Under the Rose。

b0168859_7345413.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

「Under the Rose」、若しくはラテン語で「Sub Rosa」…………….

何れの意味も「薔薇の下で」……すなわち、
「秘密に」「内緒に」「こっそりと」などと言う意味になります。


この慣用句の謂れは諸説ありますが、ローマ神話によると、
恋の神クーピッドが母である愛の女神ヴィーナスの情事の秘密を漏らさないように
沈黙の神ハーポクラテスに薔薇を贈ったことから来ていると言われています。
同じヴィーナスとクーピッドでも異説もあって、
ヴィーナスが軍神アーレスとの情事を息子のクーピッドに知られてしまいます。
夫のヘーパイトスに漏れるのを恐れたヴィーナスは、
沈黙の神ハーポクラテスに頼んでクーピッドが秘密を漏らさないようにして貰います。
そのお礼にヴィーナスがハーポクラテスに贈ったのが赤い薔薇だった……と言うものです。
クーピッドはヴィーナスとアーレスの子供とされる事もありますから、
神話の世界は良く分からないのですけど……。

また、紀元前479年、ギリシャの将軍達は、
ミネルヴァ寺院の傍らの薔薇園の薔薇の樹の下で、
ペルシャ王クルセクルスの軍隊に反撃する作戦を立て、
見事にクルセクルス王の軍隊を撃破。ギリシャ軍を勝利に導きました。
以降、人々にとって「Sub Rosa・薔薇の下で」……この言葉は、
秘密を意味するシンボルになったと言われています。

 「薔薇は下から見上げるのが美しい……。」

そう仰言ったのはかのオースチン氏でしたっけ……。
全ての薔薇には作った人、育てている人それぞれの物語があります。
薔薇は花の女王……限りない物語の数々をここに記します。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

シーズンに先駆けて新しく薔薇だけのブログを始めることにしました。
ご存知のように、僕は薔薇の専門家ではありません。
栽培方法もいい加減、薔薇に対する情熱も他の方々に比べるとまだまだです。
けれど、僕の中に確固として存在する薔薇に対する思い、
薔薇に付いてのあれこれを書いて行けたらなぁ……と、思っています。
「匂いのいい花束。」からお気に入りの薔薇の記事を、
大幅に加筆訂正して載せる事もあるかもしれません。
当座は写真がダブる事もあるかもしれませんがご了承のほどを。


薔薇が好きな方も、そうでない方も楽しめるようなサロン……………。
そんなものが出来ればいいなぁ……思いは大きいです。
これからも一つ宜しくお願いいたしますね。


16. 04. 2009


Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-04-16 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30