 「それはね、コンクリートのバルコニーが自然に見えるようにするためなんだよ。」
 M 「ミーたんはゴミ箱に捨てた方がいいと思うけど。」
 B 「でもね、真夏の照り返しが少しは防げるでしょう?
    おにいちゃんの所、猛烈に暑くなるから。」
 M 「…………でもママが言ってた。ブノワ。おじちゃんは面倒臭がりだって。」
 B 「………………。」
 M 「パパも言ってた。ブノワ。おじちゃんは楽な方、楽な方に流れるって。」
 B 「………………。」
 M 「ねぇ、どうしてお花が小振りなの?」
 B 「………………。」
 M 「ねぇ、どうして枯れた薔薇の鉢がそのままになっているの?」
 B 「………………。」
 M 「ねぇ、おじちゃん、どうして?どうして?」
 B 「………………。」


と、言う訳で、薔薇の自然な姿を追求した僕の今年のバルコニー(笑)
何だかんだ言って綺麗な薔薇が咲き始めました。

 「なぁ〜ンだ、放って置いてもキチンと咲くじゃん!」

パリやノルマンディーで見た薔薇本来の樹形。
その美しさに打たれて今年は僕なりに出来る事をしてみました。
ピュぅ〜ン!長く伸びた枝先に付いたえも言われぬ美しい薔薇。
風に吹かれ、ゆらゆらと揺れる姿に心奪われます。
あっちに伸びた枝、こっちに伸びた枝どうしを軽く紐で縛り、
都会のコンクリートのバルコニーが自然に見えるように演出してみました。

なぁ〜んて!剪定もせず、誘因もしなかったツケ?(笑)
でもね、薔薇はちゃんと咲くのですよ。それも劇的にね。
僕のズボラ園芸のやり方にチョッと自信を持った春でした(笑)
b0168859_1446269.jpg
写真はオールド・ローズの「Yolande d'Aragon」。
秋にも帰り咲く美しい薔薇です。素晴らしい匂いが鼻孔をつきます。
中世フランスに生きたヨランド・ダラゴンは、
ジャンヌ・ダルクの強力な支持者としても有名です。


04. 05. 2009


Benoit。


[Yolande d'Aragon (P) Jean-Pierre Vibert. 1843]
[Yolande d'Aragon (1384~1442)]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by あけ at 2009-05-03 21:07 x
あけ「ねぇ~ブノア。おじちゃん・・・・楽な方に楽な方に流れた結末はどんなガーデンにたどり着くの?」

あけも楽な方に進みたい♪

あけも隣の子供に「おばちゃんじゃないでしょ!!おねぇ~さん( ̄^ ̄)」って言い張ったら、お母さんには、あけの事を「おねぇ~さんと呼びなさいって言うおばさんがね・・・・・」と言っているそうです(;¬¬)

Commented by at 2009-05-03 23:50 x
Benoit。さん、こんばんは。

お向かいのしきみにも、びっしり虫がついて、隣近所で駆除に大わらわです。しきみに虫がつくなんて?その木の下に真紅の薔薇が咲いているのですが、こちらには一匹たりともおりません。薔薇が無事ならいいか…って、そうやって、みんなで薔薇ばかり見ていたからでしょうか?(笑)
オオカミさん?オジサン?Benoit。さんは、Benoit。さん!オジサンとかオニイサンにこだわらなくてもいいのでは?
私は貫禄がないので、おばさんと呼ばれたいひねくれ者。マダムと呼ばれるにふさわしい「おばさん」にはいつになったらなれるのでしょう?
Commented by ムー at 2009-05-04 14:07 x
ヨランド・ダラゴン、
変な名前だなーと思いながら去年の夏葉っぱだけの大苗を購入しました。
ブノワ。さんの記事の写真を見て買ったんだと思います。
で秋には咲かず、ようやくはじめての花を見ました。
う~ん良い匂い~~、
柔らかい葉っぱは野菜みたい、枝も柔らかくて2本も折った(笑)、
剪定ちゃんとしたから行儀よい枝ぶりしてるけど、
びゅーんと伸びたスタイルも雰囲気出る気がする。
オールドローズっていいですね~~、
ジャンヌダルクの支持者?じゃあキリン切花種のジャンヌダルクの隣へ置こう!

Commented by mchouette at 2009-05-04 22:26
>薔薇の自然な姿を追求した僕の今年のバルコニー(笑)
物はいいようで…(笑)
でも私もあまり手を加えずjニ伸びやかに咲いているのが好きだな。
雑然とと捉えるか、伸びやかにと捉えるか…。
でも花って正直で、掛けるべき所だけ手抜きしなければ、健やかにすくすく育つんですよね。子育ても同じかな?
ズボラしすぎると来年はどんな子に育つかしら? ってちょっと思うシュエットです♪ 赤ずきんミーちゃんのお声を聞かせて頂かなければ…ね。
おませなミーちゃんとのお喋りも楽しいでしょ? 子どもって本当に鋭い視線してる。 どうかしたら忘れていることにギクリとさせられる。
Commented by MAKI at 2009-05-04 22:39 x
花びらぎっしり! なんてゴージャスなんでしょう。
まだ実物に出会ったことが無いのです。ああ、どんな香りなのかしら?

