モス・ローズだけの空中薔薇園。

b0168859_13345434.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

僕の目は極端に悪い。
両目とも0.01、しかもどっちだったか物凄い乱視……。
ほぼ見えないに等しいのです。

ただ、不思議なことに、
歩いていると足元をウロウロしている小さな蟻んこや、
雨上がりに何を血迷ったか歩道に出て来た、
超スローモーなカタツムリなんかはバッチリ見えます(笑)

 「あぁ、忙しぃ、忙しぃ……。」

最近の僕の口癖になってしまった感がありますが、
暖かい陽射しに誘われて外に出たがる猫達に釣られ、
剪定も誘因もろくすっぽしなかったバルコニーに出てみることにしました。

 「なぁ〜んだ……物凄い蕾じゃん!」

恐る恐るバルコニーに出たクセに夥しい蕾の数に驚くやら喜ぶやら。
改めて「春の薔薇は自然が咲かせる。」の言葉を思い浮べてみます。
剪定もされず自然に伸びた薔薇……樹形がいつもと違うので、
暫し、どれが何と言う名前の薔薇だったか右往左往してしまいます。

 「ンンン……こんな所にモス・ローズがあったっけ……。
  あらら、あそこにもここにも……。」

確かに数年前、手に入るだけのモス・ローズを、現存するモス・ローズを、
イギリスのピーター・ビールズから片っ端から取り寄せたっけ……。
それにしてもあそこは確かダメになった薔薇の台木から伸びた野薔薇のハズ……。
そう、逆さまになったシャンデリアよろしく、
小さな蕾がお互いを邪魔しないように整然と並んでいる……。
だけど萼の部分にビッチリと夥しいモス(苔)が……。

 「ハッ!もしかして!」

そう、超ど近眼のブノワ。さんがモスと勘違いしていたのは、
ビッチリと花首に付いたアブラムシ(笑)
改めて見ると、あそこにもここにも……。
あぁぁぁ!ほぼ全ての薔薇にビッチリとアブラムシがぁ!(笑)
危うく1000本のモス・ローズをコレクションする、
空中薔薇園になるところでした(笑)
テントウムシさんゴメンなさい、ヒラタアブさん堪忍ね……。
謹んで薬剤散布させて戴きました(涙)

写真は大人気のモス・ローズ、本物のモス・ローズ「James Veitch」。
モス・ローズの中で数少ない返り咲く品種です。


29. 04. 2009


Benoit。


[James Veitch (M) Verdier, 1864]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by ムー at 2009-04-29 15:27 x
クククッ、笑っちゃいました。
1000本分のご馳走じゃヒラタアブの赤ちゃんがお腹をこわします。
自然児栽培(?)の結果が蕾たっくさんなんて、なんか嬉しい誤算ですね。
もっとも去年一年の私の努力は何だったんでしょう、という気もしないじゃなけど。

一季咲きのバラで初めて顔を見るのが沢山あってワクワクしています。
シャルル・ド・ミルとユージェニ・ーギノワソーの二種だけモスローズもあります。
モスにアブラムシが付くとすごく取りにくいでしょうねー。

何はともあれ願いはひとつ強風だけはご遠慮願いたいで~す。





Commented by MAKI at 2009-04-29 21:42 x
綺麗ですねぇ。
ウチもBlack Boyが咲いたところなんですが、やっぱり花びらの質感がぜんぜん違いますね。本当はこんな薄い花びらが好きなんです。ああ、目の毒。
返り咲くモス、Deuil de Paul Fontaineを育てたことがありますが、ウチの庭では病気ばかりで、日当たりのいいお庭を持つ友人にあげてしまいました。葉っぱがまるで無いモスの枝は、ちょっと怖かったので。あの繊毛には、うまい具合にうどんこが良く乗るんですよねぇ....

