New Roses 2009。

b0168859_18572665.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

まだまだ寒さ厳しい2月に撮影の仕事をしました。
そう、泣く子も黙る、薔薇ファン垂涎の「New Roses 2009」の撮影です。

僕はプロのカメラマンではありません。
今までの諸々の写真を見て下さって白羽の矢が立った……。
そう解釈して快諾しました。だって、これ以上に名誉な事はありませんからね。

さて、撮影の当日……………。
実は、一度、撮影日が延びました。美しい新品種の薔薇「ラ・マリエ」と、
その薔薇をイメージしたデザート「マリエ」を撮ることが目的のページ。
その肝心の薔薇が寒さのせいで開花が遅れるとのこと……。

僕は撮影の際に照明を使いません。精々、レフ版を使うくらい。
当然、冬の一番日照の少ない時期の撮影です、結構、ヤキモキしていました。
所が、僕の心配なんか「まるで甘ちゃん!」と、言わんばかりに、
撮影当日の月曜日の午後は小雨模様……そうでなくても日照時間が短い2月です。
花の撮影にカンカン照りのピーカンもキツいけれど、
写真は矢張り光があってナンボですからね。
暗くてもいい、多少のことならいい写真が撮れる自信はあります。
しかぁ〜し!この温厚で柔和で滅多なことでは驚かないブノワ。さんが、
唖然、呆然、愕然、慄然、憮然としたのは、
本来はその場を取り仕切ってくれるハズのTさんが、
撮影場所のO邸に着いて簡単な自己紹介が終わった途端……。

 「えぇ……と、皆さん……先ずお茶にしましょうか?」……って!

とっとっとっとっとっと……大きく前にズッコケるブノワ。さん。

 「こらこらっ!Tさん!お茶なんかしている場合じゃないの! 」

休憩や皆さんの紹介なんか後でいいの!先ずは撮影でしょう?
休憩って仕事で疲れた人がとるのが相場じゃないの?(笑)
その当時は自然光を使っての室内での撮影のタイムリミットは4時。
撮影にご自宅を提供して下さったO邸に到着したのが2時30分過ぎ……。
簡単な挨拶の後、早く撮影しなければと思っているのに、
優雅にお茶なんかしている場合じゃないです!(笑)
じゃなくても短い日照、姿が見えないクセに刻一刻と傾くお天道様……。
ケーキはどこ?薔薇はどうしたの、薔薇は!?!?!?ケーキは!?!? !?
あぁっ!食器を作ったAさんがお茶をこぼした……やっぱりオッチョコチョイ?(笑)
ハァ……さらに撮影が遅くなるぅ……。

皆さんの優雅さ加減にはビックリするやら呆れるやら……。
ブノワ。さんのこめかみの血管のピクピク……見えませんでした?
デザイナーの男の子はおっとり大人しくて、
威風堂々、絶対的に威圧感タップリな豪華薔薇マダム達を仕切れるタイプじゃないし(笑)
窓の外を見れば、O邸の庭を借りて、薔薇界超人気のOさんを中心に、
他社から新しく出る薔薇の本のための撮影がテキパキと進められている……。

こりゃぁダメだ……自分から動かないと写真撮れない!
デザイナーの男の子に目で合図して……。

 「ホラ、テーブルを窓際に持って行こうか。
  いいの、あっちのマダムのチームは放って置けば!」

コソコソ言っているの聞こえませんでしたか?
申し訳ありませんが勝手に事を運ばせて戴きました(笑)
あれが仕事の人ばかりだったらブノワ。さんの一喝を浴びていたでしょうね(笑)
皆さん、火炎放射器で焼き払われるか、口にガムテープですぞぉ。
こう見えても恐いんですよ、ワタシ。
もう少しで人払いをする所でした……ハイ(笑)

 「どんな風に撮ります?何かスケッチみたいなものありますか?」

撮影前の僕の問いかけにデザイナーの男の子は、
西洋美術館で大好評だったヴィルヘルム・ハマースホイの図録を取り出しました……。

 「あぁ、この人とだったら同じ感覚で仕事が出来る……。」

もう少しでこめかみの血管が切れる寸前の僕の胸に安堵感が押し寄せた瞬間です(笑)
あの短い時間の中で撮影が出来たのも彼の的確な指示のお陰、
確固たるイメージが頭の中にあったから他なりません。
出来上がり、デザイナーの美的感覚の鋭さはページをご覧になれば良く分かります。

b0168859_18573743.jpg
撮影終了後、大変だった僕とデザイナーを待っていたのは(笑)
Oさんと明るくお綺麗なお母さまがお作りになった絶品料理の数々。
うぅ〜む、美味い!毎日ここに夕飯を食べに来ようかしら……。
膨らんだこめかみの血管は何処に?口まで出かかった文句は一体?(笑)
心優しいお父さまや、この日のために極上のデザートを作られた若く才気あふれるKさん、
薔薇界超人気のOさんや、わざわざ遠路、薔薇を持って来て下さった、たおやかなMさん、
雁首揃えた……じゃなかった、そろい踏みの美しき薔薇マダム達(ゴリゴリゴリゴリ……。)と、
歓談し、美酒に酔い、御機嫌な宵は更けるのでした……。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さて、今日のこの1枚目の写真……美しい新品種の「ラ・マリエ」の写真も、
美味しい物にはうるさい豪華薔薇マダム達を絶句させ口を封じ、
一瞬だけど少女時代に戻らせた(笑)極上デザート「マリエ」の写真も使いません。

天の邪鬼なブノワ。さんは出題します。
「New Roses 2009」の中の該当するページの中で、
この美しい薔薇のモチーフはどこに登場するでしょう。
見事、正解の方には……………何もあげません(笑)
「偉い!」と、一言、進ぜましょう。


19. 04. 2009

Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-04-19 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31