ウチにも自然に任せている株が少しありますが、本当はそれが一番きれいなんじゃないかと思っています。花の重みで優雅に倒れこむ、そういうのが好きです。

楽な方に....私のことですか?
薔薇は少しだけなのにきちんとお世話出来てないんです。でも、それなりに楽しめているので、ヨシとしていますが。オープンガーデンなんて死んでもやりませんし。

1000株もお持ちなんですから、きっちりやろうなんて思ったら病気になってしまいますよ、きっと。
Commented by cream tea at 2009-05-05 18:50 x
ブノワ。さま

はあ・・・なんときれいですね。
葉のグリーンの色味と花のピンクの加減が好きな品種です♪
しなる枝からこんな花が、ぽっと咲いてくれるんですから
薔薇という植物はほんとに絵になりますね。
できるだけローメンテナンスで、品種の持つ枝ぶりや性質に
より沿って薔薇が楽しめたらどんなにいいだろうと、いつも思います。
品種を選べばそのほうが好ましい事もありますよね。
風にゆらゆらゆられて育つ薔薇は力強く育つ気がします。
さぞかし、優しい曲線の景色でしょうね♪
Commented by pompee3310 at 2009-05-06 06:11
そうそう、自然な姿が一番です。
ビューンと伸びて、花の重みで下がってくる。
これがいい。
下がりすぎて地面にくっついてしまうこともあるけれど。
それはそれで・・・ま、いいか。
今年の(も)うちの庭のテーマは「ま、いいか」ですから(笑)

アブラムシ~・・・、ま、いっか。
チュウレンジが~~~・・・どれどれ・・・パチン・・・あ、逃げた。
ドクダミ、ドクダミ・・・ま、あわてなさんな。

日々この調子です。

草むしり、草むしり、と言いながら、実際仕事の半分は生えてきた芽を眺めたり、植え替えたりすることと、鳥たちと話すこと。

あ、でも気持ち(だけ)はしっかり向いていますよ。
それはブノワ。さんもですよね?

