薔薇を育み育まれ。

b0168859_14121186.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

穏やかな4月になりました。
僕の今までの薔薇歴では考えられないくらい遅く、
本日、日曜日に薔薇の手入れを終えました。
今までは年末年始の休みに一気に済ませていたんですが、
年々、時期が遅くなり、去年が2月の下旬、今年がこの体たらくです(笑)
手入れが終わったと言っても、やったことと言えば施肥と簡単な剪定だけ。
ボーボーに伸び、藁色に枯れた雑草は辛うじて抜きましたが……。
もう枯れているから伸びないし栄養や水分も薔薇から横取りしない……。

薔薇を育てるようになって変わったこと……そう、気長になりました(笑)
一季咲のオールド・ローズの花が付かないと丸々2年花を見られない訳ですもんね。
それでも待つ価値があるくらい美しい薔薇が多いです。
自分で交配して種を蒔くと、3〜4年花が咲かないこともあります。
昔は結構、短気だったんですけどねぇ……(笑)

 「咲かぬなら咲くまで待とう薔薇の花。」

最近では我が家にクリスマスローズと言う、
僕にしては異端の花が7本もやって来ました。
その内2株は花が咲いている状態でやって来て、
1株は去年「来年咲くからね!」と、友人がプレゼントしてくれ、
親友のお母様が実生で育てた残りの小さなポット苗の3株は、
早くて再来年の開花だそうです(笑)

あと、命の大切さ、儚さを身近に感じるようになりました。
精一杯、世話をしても気候が合わずに枯れる薔薇もある。
何もしていなくても美しい花を咲かせる薔薇もある。
枯れると当然、悲しいし、次はこんなことにならないように対策を講じたりあれこれ考えます。
命を絶やしてしまった悲しみ……こればかりはいつになっても慣れません。
薔薇を育むことによって優しい気持ちを育まれ、
天使のようになったブノワ。さんです(笑)


写真は僕のオリジナルの薔薇。そう、糸ピコです(笑)
クリスマスローズの糸ピコは大人気ですが、果たして薔薇は?


26. 04. 2009


Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by baroncia at 2009-04-26 17:51
おはようございます。ブノワ。さん。

あれれ・・・猫の日曜日かと思っていたんですが
薔薇の日曜日でしたね(笑)
きっと女猫陣、ブノワ。さんと薔薇の周りをうろうろ
 「 今日は私たちの日じゃないの~? 」
と抗議していたのでは・・・。

やっと終わった薔薇の手入れ。
でも、薔薇のお世話はつきませんよね。
害虫も居るし、病気にも気をつけないといけないし・・・。

 『 気が長くなった 』

確かにそういうことはあるかもしれません。
私は初心者だけれど、今年は見送って来年に・・・なんて
長期計画をし、将来の株姿を想像してはニンマリ。
他のことではそんなこと、できないのに!!!(笑)

ブノワ。さんの薔薇、とても綺麗ですね。
糸ピコ?
花びらの周りにうっすらとピンクの線が出ている事かしら・・・。



Commented by MAKI at 2009-04-26 22:00 x
これは!!
上品でとても可愛らしいお花ですね。
そういえば、薔薇で糸ピコってあまり聞きません。
安定しないのでしょうか。
蕾の色味も、桃みたいで素敵! 香りは?

気が長く...なったかしら?
割と短い方なんです。根気も無くて。

最近庭木の剪定の本を買ったのですけど、
図解入りで、“ここに枝が無いから、この下の小枝を育てて2,3年後に更新する”とか、何年も先の成長を見越しながらこの枝を切るみたいな事が書いてあって、はぁ~~~~~っとため息なんです。
ものすごく私に欠けてる物の考え方なんですよね。
それ行け、ゲンコツ剪定! みたいな性格なので。
Commented by ムー at 2009-04-27 01:00 x
あ、覚えてます!この糸ピコのバラ。
匂いのいい花束の過去記事で、もういっぺん見たいと思ったんですが、
タイトルがそのままバラの花とは限らないのがブノワ。流。
出来たらこのバラ専門ブログはサブタイトルにバラの名前をいれてほしいなー。
さて、私はバラをはじめてから気短になりました。
買った苗の花を見るまで何ヶ月も待つのがつらい!早く咲け咲けバラの花(笑)
で、はじめてからようやく一年がすぎて眩暈がしそうな数の蕾があがっています。
ブノワ。さんが教えて下さった「ミセス・ハーバート・スティーブンス」、
本領発揮するとこんなにもたっぷりふんわりなんですね。
バラの数も着々と増えて100の大台にもうちょっとです。
この数は好きなバラを絞り込むための過程かなあ、という気がします。
いつか年をとって手に負えなくなったら好きなバラに囲まれたオバアサンになるんだ!