喉元過ぎればで、また欲しくなってる自分が怖いです。
Commented by at 2009-04-29 22:00 x
こんばんは、Benoit。さん。

空中薔薇園!さぞや花盛り…お相伴に与っているプチプチした子達がいたのですね!
あの子達はどうして「ある日突然ビチッ」と昔から居たみたいにいるんでしょう。。。
私もまったく同じ、ド近眼の片方乱視ですが、かたつむりなんかはちゃんと見えるのです。
我が家はそろそろ毛虫が、活躍を始めてピリピリしています。
Commented by pauline at 2009-04-30 15:41 x
ブノワ。さん、初めまして~。
paulineと申します。よくおじゃましてるvivajijiさんとこから飛んできました。かねてより『匂いのよい~』にはおじゃましてました♪
バラのご趣味、写真はプロ、猫が好き・・・
極めつけにド近眼と知って、いてもたってもいられず・・・(笑) 私も同じくド近眼で左目が超乱視(=円錐角膜)なんですが、バラの世話も大変なら(バラゾウムシなんて見つけられやしない)、カメラのファインダーの中の表示も見えない始末。
あ、バラも、写真もドシロウトの私ですが、まずは自己紹介を(笑)。 これからも度々おじゃまするかと思いますが、よろしくお願いします(ぺこり)。
Commented by mchouette at 2009-05-01 15:42
蜂の大群といい、アブラムシといい、テントウムシにカタツムリに、千客万来のブノワ。さんちのベランダ! 
0.01に乱視状態でベランダに出たら、とりどりの薔薇たちに囲まれてマリー・ローランサンの世界ではありませんか!
でも現実はそんなにファンタジーじゃないんですよね(笑)
アブラムシって一旦ついてしまう根絶は難しいではないんですか?
殺虫剤まいても猫さんたち葉とか食べたり遊んだりしないんですか?
暖かくなると忙しくなるんだ! ブログ2つに、虫退治に、薔薇の世話に、一番大事なお仕事に…「あぁ、忙しぃ、忙しぃ……。」
ご自愛ください♪


Commented by rikiaru at 2009-05-01 16:05
モス・ローズだけの空中庭園、さすがブノワ。さん、なんてしゃれたことをなさるのでしょう。
ふむふむ、と読み進めていったら、麗しの薔薇ブログなのに大笑いしてしまいました。
1000本分のモス(!)なんてどんなにすごいことでしょうね。
大風が吹いたら黄緑のダイヤモンドダスト!です。

うちには樹木を覆う様に伸びるノイバラがあるのですが
その下で薔薇の手入れを終えて、部屋に戻ると
必ず首筋あたりがこそばゆいのです。
そこには必ず黄緑色のアブラムシが。
キャーと悲鳴をあげることもなく、指でちょいとひねっておしまいです。
薔薇を育てると強くなりますね。
Commented by pompee3310 at 2009-05-01 19:45
タイトルを見て、これはもう来るなと言われようとドアを蹴破っても見に行かねば・・・と思ったのですが。
なあんだ、うちにもある・・・動くモスがたっぷりの「モスローズ」。
毎年のことですが本当にたっぷり。
テントウムシにヒラタアブ、それからスズメ・・・結構たくさん働いてくれていますが、もちろんとても食べきれたものではありません。
気は進まないけれど明日はニームオイルを撒くことにします。

今年はガリカやモスが育って、ほどよく(?)でれでれしています。
ヒポリテやベル・ド・クレシなんて目眩がしそうですよ ^^



Commented by muming at 2009-05-01 21:24 x
もうアブラムシがついているのですか。一体きやつらはどこからあらわれるのでしょうね。わたしのたった一本の薔薇にはまだアブラムシはついていないものの、葉っぱに着いているんです、うどん粉!去年はスプレーをしたり、クスリを撒いたりしたのですが効果なし。ブノア。さんはうどん粉にはどう対処されていますか?

それから…わたしも視力が悪くて検査表の一番上も見えません。めがね等なしではとても生活できませんがブノア。さんはめがねなしで外出もされているんですか?すごいなぁ。
Commented by Baroncia at 2009-05-02 22:20 x
うふふ、それだったらうちにも何故か出現するモス・ローズ・・・。
本当に、それっぽく見えますものね。
( 眼鏡をかけていないと、黄金色のトゲの出現です )

うちにも新入りさんがいまして( 相棒が選んだんですけれど )
William Lobbなんです。
苔がみっちりで、綺麗ですね~!
モスローズの魅力に開眼しそうですけれど、アブラムシのモスローズは
困るなぁ・・・。