だからきれいに咲いてくれる?・・・のかも・・・。
Commented by souslarose at 2009-05-06 19:15
おねぇ~さんと呼びなさいって言うおばさんのあけさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。どうもブログの調子が悪くて、これはきっと、おねぇ~さんと呼びなさいって言うおばさんのあけさんが僕のブログにフマキラーを噴射したせいかなぁ……って疑っていました(笑)僕、こらえ性がありませんからね、人一倍楽なことが好きだし……と、言うことは、薔薇って手が掛からない植物だと言う事になりますね。おねぇ~さんと呼びなさいって言うおばさんのあけさんも気楽に栽培してるでしょう?だって、無理したら自分がキツいし花を楽しむ事が出来ませんものね。今度、砂掛けババア見に行きたいです(笑)勿論、おやつと飲み物は、おねぇ~さんと呼びなさいって言うおばさんのあけさんが用意して下さい(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-06 19:20
碧さんへ。
こんばんは。いつもメッセージャリがとうございます。
しきみ……初めて知りました。検索しちゃった(笑)僕、薔薇以外の植物には案外、疎いのですよ……。何だか年齢不詳のウチにこんなにジジイになってしまいました(笑)若く見えるんじゃないんですよね、きっと、そう言う年齢的なことを超越しているのでしょう。そうそう、先日のこと、美しい客室乗務員の方々から10歳も若く見られてチョッピリ嬉しかったりしました。彼女達、人を見る目はありますからね……軽く見られたのかな?(苦笑)碧さん、オバサンは嫌だけれどマダムはいいですねぇ。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-06 19:24
ムーさんへ。
こんばんは。いつも親切にメッセージをありがとうございます。
僕の記事に登場した「Yolande d'Aragon」は映画の記事でしたね。アルトマンの遺作でしたっけ。あれは葉っぱが染みだらけでしたけれど……でも、いい花でしょう?匂いがねぇ……僕の積りでは、花が終わったあとにカットするでしょう?そうすると、ピュゥ〜んって伸びた枝から芽が沢山出て秋に花を付けるのです!そうやって鬱蒼としたバルコニーにしたいです。キッチリしたんじゃ詰まらないもの。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-06 19:28
chouetteさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。
春の薔薇は自然が咲かせるって言います。秋は人が咲かせるんだって……花後にお礼の肥料をあげるのが慣しなんですが(お礼肥)僕、やらないんですよねぇ(笑)だって面倒臭いし時間もない……でも、ここで肥料をあげて株を充実させないといけないらしいです。今年はやってみようかな?だって、全部、鉢植えですからね、土が痩せるでしょう?それから、手をかけなくてはダメな品種も大体分かって来ましたから、来年はもう少しいい感じになるんじゃないかな。どうですか、見に来ますか?(笑)子供は可愛いですね……世の中全部じゃないですよ。とんでもない憎たらしいガキもいますから(笑)矢張り、素直な子がいいですね。変にマセていたり小生意気なのはパスしたいです。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-06 19:35
MAKIさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
そうなの、そうなの!こんなの真剣に膝付き合わせてやっていたら病気になっちゃう(笑)薔薇は綺麗だし、チョッと手もかかるかもしれないけれど、皆さんが騒ぐほどじゃないと思うのね。もっと気楽にお付き合いしたら感動もより大きいかと思うんです。それから、僕は薔薇はチョッと見上げるくらいが一番綺麗だと思っています、そんなことも影響しているのかもしれませんね。そう言う写真多いでしょう?(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-06 19:41
cream teaさんへ。
こんばんは。沢山メッセージありがとうございます。
そう、ロー・メンテナンス!(笑)今回、思ったのは、矢張り、オールドローズって凄いですね。キッチリ花を付けて来ますし、僕のこのズボラ園芸でも毎年〜綺麗な花を咲かせます。オールド・ローズって去年伸びた枝先から花芽が上がるじゃないですか。モダンのものは矢張り手をかけてあげないと全滅に近いですね……。この「Yolande d'Aragon」……伸びやかな枝はただのアールではありません。S字だったりして非常に動きが奇麗です。これで花後に軽く剪定して途中の花芽が動いて秋には……夢のような情景が出来上がり!(笑)最後に、風に揺れる薔薇は風情がありますね。温室育ちにはない優雅さと強さが同居しますよね。だから露地物は美しいのでしょう。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-06 19:50
あっちゃんさんへ。
こんばんは。結構、降りますねぇ……メッセージどうもありがとうございます。
地面近くまで下がった薔薇……雨でさらに危ない事になりそうです(笑)僕ね、パリやイギリスで見ちゃったんですよ。その薔薇の本当の姿、本来はこうであろうって言う樹形をね。それはそれは美しく、考えられないほど大きくなった薔薇の樹からは花が俯いて咲いていたのですよ。もう夢見心地、でも、自分の家のバルコニーじゃ無理ですもんね。チョッと物真似、感じだけでも再現出来ればなぁ……って。あっちゃんさんのお宅の裏にあるマダム!あれいいですよねぇ。キッチリと成形された庭園も美しいけれど、僕の求めているのはそれじゃないから……。さぁて、どこまで出来るかな?あっちにピュゥ〜ンピュン、こっちにピュゥ〜ンピュン、途中からシュートがバンバン出て来ていて来年のバルコニーを想像させてくれます(笑)ノイバラの花、咲きはじめましたよ!

Benoit。
Commented by rikiaru at 2009-05-06 21:56
Benoitさん、こんばんは。

薔薇の自然な姿を追求、いい言葉ですね。
ノイバラが天まで伸びてもそれはノイバラが求めている姿なのです。
そこからアブラムシの黄緑のシャワーが降ろうと
チュウレンジバチの牧場になっていようと
それは自然の姿。
手が届かないから、よく見えないからではないのです。たぶん。

気がつけば消毒もせず、肥料もやらず
剪定も、深く切ると薔薇がすねるので花がらつみ程度
それでも毎年咲きます。
たまにやる気になって手をだすと、たいてい失敗。
自然の技にはまったく勝てない私です。

うちもノイバラ咲き出しました。いい香りです!
Commented by souslarose at 2009-05-09 19:33
りきさんへ。
こんばんは。メッセージありがとうございます。返事が遅くなってゴメンなさいね。
そうなんです、薔薇は剪定するものと教わって来ましたから、スッカリその気になっていたんですが、中には自然のままの方が美しい薔薇もあります。勿論、モダン・ローズのように、剪定しないと花を付けにくいものもありますが、オールド・ローズなんかそのまま放ったらかしておいてもいいんじゃないかしら……場所が許せばの話しですけどね。それから、長年付き合っていると、剪定を嫌う薔薇がああることにも気付きます。自分も薔薇も自然体で……そうやって気楽に楽しめなければ長続きしませんしね。買ったノイバラは咲かせた試しがないんですが(笑)輸入苗から伸びたノイバラは物凄い事になっています。来年は倍の大きさにしたいかな?その内、写真を見て下さいね!

Benoit。
by souslarose | 2009-05-04 00:00 | Under the Rose | Comments(16)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31