Commented by pompee3310 at 2009-04-27 17:16
ブノワ。さん、こんにちは。

ほーんと、植物を育てると気が長くなりますね。
うちにも咲かぬなら・・・と待っているバラがいっぱいありますよ。
勝手に生えてきたノバラです・・・。
これ切っていいかあ・・・と言われますが・・あ、あと1ヶ月待ってくださいって言ってます。
だってこれだけバラが植わってて、実も生っていたんだから、もしかして自然交配ですばらしいバラが咲くかもしれないじゃないですか(笑)

こうして咲かせてしまったバラが、一重の白ですんごくちっちゃな花だったら・・・引っこ抜いて捨てちゃうことができるかなあ・・・とそれが今の心配事です。


Commented by souslarose at 2009-04-28 07:14
baronciaさんへ。
おはようございます。沢山メッセージありがとう!
そうです、糸ピコとは糸のように細い線が入るピコティです。ピコティって、おそらく覆輪のこと?調べたことないから良く分かりません。ゴメンね。糸ピコは偶然の産物、親の系譜を見ても謎なんですが、花の色がとても気に入っています。チョッとグレーがかった淡いピンク。薔薇ですけど、今年は全く病気がないんです……気味が悪いくらい(笑)いつもだとバッチリうどん粉が出ているのにね!まぁ毎年何かしらやってくれます、自然って恐いです(笑)猫もバルコニーに出たがるようになりました。ヒーロー君も活発になって来たのではありませんか?

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-04-28 07:18
MAKIさんへ。
おはようございます、メッセージありがとうございます。
お上品……嬉しい褒め言葉です、ありがとう。ピコティは偶然なんですが、色がとても気に入っています。匂いもいいですよ。育て方は色々ですが、親のことを考えるとショート・クライマーとしても使えそうです。と、言うことは、数年先を見越して育てるって言うことですよね。僕も苦手でした(笑)その場限りのことしか考えないタチなもので……。でも最近思うんですけど、植物も人も一緒、相手がして欲しいこと、したら嫌がることを念頭に付き合う事にしています。自分に置き換えると今までの疑問がサッと氷解したりして……いい季節になりましたね、素晴しい花が沢山咲きますように!

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-04-28 07:23
ムーさんへ。
おはようございます、いつも本当にありがとう!楽しくメッセージを読ませて戴いております。
さて、もうスグ100本?では、ムーさんが薔薇に囲まれたオバアサンになるまでには100本の大台じゃありませんか(笑)その暁にはお互い薔薇に囲まれたジイサン&バアサンで仲良く茶飲み友達になりましょうか(笑)所で、自分のブログのことで恐縮なんですが、過去の記事を探そうと思っても自分でも分からない事があるんですね(笑)そう、タイトルに名前でも入れればいいんですけどねぇ……何しろ天の邪鬼なもので……それにこの薔薇みたいに名無しの権兵衛もあるし。まだ始めたばかりなので、なるべく皆さんも僕も使い勝手がいいようなブログを目指しますね。ヨロシク!

Benoit。
Commented by souslarose at 2009-04-28 07:29
あっちゃんさんへ。
おはようございます、今朝も素晴らしい光線!写真、撮りましたか?
メッセージどうもありがとうございます。それどころじゃないのに恐縮です(笑)ちっちゃな白の一重……引っこ抜けないと思いますよ(笑)ウチの野薔薇、外国の輸入苗なのでロサ・カニナ?ビッチリと小さな蕾を逆さにしたシャンデリアのように付けています!コツガーデンのオーナーが「野薔薇の白にピンクが乗ったらいいのになぁ……。」と仰言っていましたので、今年はその辺の交配も試してみようかなぁ……と、思っています。素晴らしい薔薇って偶然の産物が多いのかもしれませんよ。人の浅はかな知恵はどうもねぇ……。気が長くなったついでに、例の薔薇、今年の冬でもいいですか?もう株分けするには危険な時期になってしまいました。ヨロシクね!

Benoit。
by souslarose | 2009-04-26 14:10 | Under the Rose | Comments(8)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30