モス・ローズだけの空中薔薇園。

b0168859_13345434.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

僕の目は極端に悪い。
両目とも0.01、しかもどっちだったか物凄い乱視……。
ほぼ見えないに等しいのです。

ただ、不思議なことに、
歩いていると足元をウロウロしている小さな蟻んこや、
雨上がりに何を血迷ったか歩道に出て来た、
超スローモーなカタツムリなんかはバッチリ見えます(笑)

 「あぁ、忙しぃ、忙しぃ……。」

最近の僕の口癖になってしまった感がありますが、
暖かい陽射しに誘われて外に出たがる猫達に釣られ、
剪定も誘因もろくすっぽしなかったバルコニーに出てみることにしました。

 「なぁ〜んだ……物凄い蕾じゃん!」

恐る恐るバルコニーに出たクセに夥しい蕾の数に驚くやら喜ぶやら。
改めて「春の薔薇は自然が咲かせる。」の言葉を思い浮べてみます。
剪定もされず自然に伸びた薔薇……樹形がいつもと違うので、
暫し、どれが何と言う名前の薔薇だったか右往左往してしまいます。

 「ンンン……こんな所にモス・ローズがあったっけ……。
  あらら、あそこにもここにも……。」

確かに数年前、手に入るだけのモス・ローズを、現存するモス・ローズを、
イギリスのピーター・ビールズから片っ端から取り寄せたっけ……。
それにしてもあそこは確かダメになった薔薇の台木から伸びた野薔薇のハズ……。
そう、逆さまになったシャンデリアよろしく、
小さな蕾がお互いを邪魔しないように整然と並んでいる……。
だけど萼の部分にビッチリと夥しいモス(苔)が……。

 「ハッ!もしかして!」

そう、超ど近眼のブノワ。さんがモスと勘違いしていたのは、
ビッチリと花首に付いたアブラムシ(笑)
改めて見ると、あそこにもここにも……。
あぁぁぁ!ほぼ全ての薔薇にビッチリとアブラムシがぁ!(笑)
危うく1000本のモス・ローズをコレクションする、
空中薔薇園になるところでした(笑)
テントウムシさんゴメンなさい、ヒラタアブさん堪忍ね……。
謹んで薬剤散布させて戴きました(涙)

写真は大人気のモス・ローズ、本物のモス・ローズ「James Veitch」。
モス・ローズの中で数少ない返り咲く品種です。


29. 04. 2009


Benoit。


[James Veitch (M) Verdier, 1864]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-04-29 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31