Commented by souslarose at 2009-05-03 19:22
ムーさんへ。
こんばんは。清々しい日が続きます。
お元気ですか?メッセージどうもありがとうございます。
さて、本当に笑ってしまいましたが、それはそれなりに綺麗でした、アブラムシのモス・ローズ。良く見ているとビミョーにワラワラ動くんですよね(笑)蕾み、付かない品種もあります。ハイブリッド・ティーなんかはやっぱり手をかけてあげないとダメみたいですね。実際、モス・ローズにはアブラムシは付きにくいようですよ。モス・ローズに大敵なのはウドン粉病……これに罹ったらもう治りません。「Eugenie Guinoisseau」はいい薔薇ですよね。ビッシリ沢山花を付けます。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-03 19:27
MAKIさんへ。
こんばんは。メッセージ恐縮です。
そう、モス・ローズにはウドン粉病が付き物ですね(涙)何ででしょうね?罹ったら二度と治りません。まぁ、花開いてしまえば何のことはなく、美しい花弁に見惚れるばかりなのですが、蕾の時のモスがビッシリ付いた状態も見物なんですからね……今年の我家は無事ですけど。「Deuil de Paul Fontaine」は珍しいですね。なかなか育ちにくいんじゃないでしょうか。秋にも返り咲きますが、矢張り春の花が一番!モスと言うよりは刺薔薇……非常に個性的な薔薇だと思います。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-03 19:30
碧さんへ。
こんばんは。いつも本当にありがとうございます。如何な連休をお過ごしでしょうか。
さて、アレは本当に不思議ですよね。冬の寒風吹きすさぶ頃からいますもんね。芽が出て来ると漏れなく付いて来る。卵から孵るんでしょうからどこかに卵があるんでしょう……あんなに夥しい数ね、ビックリしてしまいます。まだ小さいですからいいようなものの、アレが倍くらいの大きさだったら卒倒ものかもしれません(笑)僕、普段は放置しておくんですけど、ホラ、下に油が落ちるくらいになると考えてしまいます。今は綺麗サッパリ、そろそろ薬も撒けなくなりますから……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-03 19:35
paulineさんへ。
こんばんは。はじめまして、メッセージどうもありがとうございます!
お名前、よく存じていました。ハンドル・ネームはケール女史からですか?
僕も極度に目が悪いのですよ……中学校の頃から眼鏡なので篤に何とも思わないんですけど、裸眼でキチンと見える生活ってどんなでしょうねぇ……カメラのファインダー!僕のカメラ歴は勿論ミノルタのオート・フォーカスが出てから。それまではどこにピントが合っているのか皆目見当がつきませんでしたもの(笑)今は最悪でもピントが合ったグリーンのランプで知る事が出来ます。こちらでは薔薇だけのこと、「匂いのいい花束。」ではその他、諸々のことを書いて行きたいと思っています。映画のこと、もっともっと書けるといいのですけど……先ずは観に行かないとね!これからも宜しくお願いいたしますね。僕も遊びに行きます!

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-03 19:41
chouetteさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。感謝、感謝です。
さて、ファンタジーではないですね(笑)見えないことの利点もありますけどね(笑)猫は薔薇にはイタズラしませんが、矢張り、バルコニーに出たがりますので薬は撒きたくありません。でも、今回のように度を越すと仕方ないです。その代わり猫たちは1週間外出禁止(笑)きんが一番騒ぎますか……。気が付けばアッと言う間に5月……チョッとマズいですね、何も用意していませんし、先ずは大掃除にバルコニーの整理、仕事は勿論、忙しいし(連休も一日出になった……。)時間も身体も倍欲しいくらいです。そんな中、ブログをもう一つですからね……身の程知らずというか何と言うか……chouetteさん達のメッセージに支えられてやって行けるのです。これから御飯、そして大掃除の続きです……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-03 19:44
りきさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
そう、薔薇を育てていると強くなります。ちょっとやそっとのことでは驚かないし、綺麗ごとだけでは薔薇は育ちませんから……そんな中、久し振りにビックリしたのが1000本のモス・ローズ(笑)文字通り「ビッシリ」でしたから(笑)花が咲き始めると薬は撒けません、今の内にやっておかないとダメですね。りきさんのお宅には巨大なノイバラがあるんですね?満開の頃はさぞかし見事でしょうねぇ……今度、お写真を拝見したいです。懐の3匹の猫もですけど!(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-03 19:49
あっちゃんさんへ。
こんばんは。今日は有意義だったみたいですね?
メッセージどうもありがとうございます。いつも本当に感謝しております。
さて、バランス悪いんですよね……僕も薬は撒かない方なんですが、なんと言っても数が凄かった。一昨年のテントウ虫くらいだったら我慢したんですけど、今年は数えるほどしかテントウ虫もいません……自然は本当に気まぐれです。あっちゃんさんの所って手の届かない場所に巨大薔薇があるじゃないですか(笑)手入れはどうしていますか?きっと一杯色々なものがいるでしょうね……でも、そう言うものに一々惑わされなくなるんですよね……強くなるって言うか、程よくズボラになるって言うか……。1000本のモス・ローズだけの薔薇園だったら、あっちゃんさん、入り浸りでしょうね(笑)でも、真面目な話し、現存するモス・ローズは全部集めたいです。

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-03 19:54
mumingさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。大変に励みになっているんですよ。
さてアブラムシ!彼等は冬に薔薇の新芽が出て来る頃からいらっしゃるんですよ(笑)寒いのにねぇ……体内の油が寒さで凍らないかしら……そんなバカなことを考えながら感心していると大変な事になります。1000本のモス・ローズの出来上がりです(笑)ウドン粉病もねぇ……罹ったら治りませんからね。ウドン粉がなくなっても葉はよれたまま……写真撮りたいのにガッカリする事があります。色々とやってみたんですよ、うがい薬も試しましたが、何しろ我家は本数が半端じゃない……基本の薬を散布に落ち着きました。でも治りませんねぇ。今年は全くウドン粉が出ていないのです……これまた自然の気まぐれか?

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-05-03 19:58
baronciaさんへ。
こんばんは。いつも親切にありがとうございます。
「William Lobb」!いい薔薇ですよねぇ……モスがフレッシュで細かくてねぇ……泡が細かくて上品なシャンパンを思い浮かべてしまいます。1つアドバイス。「William Lobb」は剪定しない方がいいと思います。嫌うんですよ、剪定。切ったら全く咲かない年もありましたよ。着るなら枯れ込んだ枝と細い枝、自然に伸ばした方がいいかな……もっとも、これは僕の意見ですけどね。我家には2本ありますよ。まだ蕾は小さいけれど開花が楽しみです!モス・ローズの魅力に取り付かれて下さい。大丈夫、モスにアブラムシは付きませんから(笑)

Benoit。
Commented by cream tea at 2009-05-05 18:32 x
ブノワ。さま
こんばんは。この時期のこの雨・・・冷や冷やしますが
このところ乾燥していましたから、やきもきせずに
自然の天候にお任せしよう、と気持ちを静めているところです。

モスの空中庭園、と聞いただけでうっとりしてしまいますが、
アブラムシとなりますとほんとに困る相手ですね~
アブラムシやヒラタアブ達はとてもおいしそうに?むしゃむしゃよく
食べてくれますね。本当によく働いてくれます。彼らに感謝感です。
春を皮切りに、いつもはしょぼしょぼしている?私の眼も
すっかり虫発見モードにパチンと切り替わり、ご免!と謝りながら
捕獲の日々です。

Commented by souslarose at 2009-05-06 19:10
cream teaさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
連休はどんな感じになりましたか?きちんと休めましたか?
思ったよりも降りが強い雨……時期がチョッとズレて良かったですね。これが満開の頃だったらガッカリですもんね。僕、アブラムシはさほど気にならないんですが、さすがにほぼ全株にビッシリだったもので……1000本のモスローズ?????チョッと目を疑い、記憶力が心細くなりました(笑)薔薇を育てていると色々な事がありますね。虫とのお付き合いもまたその1つ、嫌がらず、かと言ってひっちゃきにならず上手く付き合って行きたいです。1000本の本物のモス・ローズだけの薔薇園……冗談ではなくて考えたりします。薔薇園なんて大袈裟なものではなくていいからどこか土地を借りてね……その時はお知恵拝借、労働力も拝借です(笑)

Benoit。
by souslarose | 2009-04-29 00:00 | Under the Rose | Comments(20)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30